メニュー
ゲストさん
ゆずこさんの投稿
ゆずこさん
ゆずこ さんのつぶやき
2017.6.19 10:04
青春時代
アホウ学部に通っていた
「ホ~哲学」なる科目があったけれど
殆んど記憶にありません^^

ただ学んで気づいたことは
「法」は人を守るためか裁くためか
どのように扱ったらよいのだろうか、だった

今の時期、
フランスでは「バカロレア」
2017年の課題は
(3つのうち好きな1問を選んで答えよ)
文系
-Suffit-il d’observer pour connaître?
(観察するだけで理解することはできるか?)
-Tout ce que j’ai le droit de faire est-il juste ?
(行使する権利のあることすべてが正しいものであるか?)
-Explication de texte : ROUSSEAU, Discours sur l’origine et les fondements de l’inégalité parmi les hommes, 1755.
(ジャン=ジャック・ルソー『人間不平等起源論』の抜粋テキストを解説せよ。)

理系
-Défendre ses droits, est-ce défendre ses intérêts ?
(権利を守ることは、利益を守ることであるか?)
-Peut-on se libérer de sa culture ?
(自分の文化から逃れることはできるか?)
-Explication de texte : FOUCAULT, Dits et Ecrits (1978).
(ミシェル・フーコー『思考集成』の抜粋テキストを解説せよ。)

経済・社会系
-La raison peut-elle rendre raison de tout ?
(理性とはすべてを正当化することであるか?)
-Une œuvre d’art est-elle nécessairement belle ?
(芸術作品は美しくなければならないか?)
-Explication de texte : HOBBES, Léviathan (1651)
 (トマス・ホッブズ『リヴァイアサン』の抜粋テキストを解説せよ。)

学問は、いたるところに、いつでも
形からばかり入る勉強は
そろそろ限界なんですけれどね~

引用
http://tricolorparis.com/actu/societe/bac-philo-2017/
ふぐのひれ酒アカシアhanatori 3人がいいねと言っています
コメント
ゆずこさん
ゆずこ さんのコメント
2017.6.20 8:34
アカシアさん

理系女子でいらしたんですね
お若い頃に世界へ羽ばたかれ
早くから日本を俯瞰なさったのではないでしょうか
素晴らしい時間を過ごされましたね~

人は、本来「理系」「文系」で分けられないのでは
という疑問を持って生きてきました

毎日、キッチンドリンクしつつ
美味しくな~れ試作(思索)実習しています^^
1人がいいねと言っています
ゆずこさん
ゆずこ さんのコメント
2017.6.20 8:25
Kenrobさん

>より良い平和な世界を築くために貢献する人材を育成し、究極として全人教育を目指す、
 起こりつつある事象を材料にした、地に足のついた学問であって欲しいと願っています。
公立はもとより、私学創立者は、それぞれ全人教育を念頭においていたのでしょうと思います

創立時の思いを
後継者がどうのように引き継いでいくか
一子相伝じゃないとむずかしいということでもないでしょうけれど
0人がいいねと言っています
ゆずこさん
ゆずこ さんのコメント
2017.6.20 8:17
ふぐのひれ酒さん

そうなんですよ~
高校三年生が解くんです。
イタリア旅行の際
プライベートガイドの女性が
お子さんの高校の卒業試問中の話をしてました
卒業論文に対して
各科目(国語、数学、音楽、歴史など)の先生から問われ
それに対して、自分なりの(その論文についての)理論を述べるのだそうです

卒業できないと、必然的に大学進学はできないことに
本当に学問するって、こういうことなんだろうな~と思います^^
1人がいいねと言っています
アカシアさん
アカシア さんのコメント
2017.6.19 15:03
こんにちは~(^^♪

私は一応理系でしたが、、、欲張って何個かの資格を取りましたので・・・
文系ではインド哲学と心理学だけは真面目に取り組んだかな。
20代の前半はアメリカばかり向いていたように思います。
実際程なく留学しましたが、、、学業は見事挫折しました^^;
1人がいいねと言っています
Kenrobさん
Kenrob さんのコメント
2017.6.19 14:20
貧困、気候変動、食料不足、テロ、伝染病や難病、増加する難民、などなど事態の改善が進まない中で保護主義に傾く国もあり、世界は混沌としつつあるやに見えます。
そうした状況にあって、より良い平和な世界を築くために貢献する人材を育成し、究極として全人教育を目指す、起こりつつある事象を材料にした、地に足のついた学問であって欲しいと願っています。
1人がいいねと言っています
ふぐのひれ酒さん
2017.6.19 11:42
興味深く読みました。
云わば高校3年生が解く問題なのですよね。日本では哲学という学科すらないのでは?
私も、阿呆でしたが同じ学部でした。(笑)

2年程前、某国立大学の老教授が雑誌で語っていましたが「ネットの発達で学生の方が知識、情報は我々より新鮮だ。昔みたいに情報の独り占めをして権威を保てる時代じゃない」と。

私は21世紀は想像力と創造力の二つのソウゾウリョクが決め手だと思っています。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!