メニュー
ゲストさん
コキリコさんの投稿

山崎川の夏の鳥物語。I

コキリコさん
コキリコ さんのブログ[カテゴリ:野鳥
2017.7.19 20:41
夏枯れの山崎川。珍しい鳥はほとんど見かけませんが、それなりに楽しませてくれます。

①夏でも留まっているコガモの家族の物語;冬鳥として知られるコガモの家族がいます。
カップルなのか、2羽で泳いでますね。
[画像は削除されました]
浅瀬で水浴びする♂(左)と傍らで見守る♀(右)。
[画像は削除されました]

♂の左の羽が気になります。ベテランさんによれば♂が傷ついて飛べない様子だと。
この♂のため家族は北へ渡らず、盛夏に山崎川に留まっているらしい。ジーンと来た。
それでも盛んに羽ばたいている。
[画像は削除されました]

②生きた証(足跡)を残したい。多くの人が抱く希望。ケリが羨ましい。
[画像は削除されました]

③山崎川には2種のチドリの仲間が棲んでます。一つは留鳥のイカルチドリ、一つは
三月下旬ころにやってくる夏鳥のコチドリです。7月中旬に両者が接近しました。
警戒の鳴き声。
どちらがどちらだか、分かりますか?

[画像は削除されました]
[画像は削除されました]

[画像は削除されました]

上の2枚がイカルチドリ、下がコチドリ。
簡単な識別法;コチドリは黄色のアイリングが鮮やか。

④新種の野鳥か?
 セキレイに似た、尾羽の長い小鳥を7月中旬に見かけた。

[画像は削除されました]
[画像は削除されました]

ホオジロの♀かもしれないし、新種の小鳥かもしれない。ベテランさんに聞いてみます。
空山ねこっちkatsu625くるみふぐのひれ酒みはまmogaji法被翁畄度信々亭涼音 18人がいいねと言っています
コメント
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 20:41
topkat さん、今晩は。」

 過分な言葉をありがとうございます。
鳥撮に本格的にとりかかって、そろそろ2年になります。

 はじめのうちは「とにかくこれまで撮ったことがない鳥を写せればいい」でしたが、
撮影場所を山崎川に限定すると、そうそう珍しい鳥はいませんから、鳥たちの生体とか、
面白い挙動に目が行きます。まあ、「ダーウィンが来た」に少しでも迫りたい などと
大それたことを考えています。
 で、観察を続けていると、鳥は鳥なりに精一杯頭を働かせて生きている。
想像以上に頭がいい。例えばツバメの巣立ちまでの~1カ月を見てても、親は
はじめのうちはあまり巣にいない。調べてみると1日に1~2個しか卵を産めないから、
数個そろえるには数日かかる。そろってから卵を温める。
「なるほど」
でした。

 さて鳥撮用のコンデジですが、私はNikonのP610を使ってます。
これを選んだ理由は
①光学ズームが60倍くらいまで効く。P610は1440mm。
②手振れ補正が強烈(5段階分)。Nikonの場合、晴れていれば、三脚は不要。
③連写速度が速い(7枚/sec).
これ、鳥撮用に大切な順に並べてあります。
残念ながらP610は1年半前に生産終了。後継機はNikon B700です。
B700の光学系はP610と同じ。連写速度が5枚/secの少し落ちた。
その分AFが少し早くなったという噂です。

 Nikonと同じくらいの高倍率ズームレンズを積んだコンデジにはCanon,
Sonyもあるようです。

ただしこれらの高倍率コンデジは撮影素子が小さい(1/2.3)ので、画質は
デジイチに比べれば格段に落ちます。それとAFもデジイチとは比べようが無く遅い。

 まあ、重さ(Nikonの場合は600g以下)、お金との兼ね合い。
晴れていて、距離があまり遠くなければ、ご覧いただいているくらいの画質の
写真はとれますが、たぶんに運次第といも言えます(高速連写してるから、
何が写っているかは後のお楽しみ)。
予想外の面白いシーンが切り取れてることもあります。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 20:15
アカシアさん、今晩は。
コメントありがとうございます。

水鳥たちの住んでるあたりは大きな木が岸辺に全くありません。
バーダーにとっては真夏は大変な環境です(早朝にいけば別ですが、
早朝は苦手)。
 今回水鳥たちを撮ったあたりから~2km上流に行けば木陰はありますが、
この時期、撮りたい鳥はほとんどいませんね。
カワセミも4月上旬から全く見かけなくなりました。

鳥たち、どこで見てるのか、エサの時期は実によく知ってますね。
臭いか、視覚か、記憶か? 不思議に思います。
0人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 20:08
百獣の弱虫 さん、今晩は。
コメントありがとうございます。

土木事務局が時々伸びすぎた雑木をばっさりやってくれるので、
それが小鳥たちの住環境を壊しているように見えます。
事務局によれば、「岸辺に生えている雑木が成長しすぎると洪水の原因に
なる」ということなんでしょうが、愛鳥家としては複雑な気分です。
0人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんのコメント
2017.7.20 16:43
コキリコさん、こんにちは。

いつもながら、どれも素晴らしいショット!
コガモのユーモラスにも見える羽ばたきとかコチドリのアイリングなどはWOWものですね。

此方の水鳥たちを見ていても家族関係は親密、縄張りでの叔父や叔母鳥達も含めてお互いに規則を守り助け合う社会性も抜群だと、いつも感心しています。
いつかBBCのテレビプログラムで群れになって南方へ向かう途中の雁、途中でヒナの一羽が迷子になって取り残されたことに気づいた母鳥が引き返して探しに行き、ついに待機してた父鳥と子供たちと合流できたのを見て、諦めないで偉いと感動しました。

ところで、コキリコさんのこのような素晴らしいショットを拝見してると、私も鳥を撮りたくなりました。
此方にもたくさんの鳥が見られるのですが、私の腕とコンデジでは難しい。
腕はともかくも、鳥の撮れるコンデジ、今度日本へ帰るついでに買ってきたいと思いますので、良いアドバイスをお願いいたします。
1人がいいねと言っています
アカシアさん
アカシア さんのコメント
2017.7.20 15:21
こんにちは~(^◇^)

暑い日が続いておりますがお元気でご活躍でしょうか?

水鳥とは縁のない環境に住んでいるので、、、
どのショットも涼しげで、鳥たちものびのびしてる様子が伝わり
羨ましいです。

こちらではカワラヒワがどこから見てたのかしら?
ヒマワリの花が枯れかけた途端、集まって来てます。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 8:40
涼音さん、コメントありがとうございます。

怪我してる父さん残して、北に帰らないコガモ家族に感激!全部で4羽です。
(このことは山崎川鳥撮会のホームページで知りました)。
でも暑いだろうな、この夏は。
ま、エサだけは十分ありそうだから、それは大丈夫でしょうが。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 8:36
ぎ~やんさん、コメントありがとうございます。

普段は5月末になればいなくなるコガモが数羽、残っているので、
前から気になっていたのです。7月中旬に写真を撮って帰宅して、
「山崎川鳥撮会」のホームページ見たら、ベテランさんが
「怪我をした♂が1羽いて、その家族が越夏している」と投稿してた。

人間様より愛情深いコガモ家族に感激!
0人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 8:32
法被翁畄度 さん、コメントありがとうございます。

鳥たちの挙動もかなり飲み込めてきましたので、以前に比べれば
撮れる確率も増えてきました。
 それでも鳥撮は「下手な鉄砲も数うちゃあたる」がコツかと。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 8:30
カラヤンさん、コメントありがとうございます。

鳥たち、堤防からかなり離れていますから、望遠レンズで狙っている限り、
あまり警戒しませんね。中には警戒心の強い種もいて(小鳥が多い)、
動きも速いのもいます。こういう鳥は「下手な鉄砲」で、とにかく
連写で撮ります。そのうち当たるのもあります。
0人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 8:27
ふぐのひれ酒 さん、おはようございます。

コメントありがとうございます。
山崎川の桜は「全国桜百選」に選ばれて、有名です。
普段、鳥たちを見て歩くのはこの桜の名所あたりを北限として、
これから下流~5kmあたりまで。なに、自転車で移動するから
大した距離ではありません。
 この真ん中あたりに交通量の多い橋が懸っていて、ここから下流はコンクリの
堤防の下に、半分湿地帯の芦原が続き、水鳥が多いですね。
 ここから上流は桜並木やら樹木が堤防にびっしり植えてあって、小鳥が多いです。
つまり橋をはさんで生態が違います。2倍楽しめるってわけです。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 8:21
くるみさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。
イカルチドリとコチドリ、写真で見ると区別がはっきりわかるでしょう?
でも実際はなかなか、難しい。とりあえず撮っておいて、あとから
判別することが少なくないです。

 今回の写真ではコチドリのアイリングが非常に鮮明に写りました。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.7.20 8:18
空山さん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

山﨑川も自然が残ってる流域と、コンクリの堤防が目立つ流域がありますね。
水鳥は芦が生い茂る湿地帯を好みます。小鳥たちは樹木が生い茂るあたりを
好みます。普段野鳥を観察する~6kmの流域が大きな橋をはさんで生態が
ガラッと変わります。
0人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2017.7.20 6:55
コキリコさん、おはようございます。

この鳥さんたちに負けないように元気に生きていかないと
ダメですよね。
そう思いました。
最初の写真のカップルのコガモ、きれいですね。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2017.7.20 5:56
怪我してるカモが、炎天下を無事過ごせますように・・・
1人がいいねと言っています
法被翁畄度さん
法被翁畄度 さんのコメント
2017.7.20 1:41
こんばんは!・・何時もながらの力作ですね、今夜は遅いので明日ユックリ拝見させて頂きます。
1人がいいねと言っています
ふぐのひれ酒さん
2017.7.19 22:42
恐らく50回ほど現役時代はよく名古屋に出張していました。
笑われるかもしれませんが、山崎川は桜の名所だったような記憶がありますが?
1人がいいねと言っています
くるみさん
くるみ さんのコメント
2017.7.19 22:17
こんばんは~♪コキリコさん。

千鳥足のチドリですか?σ(^_^;)?
それにしても、アイリングとやらの鮮やかな事!!
またひとつお利口になりました(^^ゞ
1人がいいねと言っています
空山さん
空山 さんのコメント
2017.7.19 21:24
 この自然は、永遠に残して欲しいと思います。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!