メニュー
ゲストさん
京都リカレントステイ
しょうくさんの投稿

簡単なのはありがたい・が・

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2017.8.26 9:21
8月26日(土)
 今朝は暑い、窓際温度計が朝なのに30℃、湿度73%、はれ、昨日の暑さがまだ籠っている、去年俳句で,  二階にはどっかり残暑居座りて  しょうく そんな句を作ったが、全くその通り、朝になっても暑さは退散していない、ついつい、パソコン前に座るのが遅くなる、パソコン部屋には冷暖房はない、2畳ばかりの部屋、冬の寒さは、足温器で過ごせるが、夏の暑さはどうにもならない、暑い!と叫んで早々に退散する。

 夕方にきれいに開いている、夕顔です、朝になるとしおれてやがて花は落ちてしまいます、昨日の陶芸工房、主一人で何やら仕事、大汗をかいている、幼稚園の子供たちに、好きなものを作らせて、好きな絵の具で色を付けさせた作品を、来週から始まる幼稚園に間に合わせるため大急ぎで焼いていたので、ご覧の通りの大汗という事、私たちが先日来作ったものは、後回しというか、窯場は拷問を受けてるくらい暑いからちょっと入ってみてというので入ってみたら、サウナを開業できるくらいの暑さ、すぐに飛び出した。少し涼しくなってから焼きましょうよという事になった、タダ幼稚園生に作らせたのは、なんとしても、夏休みが終わって出てきた日には見せなくてはならないから、まだまだ頑張るという事、こちらは申し訳ないが、暑い窯場はご遠慮しました。

 そのようなわけで、先日来の作品は、ゆっくり焼き上げることにいたしました。先日成型したお皿の仕上げ、削りを済ませて、あとは冷房の効いた作業室でのんびり、時々窯場から飛び出してくる主に、扇風機の風を送るサービスなどして、緩々過ごしました。釜から出した幼稚園生の作品も、こちらの部屋に出すとまだまだ熱く、その輻射熱で、冷房が効かなくなります。扇風機の風が頼り。

蝸牛とナメクジ、どうやら親類筋だが、私は、ナメクジから蝸牛へ進化したのかと思っていたら、どうやら逆で、カタツムリが、その住まいの家を担いだままの生活では自由がなさすぎるので、ナメクジは、殻を落とす進化を遂げたのだという、なるほどと、変なことで感心しています。
 カタツムリもどうやら海の巻貝などと同じ、海からやがて陸地に上がってきたのではないかと考えられているようです、だから巻貝と同じように、カタツムリ、フランス料理では、高級食材エスカルゴとして食べられているのかと、納得しました。
実は、百科事典などを重いのをこらえて何とか調べ、其の後,webで調べてみたら、あっけないくらい簡単に分かってしまって、こんなことでよいのかななどと、簡単に済みすぎたことにかえって疑問が出てしまいました。もっとも,webにも時々、ガセネタがあるそうだから、あまり丸々信じるのもどうかという事にはなるが。

 今年も、オキナワスズメウリが、実をつけ始めました、これからこの緑色が赤く色づいてきます、楽しみです。
 それにしても今日は暑い完全に夏が戻ってきています、家の中で熱中症ではかないませんから、パソコン部屋から間もなく退却し、冷房のある部屋へ避難することにします、当面頼まれている原稿もなし、歌うカタツムリ、の本でも読んで、暑さから逃れましょう。
なかセキサン2ふぐのひれ酒katsu625topkatららhanatori 7人がいいねと言っています
コメント
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2017.8.26 14:25
こんにちは
暑いときに 熱いものを取り扱うのは 大変ですよね 
私も現役の時に 暑いときに真っ赤に焼けた鉄を扱うときは この職業を恨みましたよ

でも 窯主さんのように 客に頼まれているのですから 期限までには 仕上げなければなりません

今 こちらは 良く晴れて 太陽が照っていますが 気温は 22.8度です 
湿度が低くたいへん過ごしやすい気温です 

  
0人がいいねと言っています
人気記事