メニュー
ゲストさん
slownetSP_H01
しょうくさんの投稿

8月も過ぎてゆく

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2017.8.30 7:41
8月30日(水)
 今朝窓際温度計は、28℃、湿度77%、はれ、朝焼けかなと思うが、それほど色づかぬうちに雲が増えてきた。
 昨日は、早朝から北朝鮮のミサイルに振り回された日でしたね、もっとも、首都圏はるか遠い、襟裳岬の彼方へ飛んで行ったのですが、大気圏外どの位まで上がっていったのかとか、三つに分かれたというのは何だったのかなどなどニュースを聞いたりして、あわただしく過ぎた。
 アラートなるもので、飛来したことはわかっても、その地域の方、どうやって被害を防げるのか、どうやって避難したものやら、などなどまだまだ問題はたくさん残りましたね。
 しかし、ものすごく早いのだし、アラートで聴いても、うまく非難できる余裕はほとんど考えられないくらいの間に、飛来してしまう、今度だって情報があってから着地着弾まで15分あるかないかの時間でしたよね。やはり運を天に任せるしかない、発射させないことに力を注がなくてはなりませんね。

 たぶん、イチモンジチョウでしょう。蝶のように舞い蜂のように刺す、虫たちが勝手気ままに飛ぶのは良いとして、ミサイルが勝手気ままに上空を飛ぶのは、許せません。
 さて、この間から読んでいる、歌うカタツムリという、進化に関する本、ほぼ読了しましたが、進化論の中の、中立説、これはもっぱら日本の科学者が唱えた説ですが、世界的にも認められ始めているようですね。
 難しい理論とともに、今回蝸牛そのものについて、初めて知ったことがたくさんあります、相当多くの種のカタツムリは、雌雄同体であるという事など、オス・メス、双方の機能を備えているカタツムリがほとんどだという事など等、知らなかったことが多くありました。このようなカタツムリたちのもいろいろの機能があり、雌雄同体の二匹が交尾中、恋矢と称する剣のようなもので、互いの体を突き刺す行為があるとか、またこの恋矢がある種の成分を作り出すことなど、不思議なことを多く知りました。

 歩いていると、いろいろ出会います、ガマの穂もだいぶ形になり、間もなくフワフワ、種子を飛ばし始めるでしょう、生き物たち、動物でも植物でも、みんなその子孫を残すためにいろいろの工夫をしてるのだなといつも感じって眺めています。
 万物の霊長たる人間、まかり間違えば、みな滅びてしまうようなことへ手を出してゆくのはいったいどうしてでしょう。原子力というとんでもないものに手を染め、これを運ぶんだぞという事を誇示し、それでやはり万物の霊長なのでしょうか。
 
 この間から、きょろきょろ歩いていた甲斐がありました、キツネノカミソリにやっと出会えました、一株だけでしたが、何とか生き残っていてくれました。
彼岸花の仲間というか親類筋ですね、花の時期が少し過ぎてしまったような感じがしましたが、先日から探していたので、少し満足しました。
[画像は削除されました]
 湿ったところでは、半夏生が、少し化粧が落ちたような、白がだいぶ褪色しているようですが、見られました、犬も歩けば棒に当たる、歩かないとなかなか花たちは向こうから来てはくれません。
 昨日一寸歩いただけで、しばらく放っておいた、俳句の推敲に時間をとりました、あれこれ言葉を置き換えたり、その時の光景を思い出したりして、まあ形を何とか整え、8月の俳句日記も残り2日分というところまでこぎつけました。

 庭のミソハギ、ほとんど最後の花です、これもずいぶん花の時期が長く楽しませてくれています、そろそろ、勝手気ままに伸びたい放題にしている狭い庭ですが、整理しなくては・・・・。
 今日も暑そうですし、何やら太平洋上台風が発生したとか、あまり暴れないようにお願いしますよ。
9月に入ったら、ちょっと京都まで出かけようかと計画しています、どうも、放浪癖はなかなか治りそうにありません、動けるうちは何とか人に迷惑かけずに動き回っていたいものです。
信々亭ねこっちコキリコセキサン2なかふぐのひれ酒katsu625hanatoritopkatほなっ日記 10人がいいねと言っています
コメント
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.8.30 16:09
ねこっちさん
 キツネノカミソリ、群生地はないのですが、里山でよく見かけた場所が開発で、すっかり姿を消してしまって、淋しい思いをしてます。お宅の近く自然が豊富でよいですね。
0人がいいねと言っています
ねこっちさん
ねこっち さんのコメント
2017.8.30 8:30
お早う御座います(=^・^=)
キツネノカミソリの下手な写真ですが良かったら見て下さいね(;'∀')
1人がいいねと言っています
人気記事