メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
ペトロくんさんの投稿

ブラウン神父 シーズン3 第13話 です。雨漏りで屋根工事のための募金活動…

ペトロくんさん
2017.9.13 15:08
ブラウン神父 シーズン3 第13話 です。
 その粗筋は、

< ブラウン神父とマッカーシー夫人は、教会への寄付をお願いするため、銀行を訪れる。突如、その銀行に銃を持った強盗が押し入る。金庫を開けろという強盗の命令で、ハロゲート支店長とブラウン神父は金庫へ行くことに。ハロゲート支店長が金庫を開けると、そこにはハロゲート支店長の娘婿であるビリーの死体があった>と。プロはまとめます。

 憎悪と憎しみ、脅しと恐喝、嘘の積み重ね、愛と復讐など入り混じってドラマは展開していきます。
最後のどんでん返しはないのですが、結果は哀しい結末ですが、神の慈しみと愛によって真実を告白することになります。
  真犯人(殺害者)ではないのですが、真実を告発したのは、息子でありその母は重症でお金に困っていました。
 その息子の借金申し入れを断った支店長の最後の言葉が、本当に愛していたと言うセリフにはちと違和感を覚えましたが‥
 
 ここでは、教会の雨もりすらしている、屋根の修理に寄付金集めに苦労している、ブラウン神父さんの働きぶりが??
(教会の信者さんには困った司祭族になるかも知れないですね)

 あの、キリスト教国のイギリスですら、教会は財政難ですね。
  いわんや、我が日本のキリスト教会は貧困状態で募金活動に精を尽くします。

しかし、ブラウン神父さんの教会のように雨もりがあった我が教会は2000年の大聖年の年に、一部の土地を売り、それまで教会建設のために貯めたお金と献金、バザー、そして特別献金や各教会に募金集めに巡礼をして、ようやく新教会や信徒会館が建設可能なりました。
 …そのことが、思い出されたブラウン神父さん物語でした。
 
0人がいいねと言っています
コメント


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円