メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
ペトロくんさんの投稿

ブラウン神父 シーズン3 第14話 です。告解室での秘密と高位聖職者の生活が…

ペトロくんさん
2017.9.13 18:08
ブラウン神父 シーズン3 第14話 です。
 そのイントロは、

<教会で、ある人物の告解を聞いていたブラウン神父。告解の最後にその人物は、「明朝11時までにトールボット司教は殺される」と言い残し、教会を出て行ってしまう。トールボット司教が翌日、狩猟に行くと知ったブラウン神父は、いてもたってもいられず狩猟に参加する。11時直前、森に銃声が鳴り響く。しかし、撃たれたのはトールボット司教ではなく、トールボット司教の従者であるデイビスだった>

…ですが、一度の鑑賞でなかなか理解ができず、二度続けて見るはめになりました。それでも、十分に理解したとは言えず、これから述べることに誤解があるかも分かりません。
 
  さて、キーワードの一つに告解で話されたことがその秘密を破って他の人に話されるか…
その実験台にブラウン神父さんは立たされます。
 告解の最後に”司教の暗殺計画”が話されます。さてその告解の席での話しを司教に話せるかどうかになりますが、ブラウン神父さんは一言も漏らしません。そして自ら司教の暗殺阻止を実行です。

 昔見た、ヒッチコックのスリラーサスペンス映画にありましたね。題名は忘れたのですが犯人が告解室で”人を殺した”と告白します。
  神父さんは他の人に話すことはできません。
 そしてその神父さんが殺人犯人として捕まり死刑宣告ですが、話すことが出来ません。犯人が上手く神父さんをハメたのです。
  死刑寸前に助かるのですが、それだけ”神の前での懺悔”は真正(神聖)なんですね。
 
また、今回は”告白”をめぐってそれ本当、いや嘘でしょう、と疑いの目で考えを巡らすのですから、どれが真実と見ている者にとって??ですね。
 もうひとつのキーは、司教のような高位聖職者の生活態度や考え方が問題になります。ゴルフあり、狩猟あり、演劇ありで信仰生活とはほど遠い行動です。そして彼自身が禁止した、演劇、小説などを好んでいることです。
 この話しも、昔聞いたことがありそうです。推奨映画やお芝居、そして見ることならぬばかりの映画などが公表されました。(映倫の代りかな…)

 今回の最後のまとめは、どうなったんでしょうと考えたのですが、わたしには??
0人がいいねと言っています
コメント


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円