メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
みやまさんの投稿

続  「教育と宗教」

みやまさん
みやま さんのブログ[カテゴリ:人生観と宗教観
2017.9.18 7:39
祖機に「教育と宗教」のタイトルで投稿いたしましたが、それに対する次のようなコメントをいただきました。

------------------------------------------------------------------------------------

いつも思うのですが、宗教はあなたの言う「愛と慈悲」を謳いながら、実は世界の紛争の大半は宗教が原因というのはどういうことなんでしょう。
他の宗派を認めないという時点で、本当の宗教家なんてこの世界にいないのではないかと思います。

僕は日本の神様が好きです。
大層な出雲の神様じゃなく、例えば田んぼの片隅に祀られている神様、トイレの片隅にいる神様。

畏れと感謝。
それこそが日本の宗教の原点の原点だと思っています。


このコメントの問いかけに対しての、返信です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
なぜ人間が殺し合いなどの戦争をしているのかというと、宗教の心を取り違えているからです。
宗教は「愛と慈悲」なのですが、この「愛と慈悲」を離れ離れにしているところから、真の宗教とはなっていません。とりわけ「愛」について言いますと、この「愛」はどんな「愛」にしているかというと、「自愛」にしています。即ち自分が一番「可愛い」ことです。
この一番可愛い自分を満足させようと、それは物を盗ったり人殺しするのも厭いません。いじめや虐待も行います。これらはみんな、自分が可愛いがための行いになっています。
こういうことになるのは、「自愛」と「慈悲」とが結び合っていないことによっておこるといっていいでしょう。
即ち宗教とは「愛」と「慈悲」とをしっかりと結び避けること、そこには受動性と能動性との共同作業によるものと言えます。
しかし教育には、これがあません。
大きな蚊 1人がいいねと言っています
コメント
みやまさん
みやま さんのコメント
2017.9.18 17:27
この世に現れている全ての者は、相対する二面性をもって存在しています。
正と負、ブラスとマイナス、雄と雌、表と裏など、相反して存在しています。この存在には力関係があり、片方が強い時、片方は弱くなります。
これは善悪の関係などに出てきます。
このようになるのは「縁」によってなり、言ってみれば「縁」に恵まれていたものが強くなっています。だが弱くなったものは消えては無くならず、底の方にうずくまっています。
しかしこのことが、信仰という信心によって、力関係が崩されていく時が来ます。それはどれほどの極悪人であっても、自分の意のままにならないことを知らされる時です。この時に反省するとか改心するとかすることによって、「縁」の力関係が反転する。
しかしこれは、困ったことに人にはできず、押し付けることもできない。自分自身で気が付き、改心していくしかありません。ここに「懺悔」があります。
0人がいいねと言っています
大きな蚊さん
大きな蚊 さんのコメント
2017.9.18 12:57
何の罪も無い人を狙っての爆弾テロ攻撃などに宗教を利用しての
正義面には困ったものです。
神が人を殺すことを許すはずがありません。
0人がいいねと言っています


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円