メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
隼人さんの投稿

平成末期の動乱

隼人さん
隼人 さんのブログ[カテゴリ:ほっと天国
2017.9.29 15:39
日本の政治は歴史的には天皇政治で始まったが、平安末期辺りから武士の台頭により武家政治にとって代わった。
源頼朝によって始まった鎌倉幕府から、時代は変遷して室町幕府へ。

そして1600年の関が原を境にして家康率いる徳川幕府(江戸幕府)へと進み、幕末の動乱を経て徳川幕府は崩壊し、また天皇に政権が戻された。
明治以降、さらに変遷を重ねて、天皇政治から民主政治へと変遷をし、いま現在に至っている。

いわば歴史的な言い方をすれば現在の政府も幕府であり、政治も幕府政治であるが、これでは聞こえが悪い。
だが~選ばれた者は、民(国民)による選挙というもので選ばれた侍たち(議員)が政治を担う武家政治(民主政治)へと変遷した。
そして~ここへ来て平成時代も、まもなく終わりを告げるという時に起きたのが、この度の衆議院の解散による「平成末期の動乱」であろう。

最近、時代劇である「幕末の動乱」という映画を見た。
"人間は「誠」が大事である。「義」に生きてこそ「誠」である" と近藤 勇は隊士に述べた。
さらに~・・・・
"考えは違えども、国を思う心は一つである"とも述べた。

このように近藤 勇が実際に述べたかどうかは別にして、”国を思う心”は誰しも同じであろう。
しょうくコキリコbaobabmimi 4人がいいねと言っています
コメント
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.9.29 20:45
今晩は。

「平成末期の動乱」
そういう見方もあるかと感心しました。
0人がいいねと言っています


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円