メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TSUTAYA}l[Z~i[
涼音さんの投稿

このびみょ~な間にツッコミいれる涼音

涼音さん
涼音 さんのブログ[カテゴリ:楽しい整骨院
2017.10.12 17:33
こんにちはっ!

今日もいつもと同じように午前中、整骨院に行きました。
今週は月曜が祝日だったので整骨院の患者さんは多いみたい。
きのうに引き続き、今日も新患さんが来ていました。
それも今日は二人もです。
新しい患者さんが来ると先生は当然のように付きっきりになります。
私は施術を受けている間、先生が患者さんに延々とくわしい説明を
しているのを聞いていました。
私も初めて整骨院に来たときはこんな先生たちに延々と説明を
受けていましたね。
カウンセリングみたいなこともしてもらってました。
もちろん話を聞いてもチンプンカンプン‼

というので…
二人の先生が新患さんに付きっきりというわけでここ最近、
事務所仕事に忙しい院長先生が患者さんの施術に出動!
私はきのうと今日は久しぶりに院長先生に施術をしてもらいました。
もう施術をしている間、冗談の連発で院長先生はさんざん私を
からかうんですよね
もちろん施術に必要なことに関しては真面目にお話されますけど。
今日の話題はなぜか高校時代のことについて。

院長…「私は受験をしたことがないんですよねぇ。」
私…「えっ!受験したことがないって?どういうことですか。」
と私がとまどいの表情を見せる。
院長…「推薦でしたからスポーツ推薦で高校に行きました。」
私…「へぇ~スポーツ推薦って本当にあるんですね。確か院長先生がして
いたスポーツというと…ラグビーでしたね。」
院長…「高校時代の3年間はラグビーを頑張りました。伏見工に行こうと
思ったけど練習が厳しそうなんでやめました。」
私…「ラグビーというとドラマの影響か、伏見工を思い浮かべるけど。
でもスポーツ推薦というとラグビーをやめたら学校も退学になるんでしょ?」
私は院長先生にそう聞くと推薦で入った部活をやめると学校もやめるそうです。

それからも高校時代の部活の話に花が咲き、今度は私のほうが高校時代に
やっていた部活について話すことに。
私の場合は部活といっても必須クラブでしたから参加しないと単位が
もらえませんでしたけど。
私…「私が高校時代にやっていたのは華道なんですよね。」
私がそういったとき、偶然にも整骨院の中が静かになったんです。
ただでさえ私の声はおおきいのでたぶん整骨院にいた人の耳に聞こえた
と思います。

何もそんな時に限って静まりかえらなくてもいいのに。

整骨院の中の空気がびみょ~に大きく揺れた気がします。
私…「えぇ~何なの、このびみょ~な間は!なんでみなさん、静まり
かえるのぉ。」
先生たちの耳がロバの耳みたいにピンっとたっていました。
私が華道をやっていたのがそんなにめずらしい?
院長…「普段の涼音さんからは連想できない爆弾発言でしたから。」
私…「そうなんですか。私、華道をやったように見えませんかぁ。」
院長…「う~ん、見えませんねぇ。」
私…「えっ!(かなりヘコんだ顔をする)本当は茶道クラブに入りたかったん
ですよね。」
そんな話をしながら受付のお姉さんのところに向かう。
院長…「どうして茶道クラブに入りたかったんですか?」
私…「それはお菓子が食べれるでしょ。」
私のその答えを聞いて院長先生も受付のお姉さんも納得したように笑う。
院長…「それでこそ涼音さんらしいですよ。」

今の私を見ている先生たちにとっては私と華道が結び付かないようです。
それがあのびみょ~な間になったようです。
私は秘かに心の中でツッコミをいれました。
「なんでやねん!」
こうツッコミをいれるところ、私は関西人なんでしょうねぇ。
やまびこりょうカレンfukutaぬる湯ふーみんコキリコ 7人がいいねと言っています
コメント
涼音さん
涼音 さんのコメント
2017.10.19 15:54
コキリコさん、こんにちは
いつもコメントをありがとうございます

私もこの一連の話題を録画出来たらよかったなぁ
そうしたらコキリコさんにも大いに笑っていただけるのに。
残念です。そういうおもしろいことは予想もしてないところで
起こることですよね。

おもしろいことはブログで私が投稿していこうと思います。
0人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2017.10.19 15:44
fukutaさん、こんにちは
いつもコメントをありがとうございます

いやぁ~するどいところをつかれました。
最後のコメントは大いに笑ってしまった。
そうなんですよ、きっとそれがビミョーな感じに
なったんですよね。

この必須クラブは茶道と華道しかなかったんです。
ブログにかいたような理由で茶道にはいりたかったんです。
大和撫子ではありませんよ。
0人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2017.10.19 15:32
りょうさん、こんにちは
いつもコメントをありがとうございます

そうですね
何かを決めるきっかけというのは
意外と単純なのかもしれません。
特に私は単細胞ですからね。

でもそれでもいいじゃないか!と思っています。
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2017.10.19 15:27
やまびこさん、こんにちは
いつもコメントをありがとうございます

大いに笑える理由ですよね。
茶道部に入りたかったのもお菓子が食べたかったんですよ。
でもそのお菓子を買うためのお金は親が出していたんですよね。
私のほうこそお恥ずかしいです。
0人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2017.10.19 15:19
きぃたんさん、こんにちは
いつもコメントをありがとうございます

つっこみをありがとうございます。
私が入っていたのは華道のほうです。
剣山にお花をつけていたんです。
足がよくしびれていました。
0人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2017.10.19 15:16
ぎ~やん、こんにちは
いつもコメントをありがとうございます

今回のぎ~やんのコメントは申し訳ないですが、
漢字が読めませんでした。
半世紀前にはどこまでいったと。
ごめんなさいっ!
0人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.10.13 7:13
おはようございます。

こりゃ、現場に居合わせたかった!
1人がいいねと言っています
fukutaさん
fukuta さんのコメント
2017.10.12 22:50
こんばんは

女子高校生の年齢だったら、美術や美容に関心があって、
 そのような部活が 大人気で、入部する生徒も多かったでしょう。
そんな齢頃、和の茶・華道の心を勉強したいと思った
 涼音さんは 素晴らしい「大和撫子」と思います。・・が・・・

現在の涼音さんの 性格・行動を、みんなが 秘かに比較した結果が、
 微妙~な ”間” になったのでは・・・と思います。
1人がいいねと言っています
りょうさん
りょう さんのコメント
2017.10.12 19:29
こんばんは!
何かを始めるキッカケは意外と・・・と思えるのも多いのかな?
2人がいいねと言っています
やまびこさん
やまびこ さんのコメント
2017.10.12 18:21
茶道に入りたかった理由が
お菓子を食べたかった。
私も納得です(笑)
2人がいいねと言っています
きぃたんさん
きぃたん さんのコメント
2017.10.12 17:46
> 私…「私が高校時代にやっていたのは華道なんですよね。」
> 院長…「どうして茶道クラブに入りたかったんですか?」
で、華道なんですか、茶道なんですか

ブログのタイトル通り微妙につっこみを入れておきます。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2017.10.12 17:40
こんあ爺さまでも、半世紀まえには炭斗手前までは行きましたんどすぇ。
1人がいいねと言っています


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円