メニュー
ゲストさん
京都リカレントステイ
Vogelfreiさんの投稿

懐かしのフランス美人、ダニエル・ダリュー

Vogelfreiさん
Vogelfrei さんのブログ[カテゴリ:カウチMovie
2017.10.24 8:15
数日前、朝刊の死亡記事に、ダニエル・ダリューの名があった。1917.5.1が誕生日と手元の記録にあるので、享年100歳ということになる。
わたくしが映画に興味を持ち始めた時より、若干前の時代の女優。「恋愛交差点」1935や「うたかたの恋」1936という有名な出演映画などは名前だけ聞いてはいるが、観る機会はなかった。マックス・オフュルス監督の恋愛オムニバス映画「輪舞」1950あたりから、やっと、鑑賞対象になってくる。
驚いて見開いたような眼が特徴の美しい女優だった。ハリウッドに招かれて撮ったジョゼフ・L・マンキウィッツ監督の「五本の指」が印象に残っている。ドイツのスパイのジェームズ・メイソンに囲われる落ちぶれた欧州の貴夫人を演じた。知性派監督のマンキウィッツらしいシニカルな味のスパイものだった。
写真は、「輪舞」と「五本の指」の彼女。
  
諒観 1人がいいねと言っています
コメント
hashi1065さん
2017.10.25 9:31
追伸
恵比寿ガーデンシネマで先週に引き続き今週もドヌーヴの映画が続映されています
友人からの情報でした
2人がいいねと言っています
Vogelfreiさん
Vogelfrei さんのコメント
2017.10.24 15:51
ジミンさん
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
みなさん、カトリーヌ・ドヌーブがお好きなのですね。「シェルブールの雨傘」「昼顔」「暗くなるまでこの恋を」「終電車」「ハンガー」「インドシナ」「夜風の匂い」「隠された日記 母たち、娘たち」などなど、記憶に残っている映画がいくつもある大女優です。
「ハンガー」1983は、多分ご覧になっていないと思いますが、ドヌーブがデヴィッド・ホウイやスーザン・サランドンと共演した映画で、彼女はなんと吸血鬼の女の役でした。監督はハリウッドのトニー・スコット(巨匠リドリー・スコットの弟です)。ちょっとご覧になりたくなりますでしょう?
添付は、「シェルブールの雨傘」のタイトルです。雨足とパステル・カラーの雨傘が美しいタイトルでしたね。
1人がいいねと言っています
Vogelfreiさん
Vogelfrei さんのコメント
2017.10.24 15:32
hashi1065さん

いやいや、本当に久しぶりで申し訳ありません。もう、歳ですね。
カトリーヌ・ドヌーブといえば、下のロメオさんにコメントした「8人の女たち」にもメインででていました。添付写真の中央が彼女ですね。堂々たる現フランス映画の代表女優になりました。
2人がいいねと言っています
ジミンさん
ジミン さんのコメント
2017.10.24 14:51
こんにちは♪
初めまして、かなり昔の女優さんですね!
私の知っている女優さんは、カトリヌ.ドヌーヴの「シェルプールの雨傘」です。
とても綺麗な女優さんなので
印象に残っています(^o^)
0人がいいねと言っています
hashi1065さん
2017.10.24 10:49
お久しぶりです
ダニエル・ダリューと言えば先週恵比寿ガーデンシネマで懐かしい「ロシュホールの恋人たち」を見ました 昔見たはずなのにすっかり忘れていて えぇっ!ジーン・ケリー?とびっくりしたり、ジョウージ・チャキリスのダンスも久しぶりでした この映画にはカトリーヌ・ドヌーヴの実のお姉さんが出演していたのですね 良かったです 企画が良くて思わず滞在(友人宅でしたが)を延ばして「シェルブールの雨傘」や「ロバと王女」も見てしまいました 

この映画祭は1週間にわたりM・ルグラン特集で組まれていました たまたま他の用で滞在していて美術館や博物館も行きたいと精力的に都内を回っていましたが、上手く滞在中に出くわしました
それも大阪の友人のご子息が監修!チラシを大阪で頂いていましたから1本はみるつもりでした
ところがステイ先の友人もドヌーヴが好きだと言うし ではでは見に行きましょうとなり4本上映のうち3本見ました 映画館も素敵だったし良かったです
いやぁー映画ってホントいいデスネ!!!
1人がいいねと言っています
Vogelfreiさん
Vogelfrei さんのコメント
2017.10.24 10:20
ロメオさん
早速のコメント、ありがとうございます。さぼり癖がつきまして、久しぶりの「カウチMovie」です。
享年100歳ですから、一昔前の女優さんですね。
2002年にフランソワ・オゾンが撮った「8人の女たち」が彼女を観た最後の映画になりました。7人の縁者の女たちから死を待たれている8人目、老女の役でした。ヒチコック風のコメディ・ミステリーで、大物女優にシャンソンを歌わせ、踊らせ、各所に過去の映画の投影を見せ、ずいぶんとオゾン監督が楽しんで作った映画ですね。映画の特徴を逆手にとって、カーテンの前の出演者が並んでの挨拶まであり、これがフランスのエスプリというものか、と思いました。
添付は、その女たち。
1人がいいねと言っています
ロメオさん
ロメオ さんのコメント
2017.10.24 9:02
Vogelfrei さん.
かなり昔の女優さんですね。私は映画はお話の輪舞を見た事があるが覚えていません。
分かるのはやはりブリジット・バルドー辺りからのようです。当時のフランス女優さんは美人がそろっていたような?
1人がいいねと言っています
人気記事