メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
ペトロくんさんの投稿

日ごとの福音408

ペトロくんさん
2017.11.9 2:14
2017年11月9日(木曜日)1:17-
ラテラン教会の献堂 祝日
第一朗読(エゼキエル47・1-2、8-9、12)
  わたしを神殿の入り口に連れ戻した。
または(➀コリント3・9c-11、16-17)
  あなたがたはその神殿なのです。
福音朗読(ヨハネ2・13-22)
  この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。

 (~1:34)時間をかけて、「毎日のミサ」(月刊誌)を読みます。
 いろいろなことが分かります。

  そのひとつは、今日のミサは”祝日”です。
 ”祝日”とか”記念日”のミサの「毎日のミサ」(月刊誌)では、冒頭にその”祝日”や”記念日”の由来を書いております。<毎日の読書>からの引用です。
 (ところで、この「毎日の読書」が気になり、検索などで調べて”手に入れたい”と思っているのですが、リサイクルの格安がどこかにありませんかね?)

 …と言うことで、今日は<ラテラン教会の献堂>の祝日で、その祝日の由来と意図を書いています。このラテラン教会は「ローマと世界のすべての教会堂の母であり頭」と呼ばれている、とあります。そしてこんなことも書き込んでいます。
 <この祝日は、ペトロの座に対する一致と親愛のしるしである>と権威付けをします。
 (まあ~お祝い日ってこんなもんでしょうか)

…と言うことで、「ネットの日ごとの福音」では、教会、神殿の権威付けを柱に、旧約聖書からイエスの時代の経緯(敬意)をたどります。
 その流れは、エゼキエルの預言からスタートをきり、パウロさんはここまでおっしゃいます。
    <あなたがたは神の神殿である>

 そして、総本山のイエスさんはヨハネの福音書では<イエスの言われる神殿とは、ご御自分の体のことであった>

 …しかし使徒たちや弟子たちは、この箇所で話された特別の言葉を理解することが出来なかったと述べています。その有名な御言葉は、
 <この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。>ですね。

 <イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。>

 多分イエスさんは興奮して神がかりのような言葉を発したのでしょうよ!
 多くの人はよくこの手で騙されるのが落ちなんですね、特に分けの分らない新興宗教なんかで、髪を振り乱して教祖様がむにゃむにゃと聞き取れない言葉で…、テレビドラマの見過ぎかな??

 ともあれ、もう一が書きますと、
 <イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。>
 …わたしたちも、信じましょうね!(~2:23)
0人がいいねと言っています
コメント


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円