メニュー
ゲストさん
コキリコさんの投稿

ナマズの超能力は味蕾(みらい)にあった!

コキリコさん
コキリコ さんのブログ[カテゴリ:徒然なるままに
2017.11.21 20:37
先週の週刊現代に面白い記事があった。(2017.11.25号)

 視界の利かない湖や池沼でどうやってエサを見つけるのか? ナマズはエサの出す「味」
を味蕾(みらい)を活用して探しているという。本文を要約して掲載する。

> 脊椎動物が味を感じる器官を「味蕾」という。舌には小さな突起がたくさんある。
これが味蕾だ。ヒトの舌には5000~7000個の味蕾がある。
 ちなみに肉食の哺乳類は味蕾が少なく、ネコは500個程度しか持っていない。肉食動物は
その場で動物を殺して食べるため、毒見をする必要がないのだ。

 それに対して草食の哺乳類は、味蕾の数が非常に多く、ウシは2万5000個もの味蕾を
持っている。これは、草食動物はさまざまな種類の草が入り交じった草原から毒となる
ものと栄養になるものを峻別する必要があるためだ。

 このように食べ物の毒見役を担う味蕾は、舌などの口腔内に分布しているのが一般的だ。
しかし、ナマズはこの味蕾を全身に持っている。しかもその数、20万個。ヒトの約40倍の
数の味蕾を有しているのだ。ナマズは眼の代わりにこの味蕾を活用して、エサとなる小魚を
探している。小魚がうっかりナマズに触れれば、その存在は瞬く間に感知されてしまう。

 それだけではない。遠くにいる小魚の「味」が水流にのって漂ってくると、ナマズは
その味を頼りに、小魚を追っていくことができる。体表の味蕾により、味の濃いほうに
進めば、ターゲットが見つかるしくみになっているのだ。その際、小魚の味が、ヒゲの
味蕾と尾びれ近くにある味蕾のそれぞれに到達するまでの時間差を計ることによって、
小魚のいる位置を正確に割り出すことさえできる。

 ナマズと言えば地震を予知するという俗説が古くからあるが、それはこうした鋭敏な感覚を持っていることが知られていたからかもしれない。

 それぞれの動物が感じる「世界」は、どのような感覚器を持っているかによって違ってくる。足元の生物に少し目を向けるだけでも、その多様性の面白味を「味わう」ことができる。
----------------------------------------------------------------------------------- 


 生物の持つ優れた能力を人間はまだほんの一部しか利用してない。
例えば赤外線センサーはガラガラ蛇がエサを探す仕組みから実用化された。
また最新のレーダーはトンボの複眼を応用したものだと言われている。
これらは軍事利用の一例だが、もっとも望まれるのは植物の光合成システムの
実用化だ。
katsu625ふぐのひれ酒一の糸nobuo涼音天天アカシアhanatori 8人がいいねと言っています
コメント
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.11.22 20:50
アカシア さん、コメントありがとうございます。

 ナマズのかば焼きは何度か食べたことがありますが、洗いは食べたことがないですね。
かば焼きは鰻よりもうまいくらいですね。
そちらはナマズの養殖が盛んですか? それとも天然もの?
ナマズは寄生虫は大丈夫でしたかね? 養殖ものなら大丈夫でしょう。

 「生物に学べ」
まだまだ序の口ですが、生物の不思議な才能は驚異的! その能力の三分の一でも
マネできたら、人間の暮らしはもっと良くなるでしょうね。
 新幹線のパンタグラフの風きり音を低減する技術、フクロウをまねしたことは
だいぶ前にNHKで放送してましたね。この時は感心しました。
そうそうヤモリもね。

 
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.11.22 20:43
百獣の弱虫 さん、コメントありがとうございます。

ナマズのかば焼きは淡白で美味いですね。天ぷらは食べたことがないが、
たぶん、淡白で美味いはず。

 最近ウナギの値上がりが激しいから、近大だったか、ウナギ味に近いナマズの養殖に
成功したというニュースがありましたね。
0人がいいねと言っています
アカシアさん
アカシア さんのコメント
2017.11.22 18:05
こんばんは~(^^♪

興味深く読ませていただきました^^

茨城県は確かナマズの生産?も上位だと思います。
この家を決めた時に、不動産家さんにナマズ割烹店に連れて行って貰いました。
洗い(刺身)はビックリするほど美味でしたよ~。
個人的には鯉より好きです^^

動植物からのヒントは沢山ありますよね。。。
蜘蛛の糸やゴボウの実からのヒントで実用化した商品は有名ですし、、、
確か、、、新幹線のパンダグラフもフクロウの翼からのヒント。
って以前TVで見た記憶があります。
ヤモリの足裏のイボイボも粘着テープへと発想、、、ではなかったかしら???
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.11.22 8:52
涼音さん、コメントありがとうございます。

 動物も植物も、進化の過程で身に着けてきた知恵は素晴らしい!
人間はまだそれをほんの少し学び、利用しているだけ。ここは宝の宝庫。
これを利用しない手はありませんね。
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.11.22 8:50
ぎ~やん さん、コメントありがとうございます。

 牛さんでなくてよかった!
でも何万年ものご先祖の「生活の知恵」を守らない(知らない)人が
居て、毒キノコや毒野草を食べてしまうのはどうしたことでしょう。

 ま、不注意はしょうがないが、メーカーが不正をするのは許せない!
0人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.11.22 8:47
ふぐのひれ酒 さん、コメントありがとうございます。

宇宙の始まりは数十億年前に超高温、超密度の小さな塊がごく短時間に大爆発した
「ビッグバン」だったと言わてれてます。
 その後の宇宙の成り立ちはこの理論でかなり説明できるらしい。 
そのごの生物の発展は何十億年かけた「進化」の賜物。

 ところがゴリゴリのキリスト教右派はダーウィンの進化論を認めない。
「キリスト生誕の少し前つまり~1万年前に神様がすべてを作った」
と言って、アメリカその「証拠」を作っているそうです。

 ところで私が不思議に思うのは最初の、その小さな塊は
どうしてできたのか? 神様が作ったのでしょうか?

 
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2017.11.22 7:29
コキリコさん、おはようございます

私は無知でした。
ナマズというとただデカい体で深海を泳いでいる
だけだと思っていました。
ナマズさん、ゴメンね。
動物も色々な過程を通って進化してきて自分達の生活に
役にたつようにしてきているんですね。

子供のころは京都では滅多に起きませんでしたが、
地震が起こるたびにナマズが怒ってると思っていました。
またひとつ、コキリコさんに教えていただきました。
ありがとうございます。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2017.11.22 6:26
何の苦労もなく、毒見をしなくても頂ける社会は有り難いものです。
1人がいいねと言っています
ふぐのひれ酒さん
2017.11.21 23:15
こんばんは。
動植物は、今の姿になるのに気の遠くなるような時間をかけて進化してきたの
でしょうが不思議ですね。
私には神様が作り出したとしか思えませんね。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!