メニュー
ゲストさん
コキリコさんの投稿

関係者の責任焦点=根拠崩れる森友答弁

コキリコさん
コキリコ さんのブログ[カテゴリ:徒然なるままに
2017.11.25 7:36
Yahooニュースに表題タイトルの記事が掲載された。
国民の話題になった重要な課題だったが、六大選挙公約にも掲げられておらず、
「自民党が選挙に勝ったから国民の信任を得られた」との一部の意見は全く正当性がない
暴論である。

関係者の責任焦点=根拠崩れる森友答弁
11/24(金) 21:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000132-jij-pol

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、会計検査院から約8億円の値引きの根拠を
「不十分」と指摘されたことを受け、政府は24日、国有財産に関する管理処分手続きの
見直し案を公表、幕引きを急いだ。
 だが、値引きを「適正」「合理的」と正当化してきた政府答弁は残っており、発言した
関係者の責任が厳しく問われそうだ。

 「指摘は真摯(しんし)に受け止める。関係省庁で内容を十分精査し、適切に対応して
いく」。24日の衆院内閣委員会。菅義偉官房長官は、野党から検査院の報告と過去の
国会答弁との整合性を問われると、こう繰り返すにとどまった。「謝罪すべきだ」と
促されても首を縦に振らなかった。
 政府は、22日の検査院の報告書公表からわずか2日間で、売却価格の客観性確保や
行政文書の管理徹底などを盛り込んだ見直し案をまとめた。素早い対応で問題に区切りを
付ける構えだ。菅氏がこれまでの答弁の「非」を認めないのも、野党に追及材料を与えたく
ないためとみられる。
 しかし、検査院は、政府の「適切に処理した」とのこれまでの説明に疑問符を突き付けた。
例えば、値引き額算定の基になった埋設ごみの推計量。政府は土中の混入率を47.1%、
深さを3.8メートルと設定し、量は1万9520トンとした。

 一方、検査院は、混入率の算定を「合理性がない」として31.7%に圧縮。深さも
「十分な根拠が確認できなかった」と切り捨てた。その上で埋設ごみの量は6196トンか
1万3927トンとし、「いずれも(政府の)算定とは大きく異なる」と結論付けた。

 2月の衆院予算委員会で、財務省の佐川宣寿理財局長(当時)は、値引きの根拠について
「適正に時価を反映した」などと説明。3月の参院予算委では、国土交通省の佐藤善信
航空局長(同)が「(算定した同省大阪航空局に)見積もる能力を有する職員がいた」と
語るなど、政府は一貫して対応に問題はないとの主張を展開したが、こうした発言の根拠は
大きく揺らいでいる。

 安倍晋三首相も3月の参院予算委で「ディスカウントは当然だ」と強調したが、今後も
こうした答弁を維持するのは苦しい状況だ。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 内閣は「トカゲのしっぽ切り」よろしく、関係省庁のトップの首を切ることで
決着を図るだろうが、これだけの大問題を、そのような姑息な手段で幕引きで許したら
日本の将来はない。徹底的な追及が求められる。
 続編のニュースを後でアップする。
ふぐのひれ酒彦左しょうくkatsu625nobuohanatori 6人がいいねと言っています
コメント
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2017.11.26 7:27
百獣の弱虫 さん、コメントありがとうございます。

全く同じ意見です。」
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!