メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
ペトロくんさんの投稿

情に棹させば流される

ペトロくんさん
2017.12.8 9:59
 早朝には、よくテレビをつけて、チャンネルを回しながら見ている方になりますかね。
今日も民放テレビからの仕入れです。
 しかし、ちと残念なのはその問題の答えを間違えたことですね。

 ある民法で早朝から国語の勉強です。あの有名人の林さんからの問題でした。
問題は簡単で、三択の答えです。
 その問題は、夏目漱石さんの「草枕」の一節からです。多分ここまで言えば、あああれかとお分かりの方も多いと思いますが?
 <「山路を登りながら、かう考へた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい」>の「情に棹させば流される」の部分です。

 その<情に棹させば流される>の意味です。
<「流れに棹さす」、「役不足」、「気が置けない」>などは、間違いやすい言葉の代表的な例として受験対策の参考書や日本語物知り読本のたぐいに、出て来るとネットは言います。

 テレビのお話は少々呆けてきましたから、あるネットから借用してその通りに記載(コピー)します。
  <文化庁の平成18年度「国語に関する世論調査」で、「その発言は流れに竿さすものだ」の一文を例示し、どの意味で使っているか尋ねたところ、1)傾向に逆らって、勢いを失わせる行為をすること、2)傾向に乗って、勢いを増す行為をすること、3)分からない、などの回答例のうち1)とした人が6割以上を占め、本来の意味の2)を挙げた人は2割にも満たなかった。しかも、世代別に見ても1)が多数派だった。>

 テレビの大意もそのようで、6割以上の間違いでしたが、そのなかにわたしもいるのです。
  いや、初めはショックでしたね。
  夏目漱石さんの全集(復刻本)は昨年から今年にかけて読破です。
若かりし頃は、文庫本で読んで、今でも大切に書架を飾っているほどで、その大好きな漱石さんの本からの出題で間違うなんてと、思ったのです。
 残念無念の境地です。  
0人がいいねと言っています
コメント
Kenrobさん
Kenrob さんのコメント
2017.12.8 16:49
情という流れがある所に、更に情でもって棹を突けば、流れてしまって、舟はコントロールを失ってしまう、という意味。

自分自身や自分に近い人の事は、理性では分かっていても、ついつい感情が先に立って思い入れてしまう、世の中は難しいものだ、ということですね。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2017.12.8 15:42
こんにちは
もっとも誤りやすい言葉だと思います、流れに逆らうのではなく、流れに乗る、流れに沿って押す、一番間違いやすい部分ですね。
0人がいいねと言っています
大きな蚊さん
大きな蚊 さんのコメント
2017.12.8 10:32
こんにちは素直な人は騙される問題でしたね、
私も反骨精神が働いて流れに棹さすは船が流されていることを想像して
流れに逆らうかとも思いましたがそれでは問題にならないので裏をかいて
流れに乗ると家内の前で言ったら当たってしまいました。
反骨精神を持つ偏屈者の本領を発揮しました。
0人がいいねと言っています


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円