メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
桃花さんの投稿

房総の旅 ふしぎ

桃花さん
桃花 さんのブログ[カテゴリ:歴史旅
2018.1.8 9:44
今回の旅で訪れたところ

<桃花自宅> 野田市
東経139度55分5秒

<吾妻神社> 木更津市吾妻
東経139度55分11秒
 日本武尊妃(弟橘媛)祀る  
桃花の歌
「乙橘☆幻想」https://www.youtube.com/watch?v=Qq-sV_qEoAQ             
「をとたちはなひめ 追想2」https://www.youtube.com/watch?v=5rU489mMXuk


<紀州鉄道 房総白浜ホテル> 泊まったところ
東経139度55分3秒

現在の「吾妻神社」と139度55分5秒の線とは200mの隔たりがあります
入水した姫さまが漂着した地点だと思われます
姫さまのご遺体は小櫃川(御棺)をさかのぼり 袖ケ浦市三黒(骸)の御陵(三黒吾妻神社)に安置されます
歌詞は第一回神社参拝の前日に1時間で書きました(書かされたようです)
二回目の吾妻神社訪問時に たまたまですが千葉市蘇我の蘇我姫神社の近所の方もご一緒しました
蘇我姫とはヲトタチハナヒメを追って入水した女官4人のうち ただ一人生き残りました
子孫がのちに「蘇我氏」となります  あの聖徳太子の家系です
後から振り返ると 今回の旅は「方角のふしぎ旅」でした
りょうぬる湯nobuoコキリコアカシア 5人がいいねと言っています
コメント
桃花さん
桃花 さんのコメント
2018.1.9 1:55
自宅(今パソコン入力してるところ)も東経139度55分3秒でした
南房総市平群「平群天神社」もピッタリ重なりました

房総の山地を駆け回って「八雲神社」が目につきました
神奈川県茅ヶ崎の「八雲神社」(ヤコブ神社 キリストの祖先)と同じならキリストの足跡かもしれません
次なる訪問が待ち遠しいです
また「浅間神社」(瓊々杵尊の妃・コノハナサクヤヒメ祀る)も港町に多かったです
これは瓊々杵尊が筑波新治に都を作った時 伊勢(磯部上之郷・伊雑宮)から通った時に立ち寄ったところです 「子安神社」も同神です
瓊々杵尊が高千穂を御陵としました コノハナサクヤヒメは富士宮市の浅間神社「奥宮」が仙洞です
これら2カ所を直線で結ぶと「伊勢内宮」がラインピッタリに重なります
ご存知の「太陽の道」のラインにしても不思議なことだらけです

空中に眼があったのか GPS衛星があったのか 古代人間は天浮舟で飛べたのか 面白いですね
0人がいいねと言っています
人気記事