メニュー
ゲストさん
桂馬さんの投稿

八甲田・山スキー

桂馬さん
桂馬 さんのブログ
2018.2.3 8:19
2月1日(雛岳)と2日(大岳)に山スキーを楽しんだ。

雛岳
 茶屋の前に車を止め、数名の先行者の後をたどってシール登行。山頂手前まであえ
ぎあえぎ登り、時計を見ると12時を回っていた。今日は出発が10時過ぎだったの
で、ここから滑り降りることにした(登りはいつも午前中までと決めている)。
 上部はパウダーの深雪で、ターンをするたびに粉雪が舞い上がり目の前が真っ白に
なる(スキーヤーはこれをフェイスショットと呼んでいる)。しかしこれこそ山スキ
ーの醍醐味である。大斜面を滑りきると樹林帯に入る。樹林帯をゆっくり滑り降りて
山スキー終了。

大岳
 宿舎酸ヶ湯の脇からシール登行。樹林帯を抜け大雪原に出ると風邪が強い。はるか
に大岳が美しい山容を見せている。山頂手前まで登り上げたが、この上はガスってい
るので、去年と同じ地点から滑り降りる。大雪原をゆっくり滑って山スキー終了。大
満足の一日であった。

はるかに雛岳を目指して

かすんで見える山は隣の高田大岳(雛岳より300メートルほど高い)

酸ヶ湯の脇からの登る

樹氷群

はるかに大岳


動画
①雛岳:https://youtu.be/7y06HTVsvsU
②大岳:https://youtu.be/ofLZ7jlgB-E

追記
 今日(3日)最後のスキーを楽しもうかと思っていたら強い風でふぶき模様、ゴンドラは運休。やむなく一日中温泉を楽しみ明日帰宅の準備をすることにした。
信々亭しょうくふぐのひれ酒彦左次郎長katsu625topkat 7人がいいねと言っています
コメント
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!