メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
ペトロくんさんの投稿

わたしの福音72

ペトロくんさん
2018.2.12 3:28
(2:22~)2018年2月12日(月曜日)

年間第6月曜日
第一朗読(ヤコブ1・1-11)
  貧しい兄弟は、自分が高められることを誇りに思いなさい。また、富んでいる者は、自分が低くされることを誇りに思いなさい。(使徒ヤコブの手紙)
福音朗読(マルコ8・11-13)
  どうして、今の時代の者たちはしるしを欲しがるのだろう。はっきり言っておく。(マルコによる福音)
(2:30)
 今日の第一朗読は、ヤコブの手紙です。
  スタディ版新約聖書共同訳の註解では、前書きに伝承によるとありますが、このヤコブはイエスの兄弟と書かれます。
 そしてエルサレム教会の指導者とあります。カトリックのわたしには、兄弟の解釈にもいろいろありますが、、日本語では”兄弟”は”兄弟”でしかありませんね。

 …ともあれ、冒頭に<神と主イエス・キリストの僕であるヤコブが、離散している十二部族の人たちに挨拶いたします。>とあります。

 つまり、離散したユダヤ人に、イエスの教えを宣教しようとする手紙ですかね。
パウロさんとはかけ離れた教えでしょうね。
 そして面白い言葉を見つけました。
「毎日の黙想」の冒頭に<「ヤコブの手紙」は長い助言のリスト、特大の「やることのリスト」のようです>とありました。
 そうですね、「やることのリスト」また「やるべきリスト」の言葉も飛び出して来ています。

…わたしは、いっぺんにこの言葉「やることリスト」や「やるべくリスト」が気に入ったのです。
そう、私自身が一番欲しく、何をやるべきかが分からない今、こんなリストがあれば最高と感じたのです。
 イエスの兄弟ヤコブさんは多分律法主義者でしょうか?つまりユダヤ教の影響が過大に残っている人ですから、「やってはいけないリスト」「禁止リスト」かも知れません。

 …そうなんです、今日のわたしの「やるべきリスト」は”ヤコブの手紙”を全文読むことです。
 全文と言っても、4章ですから、何も気張って”やるぞ”まではなさそうで、いつも暇なわたしでも、さらに暇な空いた時間に読むますかな!(3:27)
taka彦左 2人がいいねと言っています
コメント