メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
ペトロくんさんの投稿

わたしの福音73

ペトロくんさん
2018.2.13 3:17
(1:34~)2018年2月13日(火曜日)
  年間第6火曜日
第一朗読(ヤコブ1・12-18)
  試練を耐え忍ぶ人は幸いです。(使徒ヤコブの手紙)
福音朗読(マルコ8・14-21)
  ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種によく気をつけなさい(マルコによる福音)
(2:05)
 やはり、ヤコブらしい言葉の連続ですよね。
  ともあれ、昨日の約束(つまり、ヤコブの手紙を読むこと)は、簡単に私は破っちゃったのです。もう、朝方から”読む”ことを忘れていました。
 それが、このブログを書くだんになって、思い出すなんて不届きですね…

 「毎日の黙想」はアメリカ産です。ですから、キリスト教園の生活習慣をもとにして編纂されているのでしょう。
  今日は何の日となります。
 まず日本じゃ考えられない日が書かれます。そうです!<今日はマルディ・グラ、謝肉祭の最終日。>とあります。
  そして<世界中でお祭り騒ぎの好きな連中が、四旬節の始まる前に飲み食いして愉快な時を過ごす最後のチャンスだと思い出す>からなんだそうです。
 そうなんですね、今日のヤコブの手紙を読んで…と言うことです。

 そして、面白いことに気が付きました。
 本誌「毎日の黙想」は1・2となっています。そして、下段の小さい活字には<1月1日―2月13日>が書かれます。
 つまり、今日の2月13日で終わりなんですね。そして次号に移ります。2・3で下段には<2018年四旬節号、2月14日―3月31日>とあります。
 つまり、ほぼ1.5か月分の雑誌なんですね。月刊誌じゃない、じゃどうよぶの??
”つまり”が二度続きましたが。大丈夫ですね。次号がちゃんと届いていましたから、安心。

 昨日は、ちょっとばかりネット遊びをしました。
  毎日読んでいる「毎日の読書」をネット上で探してみたのです。
一つ探しあてましたが、小雑誌「毎日の読書」のように、第二朗読が読めません。もちろん、一年中の<「教会の祈り」読書ー第二朗読>が記載されているかも分かりませんでした。
 
   この第二朗読は、わたしにとってはお勉強になるんです。
 今日のこの朝、読みましたが、ブログにも引用したいのですが、なかなかパソコンで写し替えが面倒で出来ません。
 つまり、コピーしたくなるのですね。それを探し当てるのが大変で不可能に近いのです、もちろん事前準備できればいいのでしょうが‥
 ともあれ、”お気に入り”には確保しましたが、また、パソンコのネット遊びが続きそうで、やんなっちゃいました。おわり。
taka彦左 2人がいいねと言っています
コメント