メニュー
ゲストさん
genmai 京都リカレントステイ
しょうくさんの投稿

昨日は鎌倉散歩

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2018.2.21 9:04
2月21日(水)
 今朝窓際温度計は、9℃、湿度52%、くもり、昨日は12℃とだいぶ暖かかったから、その暖気が曇りで放射されずに残っているのだろう、昨日の朝より1℃ほど気温が高い。
 さて、昨日はなんとなく気温も上がりそうだったから、誘われていた鎌倉長谷まで一寸ぶらり、誘われていたといっても、入場券を送ってもらっていたもの、長谷寺に最近ミュージアムができて、そこの入場券を頂いていたので、鎌倉ぶらり散歩を兼ねて、出かけたわけです。

 鎌倉駅では、殆どの方は、東口へ行かれる、八幡様側ですね、西口は、江ノ電へ乗り換える人か、区役所へ行く人くらいしか降りてゆく人はいない。
 西口を出てすぐに、御成小学校、この門は、鎌倉に御用邸があった、明治のころの御用邸の門を、小学校の門にしているもの。
 このあたり、明治よりさらにさらに前、律令の時代には、鎌倉郡の郡衙があった場所なのです、そのころの名残で、市役所があるわけではないと思いますが、現在も市役所があります。
 東側の小町通に比べると、人の数はとても少ない、ほとんどが地元の方があるいているようなのが、御成あたりなのです。
 御成小学校に隣接しているような場所の、中央図書館、私がよく通った場所でそのわきを通って、長谷へ向かいました、細い裏道が最近はだいぶ整備されて、車がどうにか入れるくらいの道に変わってきていました、たしかに家を建てても家に入る道が細くては、という事で、庭を減らしても道を広げるようなことが行われているのでしょう。
 だいぶ様子が変わってしまっていますが、そこは変な勘がものを言い、吉屋信子さんのお宅をそのまま記念館にしてある前を通り、文学館を横に見て、無事に長谷へ到着。

 この前、このブログで、冬アヤメのことを書きましたが、裏道を歩いていたら、冬アヤメを玄関わきで育てておられるのを見たりしました、噂をすれば影ですね。

いつもは人が多い長谷寺ですが、昨日は朝が早かったためか、ほとんど人はおらず、入り口で招待券など見せて、石段をふうふう。

 四天王に囲まれて、露座の観音様、こちらはお庭に一部、その裏には、政治家大野伴睦さんの句碑

 岐阜羽島駅にある伴睦さんの銅像は有名ですが、俳句を詠まれるときの俳号は、同じ、バンボクですが、字が違うのだそうで,万木だそうです、「観音の慈顔尊し春の雨 万木」でしょうか、あまり知られてはいないようですが。

 たしか1~2年前でしたか、長谷寺ミュージアムができて、一度おいで下さいと誘われてはいたのですが、なかなか行く機会がなかったのですが、今回ご招待などといわれ、招待券が送られたのでお邪魔したわけです、普通は撮影禁止のようでしたが、此処だけフラッシュなしというお許しがあり、1枚だけ写させてもらいました。
 ご本尊の前立の十一面観音様と、それに従う三十三応現身像、です。丁度この時期、チベット仏教のマンダラ絵などが展示されていました、こちらのご本尊は、とても大きな十一面観音像は拝まれたことも多いことでしょう。

 ミュージアムで、ゆっくり拝見させていただき、展望台で鎌倉の海などしっかり見てから、帰路も鎌倉まで歩き、丁度良い散歩でした。
 家へ着いたらちょうど御昼、ゆっくりわが家で昼を済ませ、あとはのんびり、丁度良い鎌倉散歩の半日でした、歩数は11000歩と少し、まあ適度な運動という事でしょうね。
信々亭ほなっ日記takaたねhanatoriねこっちnobuokatsu625コキリコ百獣の弱虫 10人がいいねと言っています
コメント
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.2.21 9:48
ぎ~やんさま
 そうですね、奈良の長谷寺とはつながりはないお寺さんですね、またお寺の大きさも奈良の長谷寺さんとは比べ物にならないくらい小規模のお寺さんです、でも、坂東三十三観音の一つになってますし、花の寺としても鎌倉では、人が多くお参りされるお寺さんです。
 すぐ近くには忍性さんの、極楽寺もありますし、長谷の大仏さんも直ぐ近くです。
0人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2018.2.21 9:22
奈良の長谷寺さんとの関係は、微塵もないことであると何かで読んだことがございますが、広瀬仁紀さんの小説にも出て来て、是非訪ねてみたい地ではあります。
1人がいいねと言っています
人気記事