メニュー
ゲストさん
toshitsu 京都リカレントステイ
しょうくさんの投稿

布団・・・・ふーーん

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2018.2.24 8:27
2月24日(土)
 今朝窓際温度計は、6℃湿度62%、はれ。朝の温度計は昨日と同じ、湿度だけがやや高い。今朝の目覚めは、6:00を少し過ぎていた、外はやや明るくなってきていた、朝の太陽が昇る時間よりも、夕方の日が沈む時間の方がゆっくりになるのがよくわかる、日脚伸ぶの季語はぴったりですね。

 昨日の夕方、5時ころの夕日です、未だ夕日というよりやや傾いてきた太陽と言いたいくらいの位置です。昨日の陶芸工房では、少し変わった試み、1枚の皿なのに2枚か3枚重なったように見えるものを作って遊びました、出来上がってからのお楽しみ、もう一つ、市松模様の皿を違う土を使って作り上げる、ちょっと変わったやり方を試したりして遊んでいたら、昼を大分過ぎてしまいました。

 昨日もアップした花です、道で見かけたものですが、栽培種らしきもの、名前が出てこなかったのですが、多分、ヒメリュウキンカ、かなと思います、今年は、ミスミソウなどを見に行くことがなかったので、ちょっと寂しい思いです。

 昨日の帰り、一寸海岸近くまで足を延ばしたら、ユリカモメでしょうか、少し集まっていましたが事らやや急ぐことがあって、一寸写しただけです。
フトン、普通漢字では布団と書きますが、もともとの字は、蒲団と書くそうですね、蒲は植物のガマ、団は、丸くするという意味、蒲の枯葉などを円形に編んで作った敷物のことだといいます。
 むしろ、座布団に近いものを指していたようですね、座禅の時に使う蒲団(座蒲・ザブ)からきた言葉ではないかといわれています。
 綿が出現するまでは、床に茣蓙など敷基、衣類を何枚もかけて寝ていたといわれています。ワタが出現し、綿入れができて、厚いワタを入れた寝具が出来上がったのでしょうが、庶民はまだまだ干した草などを入れていたのではないでしょうか、やがて、ウレタンが出来たり、羊毛布団になったり、今ではかけ布団は羽毛が主流になってきたようですね。水鳥たちは、良い迷惑ですがね。

相変わらず、私の食べ分のミカン、半分は、メジロ君に供出させられ、メジロ君は大満足の様子ですまあその分写真を写すとき、すぐ逃げずに、良い被写体になってくれています。

 太陽が射し始めると、福寿草も開いてくれます、まだしばらくは楽しませてくれることでしょう、大船のフラワーセンターが、改修中なので、ミスミソウなどを見に行くのは4月になってからでしょう。
 来週は、京都までちょっと出かける予定、城南宮のしだれ梅の開花はどうか、少し気になっていますまあ、心がけ次第ですかな。
 今朝は、陶芸工房の疲れというほどでもありませんが、女子のカーリングのTVなどゆっくり眺めていたためやや寝坊状態です。
信々亭takaseiji561チーコkatsu625彦左hanatoriほなっ日記森のフーミン 9人がいいねと言っています
コメント
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.2.24 16:25
アセビストさん
 いつもありがとうございます
 やはり今年は寒さがきついのかもしれませんね。ミスミソウもまだのようですし、三浦海岸の河津桜がやっと満開のようです。
 漢字に関するあれこれを読んだりしていると、新しい発見がありますね。
1人がいいねと言っています
アセビストさん
アセビスト さんのコメント
2018.2.24 15:47
しょうくさん こんにちは。

最近文字を書かなくなったので尚更ですが、漢字を改めて見るとなかなか面白いですね。
布団と蒲団 生立ちと意味があり感心しました。

花の徐々に春の身繕いが進んで、明るくなってきましたね。隣街の公園でも、でもようやく
フクジュソウが見られるようになりました。
この公園ではミスミソウ(雪割草)はまだ芽も見えず、後10日以上は先になりそうです。
何しろまだ雪も消えないところもあって、寒さの程度が異なります。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.2.24 15:02
たぬきさん
 そちらのフクジュソウなかなかタフですね。
 こちらのフクジュソウ、どうやら暑さを乗り越えて今年も咲いてくれましたが、朝は花を閉じ、夕方も少し日が傾くとやはり花を閉じてしまいます。昼間の3~4時間しか花を開いてません。
 雪が残っていても花を開く,さすがに北の生まれのフクジュソウですね。
0人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2018.2.24 14:32
こんにちは

フクジュソウの花の写真を見たので 我が家のは どうなっているのか 今確かめてきました 
花は開いていましたが 種ができる条件の 受精は出来そうもない状態でした
軒下で 雪はあまり多くはかぶりません 
他の雑草も見えています  
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.2.24 9:37
ぎ~やんさん
 布団が無かったら、やはり寒いでしょうね、人類やはり初めは動物の毛皮あたりをかぶって寝たのでしょうね。捕まえること、その肉を食う事、毛皮を使う事、そんな順で生きてきたのでしょうね、何しろ自前の毛があまりなかったでしょうから。
0人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2018.2.24 8:43
布団が無くって、寒さに震えるプータローの夫婦が、ゴザを拾ってくるまって寝た。「ふとんの無い奴は可哀想だなあ」・・・という小噺が、1,000年前の笑話集にあったように記憶します。[画像は削除されました]
1人がいいねと言っています
人気記事