メニュー
ゲストさん
genmai 京都リカレントステイ
tshodongさんの投稿

人口減少にどう歯止めを掛けるのか・・・。

tshodongさん
tshodong さんのブログ[カテゴリ:日々是好日
2015.10.29 13:11
現在の日本の人口は約1億2700万人。

出生率が現状どおりだとすれば・・・約50年後の60年の人口は4千万人減って約8700万人となり、65歳以上の高齢者が全人口の4割を占めると推計される。

韓国では、1人の女性が一生を通じて出産する子供の平均数(合計特殊出生率)が1・21(2014年)と日本の1・42(2014年)より低い。

米オックスフォード大学の有識者が「韓国は少子化で消滅する初めての国になるだろう」と予想している。

恋愛、結婚、出産を諦めた若者たちは韓国で「三放世代」
「住居」と「人間関係」さえ放棄した「五放世代」
さらに、夢や希望まで捨てると自嘲する意味で・・・「七放世代」・・・。

出生率の上昇は、なんとも望みが薄い・・・。

なんと、2750年には韓国人がいなくなるとの政府機関の試算も出ている。

出生率の低下は、韓国も日本も同じ傾向にある。

日本でも「パラサイト・シングル」と呼ばれる親の家計に頼って暮らさざるを得ない独身者層が珍しくなくなった。


ときとして・・・高学歴社会は、出生率の低下を招き、人口減少を招く・・・。

中国も一人っ子政策が、一時、功を奏したが・・・将来の人口減少は否めない・・・。
ここでも少子高齢化が・・・急速に進んでいる。

只、唯一、人口増加に向かっているのは・・・イスラム教文化圏内と言っても・・・過言で無い・・・。

部族間闘争は、耐えないが・・・それでも人口は増加傾向にある。

近い将来・・・イスラム教世界(人口)が・・・世界を制覇するかも知れない・・・。

「一億総活躍時代」どうするの・・・安倍さん・・・!!
もっこすたろうACANGANA太十 3人がいいねと言っています
コメント
tshodongさん
tshodong さんのコメント
2015.10.30 11:14
太十 さん・・・。こんにちは。
コメントありがとうございます。

昔は、子沢山でした。生めよ増やせよ・・・の、時代がありました。

私も、6人兄弟・・・家内も7人兄弟です。
文明が・・・、発達すると・・・高学歴化し・・・少子化が出現するようですね。
安心して生活できる・・・子沢山の社会の実現が望ましいが・・・。
子育て支援のシステムの構築が・・・望まれますね。
1人がいいねと言っています
太十さん
太十 さんのコメント
2015.10.30 10:12
昔の出産は、産婆さんが取り上げて案外簡単に済んだ。

息子夫婦の時は大変で、産院の選定から出産時それから育児法など、とても神経を使って大騒ぎで、あの状態では第2子はとても無理だと思っていたが、一人っ子のままで済んでしまった。

出産に対する恐怖と言うか、そう言う教育あるいはPRも必要では無いでしょうか。(^_^)/~
1人がいいねと言っています
人気記事