メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
桃花さんの投稿

「まぼろしの新治宮」<傍証>

桃花さん
桃花 さんのブログ[カテゴリ:歴史旅
2018.3.10 6:44
「鴨大神御子神主神社」 茨城県桜川市加茂部字明神山

「新治宮」はココではないかという説があります
確かに「カモ・鴨」「別雷」とは邇邇芸尊の称え名ですが
「神主」がチト気になります
ご祭神が 主玉神 太田田根子 別雷神 です
「太田田根子」は奈良「三輪明神」(大神神社)の神主で
歴史書の編者です  それで「神主」は納得できました
残りの「主玉神」とはいったいどなたなのでしょう
「新治宮」は出雲の大黒さんの子「事代主」が造ったのですね
その功あって「オオモノヌシ」「ヲヲクヌヌシ」と呼ばれました
後に「事代主・クシヒコ」は三輪の神として祀られます
「主玉神」はまだですか? もう少しですよ(笑)
同じ桜川市に「大国玉神社」があります 「筑波伊佐々ライン」上です
ご祭神が大国主尊で 武甕槌尊 別雷尊が合祀されてます
別の記録では「大国主」が「主玉神」になってるのです
ここで武甕槌がでてきました
香取神の孫アメノコヤネが新治宮のスタッフで嫁が武甕槌の娘だからです
鹿島(武甕槌神)組の職人が多数動員されたのでしょう
日本武尊が東北遠征後に「神道」を問われ ミチノクの者5名を
「鴨大神御子神主神社」に連れてきたのです
日本武尊は景行天皇の御代 太田田根子は垂仁天皇の時代ですから
「新治宮時代」からは千年以上経ってます
「鴨大神御子神主神社」の前は田んぼで城下町ができないのです
それも「新治宮」ではない根拠なのです
次回は邇邇芸尊の伊勢までの交通路について考えます
taka彦左百獣の弱虫ぬる湯 4人がいいねと言っています
コメント