メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
☆エリダヌス☆さんの投稿

糞まみれの大腸内視鏡検査と、箱根湿生花園の山野草♪

☆エリダヌス☆さん
☆エリダヌス☆ さんのブログ[カテゴリ:花鳥風月
2018.3.15 22:02

  乙女峠からの富士山♪

えーこんばんわ。
どうも自分、やっぱりこのサイトに相応しくないや、と思い始めてます。
幸せ溢れるものや、ユーモアあふれた内容のブログやつぶやきは出来ないことが分かりましたので。

去る3月13日(火)は4年目の大腸内視鏡検査だったですが…。
この検査は、1リットルも飲まされる腸管洗浄剤が合わなくて、毎回吐いてたわけです。
今回も1リットル飲み切ったところで、トイレで吐きました。
そしたら…
下からも大洪水になり、ぱんつもGパンも糞まみれ。

マジです。
(直腸を全て切除してしまってるので、フツーの人のように便を貯める機能がなく、下剤なんか飲んだら当然…こうなるわけ?)

看護士さん呼ばなくてはならす、他の被験者の方が20人くらいいた場所で大きな声で、何があったか言わなければなりませんでした。

金輪際、この検査は受けません。
ちなみに今回、1センチ以上の大きいポリープ見つかってるので、後日内視鏡で取るとなると、また腸を空っぽにしなければならないので…お医者さんには、切除しなくていいと言うつもりです。
再発してあと数年の命でもいいのです。数年でも、時間があるなら有り難い!

まぁそんなことがあったので、強制的に気分を変える必要があり、昨日は新宿バスタから高速バスに乗って、箱根湿生花園まで出かけました。
公式サイトで、セリバオウレンやミズバショウなどが見られるとのことだったし、「ど晴天」の予報だったので、乙女峠の見事な富士山も期待して行きました。

結果は、上の画像の通りです♪
乙女峠は、裾野まで障害物なく見渡せる貴重な場所で、しかもこれほどの晴天は、なかなか巡って来ないチャンスです!
行ってよかったな~♪


  テングチョウ♪

湿生花園日入ってすぐ、今年初めての蝶に会えました♪
持って行ったレンズが、いつもの望遠マクロではなく、花マクロ用の90mm単焦点だったのでちょっと残念でしたが、何とか撮れました~(^^ゞ


  エゾエンゴサク♪


  ミズバショウ♪


  キクザキイチゲ♪


  セリバオウレン♪


  カタクリ♪

カタクリはまだやっと、1~2輪が開いたところでした。


  ミスミソウ♪


  ピンクのネコヤナギ♪


  バイカオウレン♪

数年ぶりに出会えたバイカオウレンです。
箱根湿生花園は冬季は休園で、毎年3月1日に開くので、開園間もない時期に訪れたことがなかったのです。
サイトで早春の山野草があることが分かり、今後は毎年通うことになりそうです♪

…例によってホームページにも、写真32枚のスライドショーにまとめてアップしてますので、ご用とお急ぎでなければご覧頂ければうれしいです。

YUHUA's Live in a Moment
http://yuhua.heliopause38.com/

癌は困った病気です。
でも4年前の入院当初、詳しい病状説明まで1週間ほどあり、当初はかなり深刻な進行癌としか分からなかったので、余命宣告も覚悟してました。
なので今回のポリープ放置で癌が再発したとしても、入院当初の状況よりは精神的にマシだし、今の生活をあと数年、楽しめるなら御の字です。
あんな恥ずかしい検査受けてまで、長生きしたいとは、あんまり思えない☆エリダヌス☆なのです。
織田 照六八katsu625 ☼コロ☼みけjuntakaseiji561信々亭かりん 12人がいいねと言っています
コメント
☆エリダヌス☆さん
2018.3.16 10:48
Mさん
コメントありがとうございます。

>本当に、植物に詳しい…
もともとオタクなので、ハマるととことん知りたくなってしまうのです。(^^ゞ
でも奥が深い世界なので、所詮シロウトだな~と思い知らされてます。
0人がいいねと言っています
☆エリダヌス☆さん
2018.3.16 10:45
nobuoさん
コメントありがとうございます。

>まとめは確かに自分自身
ですね~。
まぁ即決も良くないし、心境の変化待ちですが…
正直吐くのは毎回だし、便失禁も自分でコントロール出来ることではないので…トラウマになってしまい、時間がかかると思います。

>健康であっても 明日は誰にも 分かりませんし。
おっしゃる通りですが、とりあえず今、健康であれば御の字だと思います♪
1人がいいねと言っています
☆エリダヌス☆さん
2018.3.16 10:39
takaさん
コメントありがとうございます。

>その上で幸せやユーモアを書いていると言うのが実際のところ…
修行が足りないので、まだその境地に立てないですし、たぶん永遠に到達出来そうもないので、やっぱり相応しくないと思います。
0人がいいねと言っています
☆エリダヌス☆さん
2018.3.16 10:35
みけさん
コメントありがとうございます。
とりあえず年内には、内視鏡検査受けたくないので、医者にはそう伝えようと思います。
まぁ切除は早い方がいいとか何とか、言われると思いますが。

他に同じような事態になってる被験者はいなかったので、どうしても検査受けさせたいならハンデをつけろ、と言いたいです。
( ̄∇ ̄*)ゞ
1人がいいねと言っています
☆エリダヌス☆さん
2018.3.16 10:25
コロさん
再びありがとうございます。

>40年も前ですが、私たち、洗腸で、綺麗にしていました。
そうですね~、腸管洗浄剤なるモノが登場したのって、たぶん20年くらい前?
米国で大腸がんの死亡率が高くなったあたりからだと思われます。
浣腸できれいにする方法は、伝わってないのかも知れないですね~(^^ゞ
1人がいいねと言っています
Mさん
M さんのコメント
2018.3.16 8:45
本当に、植物に詳しいんですね。
僕はなにも知らない。


これから、温かいいい季節になりますから、また出掛けられるといいですね。
1人がいいねと言っています
nobuoさん
nobuo さんのコメント
2018.3.16 4:54
まあね・・・何事も いろんな指導 教え まとめは確かに自分自身

今までに 後悔もあれば 進歩もある 

貴女がそうすると決めたなら nobuoは何もいう事はありませんが

これからの人生設計を 楽しいものにして過ごしてください
健康であっても 明日は誰にも 分かりませんし。 
1人がいいねと言っています
takaさん
taka さんのコメント
2018.3.16 3:31
☆エリダヌス☆さん
おはようございます。

いつも読ませて頂いております。

貴女がこのサイトに相応しくないなどと言うことはありませんよ。

他の皆さんも、いろいろな思いがあっても、その上で幸せやユーモアを書いていると言うのが実際のところだと思います。

ですから今のままで良いと思いますよ。
あとは読む人が、それなりに解釈してくれますよ。
2人がいいねと言っています
みけさん
みけ さんのコメント
2018.3.16 0:58
☆エリダヌス☆さん
こんばんは

大変な思いされましたね
それに比べ、片腕の骨折程度で悩んでる自分が情けなく思えました

でも、一つだけ言えることは、命を大事にして頂きたいという事です
仰ってる様に、ショックな出来事で、たまたま自暴自棄的になっておられるのかもしれませんが・・・

写真、どれも綺麗ですね♪
春の花たちが咲き始め、気分も↑↑にして行きたいと思いました!
2人がいいねと言っています
 ☼コロ☼さん
☼コロ☼ さんのコメント
2018.3.16 0:48
☆エリダヌス☆さん、
40年も前ですが、私たち、洗腸で、綺麗にしていました。
ただ手間が掛かります。最低3-4回は腸を洗わないと水のようなきれいな便になりません。
きれいになったのを確認して検査室にお連れしました。腸の奥の方までカメラで覗いてきれいな画像を見ることができました。
患者さんも負担は軽かったと思います。
1人がいいねと言っています
☆エリダヌス☆さん
2018.3.15 23:52
コロさん
コメントありがとうございます。

>普通の人と同じ前処置をされたのがいけなかったと…
>気をつけて洗腸してもらえば…
う~ん、実はですね~、浣腸だと腸の肛門に近い部分しかキレイに出来ないそうです。
なので全体をきれいにするには、今のところ腸管洗浄剤(下剤)を飲むしか、方法がないとのこと。
(入院中にも一度内視鏡検査やっていて、その時も吐いたので看護士さんに飲みたくないので浣腸にしてほしいと言ったら、上記のように言われました)

現実はなかなかキビシイです。
年に1回ならまだしも、大きいポリープ見つかるたびに、切除のために下剤飲まされることになるので…。
人生1度しかないし、アホな検査で時間を無駄にしたくないのです。(^^ゞ
1人がいいねと言っています
☆エリダヌス☆さん
2018.3.15 23:34
六八さん
コメントありがとうございます。
湿生花園はヒマラヤの青いケシに会いに、一昨年くらいまでけっこう頻繁に出かけてました。
去年は北海道の天候不順で種が仕入れられず、青いケシがなかったのでしばらくご無沙汰でして~(^^ゞ

ケシのシーズン以外では、9月頃に1度訪れたことがあり、アキノウナギツカミやミゾソバなどに会いました。
今年は5月にも、ケシの花に会いに行きたいと思ってます♪
0人がいいねと言っています
☆エリダヌス☆さん
2018.3.15 23:26
ふぐのひれ酒さん
コメントありがとうございます。
う~んそうですね~、今回組織の採取はしていないので、良性か悪性かは。切除してみないと分からないのです。
たぶんお医者さんは、どっちにしても切除前提なので組織を取らなかったと思います。

経験されないと分からないかと思いますが、糞まみれは二度とゴメンです~。
まぁ時間がたてば心境変化の可能性ありますが、今のとこポリープレベルなので、悪性だったとしても癌になるまで数年はあります。
なのでとりあえず心境が変化するまで、検査はお休みして放っといてもいいんじゃないかな~ってコトです。
心境変化が遅くて手遅れになったとしても、自己責任ってコトで♪
一度は数か月の余命宣告覚悟したし、結婚してないから家族もないし、そこまで頑張る必要ないかと…?
1人がいいねと言っています
☆エリダヌス☆さん
2018.3.15 23:08
織田照さん
コメントありがとうございます。
湿生花園、これまで、有名な青いケシの咲く時期(5~6月頃)に何度か訪れてますが、3月は初めてでした。
高速バスの停留所が徒歩7~8分のところで、新宿バスタから乗り換えナシで行けるので、すごく便利です♪
0人がいいねと言っています
 ☼コロ☼さん
☼コロ☼ さんのコメント
2018.3.15 23:04
☆エリダヌス☆さん、大変でしたね。
普通の人と同じ前処置をされたのがいけなかったと思います。
そのことを医師も反省すべき。
気をつけて洗腸してもらえば、吐き気や下痢にはならないのではないかと思います。
命を大事にしてください。
私の切なる希望です。
3人がいいねと言っています
六八さん
六八 さんのコメント
2018.3.15 22:51
去年の閉園前の日に湿生花園に行きました
 仙石原を背景にススキの穂が風に揺れまてます
 今年も開園と共に新しい花々が咲き始めたのですね

 富士山も最高のお出迎えでしたね
 お花を愛でる日々が良いですね
 私は青春時代の思い出を探しに西丹沢で富士山とご対面でした

 私が合いたかったのはユウシンブルー最高の条件でした


 
 
2人がいいねと言っています
ふぐのひれ酒さん
2018.3.15 22:50
人間の尊厳を大事にしたいというお気持ちが伝わって来て、コメントをするのは逡巡されるのですが、
仮に直腸癌だったとしても、消化器のそれで命を落とすようなことは殆どないと言うのが私の持論です。詳しくは書けないのですが、これは父と私自身の経験からそう思います。
確かに直腸を切ってしまっているので、検査も大変なことは理解できましたが、手をつくしてこそ
人間の尊厳を守ることではないでしょうか?
検査結果が出ていないのに悟りの心境になる必要はないと思います。
そういえば正岡子規も似たようなとても意味深い言葉を残していますよ。
「私は今まで悟りというものを誤解していた。
   悟りというのは、いかなる場合でも平気で死ぬことかと思っていたが、
   それは間違いだった。悟りとは、いかなる場合でも平気で生きることであった」
大変でしょうが、生き抜くことを選択して頑張ってくださいね。 (乞許)
3人がいいねと言っています
織田 照さん
織田 照 さんのコメント
2018.3.15 22:23
いいねを押しましたが、、なんと申し上げて良いやら。。
でも、お花、綺麗で可愛いです♪
ありがとうございます!
2人がいいねと言っています