メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
ぬる湯さんの投稿

九州への旅第十一章(伊都国にて)

ぬる湯さん
ぬる湯 さんのブログ[カテゴリ:
2018.4.2 4:50
唐津を発ち
今回の旅の最終目的地
伊都国に向かう。

途中で素晴らしい菜の花畑発見で
寄り道。
そこは「福ふくの里」。
菜の花の黄色とピンクのカワヅザクラのコラボを楽しみ
伊都国歴史博物館に向かう。

館内見学で国宝の内行花文鏡と甕棺を見る。
その大きさに驚く。

続いて平原遺跡に向かう。
弥生時代の古墳と言われる1号墳は
その時代の方形周溝墓の中でも目立つ存在であった。
ここからあの内行花文鏡を含む大量の鏡や環頭太刀、勾玉が発掘された。
そのためこれが卑弥呼の墓であり
また天皇家の祖先に関係する遺跡であるとの説もある。

最期に志登支石墓(ドルメン)に行き
その日の宿泊地、道の駅「宗像」に向かった。
天天seiji561takaほなっ日記コキリコ信々亭彦左ラベンダーran03ジミン 15人がいいねと言っています
コメント
ぬる湯さん
ぬる湯 さんのコメント
2018.4.3 0:55
一の糸さん

伊都国歴史博物館所蔵の鏡
とても立派な鏡でした。
金印は奴国ですから
福岡市ですね~(^^♪
0人がいいねと言っています
一の糸さん
一の糸 さんのコメント
2018.4.2 22:28
伊都国歴史博物館が出来てから行っていません。
立派な物ができていますね。
「伊都」の現地表記は「怡土」なのですね。
この大鏡は別の場所で見ました。
この「大鏡」と福岡市が所蔵する「金印」は貴重な考古学の現物資料ですね。
1人がいいねと言っています
ぬる湯さん
ぬる湯 さんのコメント
2018.4.2 7:50
seijiさん

魏志倭人伝の伊都国
ぜひ行ってみたい所でした。
今回初めて行きました。
1人がいいねと言っています
seiji561さん
seiji561 さんのコメント
2018.4.2 5:45
平原遺跡ですか?
埋蔵物の多さびっくりですね。
なぞが大きいですね。
1人がいいねと言っています
人気記事