メニュー
ゲストさん
genmai 京都リカレントステイ
しょうくさんの投稿

やはり私おくれてる

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2018.4.24 7:47
4月24日(火)
 今朝窓際温度計は、18℃、湿度62%、くもり。ハッキリしない空、同じようにはっきりしない事は数多い、昨日午後、3時過ぎ、インターネット上に横須賀4万世帯、三浦市2万6千世帯ほどが停電、そんなニュースがのり、さて、その後どうなったやらと思って気にはしながら、夜を迎えてしまった。葉山町の一部も停電だったようで、甥が住んでいるところも、停電区域、気になりながら、そのうち夜を迎えて、うっかりしてしまい、今朝になってしまった、朝刊を開いてみたが、地方版のところにもそんなニュースは、はや、オールドなのか一向に載っていない。もうはや今朝になると、そんな昨日のことなど、ニュースではなく、オールドになってしまったのかもしれない。

 昨日の、歴月の名の橋の写真、どうも気に入らなくて、作り直してみました、またか、と思われそうですが、今度話などするときの材料用に、作り直しました。
 区役所に橋の名づけの由来を聞いてみましたが、どうも其方は、土木事務所の所管でとかいう話で、土木事務所の方は、そんな古い記録はすぐ出てこないし、また、担当はすっかり変わってしまってますから、何かお急ぎの用ですか、と言われると、暇な老人の気まぐれ話は、遠慮せざるを得ない。

うらブラしていると、花だけはきれいな姿を見せてくれている。さて、今日は4月24日、435年も前のこと、北荘の城で、柴田勝家が城に火を放って自害、奥方の、お市の方も自害されている。
 浅井長政と、お市の方との間の娘三人は助け出され、それぞれ数奇な生涯を送ることになる。さて、話変わり、今朝の新聞で、弘前の桜が真っ盛りの様子、懐かしいです、たしかに今年の桜、私が青森に住んでいたころより、1週間くらい早くなっているように感じましたね。

 ベニバナユウゲショウ、中々色っぽい名前ですが、結構タフで、道端のコンクリートの割れ目などでしっかり生きています、これから花の時期も長く、かれんな姿に似ず、タフに生きています、どうやら、この花と、ナガミヒナゲシと、ヒルサキツキミソウ、この三姉妹は、排気ガスが強くても、舗装路の小さな割れ目などでも、結構タフに生きて行ってますね。
 ぶらり散歩をしていると、必ずこの三種類の美女にはどこかで会えるような気がします、今度は、揃い踏みをさせてみましょう。
ほなっ日記信々亭涼音セキサン2アカシアふぐのひれ酒 たぬきhanatori呑兵衛katsu625 11人がいいねと言っています
コメント
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.4.24 16:03
アセビストさん
 こんにちは、今年はどうしたわけか、蝶にあまり出会いません。
 ひらひらゆらゆらす,影が見えても直ぐ何処かへ飛び去ってしまいます。
 どうやら今夜からは雨のようですね。
0人がいいねと言っています
アセビストさん
アセビスト さんのコメント
2018.4.24 15:50
しょうくさん こんにちは。

今週は先週とはかなり変化して気温も下がり、曇り・雨の連なる空模様のようですね。
道端の野草が次々と追立てられるように咲き競い、暑さの夏を呼込んでいるように見えます。
頭上には藤が綺麗に咲いて微かな香りを漂わせ、足下には色々な花が咲き競う、一番良い
季節でしょうね。蝶々も種類が増えてきました。今年はシロチョウの中にツマキチョウなる
蝶が結構姿を見せて、3-4月限定発生と言われる蝶のようですが楽しめます。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.4.24 12:19
たぬきさん
 そちらと気温の差、10℃は確かにありますね。
 もうこちらの花たちどんどん咲いてますし、今朝気がついたら、夏茱萸に実がついてました。
0人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2018.4.24 10:21
しょうく さん
お早うございます

矢張り 気温差が 10度ですね 
それだけの違いが 毎日のブログの写真でわかりますね 
此方では これだけの花は気温が低いので咲いていません 
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.4.24 9:54
ぎ~やんさま
 賤ケ岳、頑張られたのですね。
 長浜、余呉、鶏足寺、向源寺(渡岸寺)あのあたり歩いたのは5年くらい前でしたっけ。
 
0人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2018.4.24 8:42
あざい三姉妹のことが話題になってた大河ドラマを追いかけ、京都三条から歩いて制覇しようと試みたんですが、結局2年かかって賤ケ岳へ.そののちグルリ一周を済ませたのが、三条大橋を渡って四年後のことでした。あんな急な坂道を甲冑を点け槍・刀を持っての戦は、今の若者には無理というものです。[画像は削除されました]
1人がいいねと言っています
人気記事