メニュー
ゲストさん
genmai 京都リカレントステイ
しょうくさんの投稿

てふてふ???

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2018.4.25 7:48
4月25日(水)
 今朝窓際温度計は、20℃、湿度65%、雨。九州などはだいぶ強い雨が降った様子だが、こちらの雨は昨夜半少し雨音が聞こえたかなというくらいだったが、今の降り方はそれほど強くはない。
 さて、本日の表題9「てふてふ」これを、蝶々と読まれた方は、昭和一ケタ以前生まれか、日本語の旧仮名遣いになれた、俳句をものする方、或いは、国語の大家でしょう。
 小学校に上がって、仮名遣いの中で、やはり結構参ったのが、てふてふでした、蝶々片仮名だったらチョウチョウ。
わが家のにはへは、今年は蝶が、まだあまり訪れてくれていない。時々影を見るがそのまま何処かへ飛び去ってしまう。

 話しは蝶から花へ変わります、道端でも見かける花ですが、中々派手な花です、ヒルザキツキミソウ。夕方だけでなく昼間からピンクの花が開いています、栽培されていたものでしょうが、いつしか街路樹の植え込みなどに居座って、相当長い間ピンクの花が見られます。

 もう一つ、道路の舗装の隙間などで、結構タフに花を咲かせている、同じようにピンクの花ですね。ベニバナユウゲショウ、これも結構タフで、乾いた舗装路のわずかな隙間などでしっかり花をつけていますし、8~9月頃になっても花が見られますね。

 さて、もう一つ、この時季になると、中々派手な姿で、街路樹の植え込みなどで、ユラリ揺れたりする花、ナガミヒナゲシ、これも色合いが派手ですし、なかなかタフで、条件の良い場所では、写真い写したような大きめの花ですが、コンクリートの割れ目などでは、小さな小さな花をつけて、タフに生きています。
 私はこの時期、この三つの花を、街路の三美人と、ひそかに名付けています。おそらくはどこかで栽培されていたものが、規制の多い?ところからひそかに逃げ出して、日当たりの良い場所などでどんどん増えてきているのでしょう。
 話を変えます,蝶よ花よという事で、花へ話が飛びましたが、テフテフ、の蝶、津軽弁ではなんと優雅に「てこな」と言います、それが、沖縄へ行くと「はびる」または「はべる」南と北ではすごく違うなという一つの代表例ではないでしょうか。
 津軽の、テコナ、は、多分万葉のころの真間の手児奈から来たのか、古日本語では、蝶のことをテコナといったのが残っているのか、そこらへんはよくわかりません。

 昨日道を歩いて、道路端の美女?を写したりしてたら、こちらも忘れちゃ困ると、ムラサキハナナの残りが、此方を向いていました、もうコネもそろそろ終わりに近い花ですし、やはり道端や川のふちなどを、紫に染めてくれる花の一つですね。
 蝶の古い言い方というか、津軽弁の話を書いていたら、トンボのことも津軽弁では「ダンブリ」という事を思い出しました、こちらの方は、万葉集にはどうも見つかりませんが、やはり古い日本語の名残なのでしょうか。

道端の美人といっていたら、これも道端で私のことを忘れちゃだめですよ、と言いたいように風に揺れていました、シオンではなく、ハルジオン、でしょうね、これも先ほどの三美人のようにどこかで栽培されていたものが、自由を求めて進出してきたものでしょうね。

 こういってぶらぶら歩きをしていたら、私も忘れないでね、というように、黄色の金鵄勲章?とでも言いたいくらい、まあこれからは道端にいろいろ咲いてくれて、乾ききったような舗装路にいろいろ彩りを添えてくれますね。
百獣の弱虫信々亭あんちゃんほなっ日記 たぬきhanatoriセキサン2涼音ふぐのひれ酒katsu625 14人がいいねと言っています
コメント
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.4.25 11:10
たぬきさん
 いつもありがとうございます
 書かなかったですね、言われる通り、ブタナです、ちょっとかわいそうな名前ですよね。
 そんな風に思ったら、ブタが怒るかな。
0人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2018.4.25 10:47
しょうく さん
お早うございます

歩いていてい 道端 足もとで見られる花は 北海道とは 種類が違いますね 
当たり前のことでしょうね 
気温が違うのですから。
最後の 黄色い花 タンポポではないですね ブタナのようですが 違うのかなー
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.4.25 9:07
ぎ~やんさま
 恋すてふ、俳句でも、○○テフという使い方がありますが、俳句始めた当初は、テフテフを知っていてもなんだか違和感がありました。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.4.25 9:05
星うさぎさん
 いつもありがとうございます。
 道端の花もよく見るとなかなかのものです。
 思いがけぬところで出会う小さな花、これこそ本当の花ですね。
0人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2018.4.25 8:36
坊主メクリの読み札に「恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり・・・」に出会った時、何が何だか分からなかったのを想い出しました。
1人がいいねと言っています
人気記事