メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
とんとんさんの投稿

姉の猫の話し

とんとんさん
2018.5.7 14:18
姉の家にはもともと1匹猫がいた
それは、私がミニコミ誌を見てもらいに行った猫
ネズミが出るから、という理由

マリコと名前を付けるのは、父のババからの習慣のような^^
マリコは良くネズミを捕ったと報告が来た
さすがは茨城の猫だなんてどういう意味だか
白いところが多い三毛猫でそりゃあもう可愛がられて

それから外猫だったクロが家の中に入った
大きな黒いトラ猫で可愛い顔で父のお気に入りになった

このクロは獣医さんで言われた、牙が削ってあるって
どうしてそんなことをするのか、獣医さんが怒っていたという
かみ癖があったのかもしれない、家でもよくかんだから
だからといって、牙を削るなんて、こういうことをされた猫を見たことがないと、獣医さんが怒ったって

それから、コンが加わった
毎回この子はどうやって家の子になったのかと聞くのだけれど、すぐ忘れる^^;姉が呆れたように言うので、もう聞かない^^;

キツネのように黄色い猫、尻尾が長くてとても綺麗
でも怖がりで私に慣れるのに何年かかったことか
いつも隠れてしまうのに、このところでやっと出てくるようになった
10キロは超えていると言ったんじゃなかったか、いつもダイエット食を食べさせられている

獣医さんの所に行ったとき、張り紙に2匹の大人猫を飼って欲しいとあったようで
引き取りに行った
1匹でも良いというので1匹引き取ったら、1晩中鳴かれたという、きっと、もう1匹を恋しがって鳴いているんだと,翌日すぐにもう1匹引き取りに行ったら
ピタリと泣き止んで仲良く居たって
人間の勝手で引き離されて可哀相だったと、姉が言う

私はこの猫たちを見て、初めて猫の長毛種というのを知った、今まで当たり前みたいに普通に短い毛の猫しか知らなかった

長毛種のマリコとテルという名前はどこからきたのかわからない^^;
大マリと、マリとを分けていたから、このときにはまだマリコがいたのか、それとも、マリコが亡くなったから、2匹を引き取ったのか、私も覚えていない

気位の高いマリコだったから、他の猫と戯れたとか言う話を聞かなかったような気がする

マリコはまだ6,7歳で逝ったと聞いた
母が、マリコがよく食べるからとカニ缶とご飯を混ぜたのを食べさせていたから、塩分の取り過ぎだと、姉が言ってたけど

テルは男猫で、マリにとても良く尽くしたという
少し離れていても、マリコが泣くと飛んでいって舐める
段々弱って動けなくなっても、じっとそばに居たと言う

そんな所に、長いこと家の玄関前の段ボールハウスに通ってきていた猫が自分で家に入ったという

ハナという
自分でその気になって入ったとはいえ、警戒心が強く、気を許すこともなかったって

仲の良いテルとマリの間に、割り込むようにハナが入っていったとき、怒られたらどうしようと、姉は心配しながら見ていたら
ハナは、テルとマリ両方から舐めて貰ったのを見て、テルとマリを引き取って良かったと思ったって

マリの元気がなくなり、元々の年寄り猫だったんだからと、私も姉に言いながら
高い所に登ることも出来なくなって、でも登りたくて

猫のためにふすまを外した押し入れの上の段に巣のように寝る場があって
そこに行きたがるマリのために段ボールを幾つも買ってきて階段を作った、滑らないように、滑り止めを貼り付けて

段ボールを買った宅配便の人は、集荷はいつになりますか?と聞いたそうだけど、階段に使われるとは思わなかったのかもね

マリコが亡くなったらテルはどんなに悲しがるかと心配をしながら
どうしようもなく、マリコが逝って
半分に切った段ボールに、取って置いた花柄の包装紙を貼り付けて
庭に丁度咲いていた、ジュンベリーの花で飾って
テルにも見せて、葬儀屋さんに引き取りに来て貰ったという

テルは思ったほど泣かなかったし、探し回ったりもしなかった、解ってるんだよね・・・

ハナは何年もの外暮らしで姉にはとうとうなつかない感じだったけれど
唇におできが出来て膿んできたのを触らせてくれない
その時、テルが、その傷を舐めてやるのを見たとき、姉は、テルがまるで看護師さんのようにしてくれると感動していた
ハナもテルが舐めるのはおとなしくしていたって

猫の舌がどうなっているのか解らないけど、きっと美味しいという舌ではないはずなのだから

ハナもマリコの後数週間で亡くなった

役目を果たしたように茶色い長毛種のテルが逝った

去年の2ヶ月の間に3匹の猫を見送った姉が泣きながら言ってた、良い飼い主になれなくて、可哀相なことばかりだった

外に居た猫たちが姉の家で良い飼い主じゃないはずがない
家に入ってきた猫も引き取りに行った猫も、1度も外に出ようとしなかった
外はどれほど過酷なところだったのかと

トイレの掃除で1日が終わるような4ヶ所のトイレを順番に掃除しているような1日だった

人間のトイレで用を足して流す猫がいるのに、それだったらラクチンなのにと、姉に言ったら

猫のウンチやおしっこがどういう状態か見なくちゃいけないのに、水洗トイレで流したら解らなくて困るって
ありゃりゃん、そうか・・・

大きなカレンダーには便秘する猫のウンチの日も書いてある

トイレに追われることもなくなって、2匹はのんびり居る
でも、毎日ブラッシングをして欲しいと寄ってくるコンに付き合い
クロに甘えられてそれなりに忙しいらしい

今、赤ちゃんのような猫を引き取ることは出来ないけど
大人、もう年寄りの猫だったから引き取ったという

動物は死なれるのが辛いからイヤだという人が多いけど、死なれることに慣れてるわけじゃないし、悲しいし、辛いけど
この子達が毎日生きる方がもっと過酷で辛い
この子を残して逝くことがないようにともう少し頑張らなくちゃって思う・・・と姉が言う

獣医さんに行かなくちゃならないときは、タクシーに乗るのだけれど
家の前で乗り降りすると、近所の人に猫のためにタクシーに乗ってると思われるのがイヤだという

姉は、若いときも、今も、自分のためにタクシーに乗ることなどなかった車に乗るのキライだったし、私が乗っていくようにと言っても、電車で行くような人だったから

私より5つ年上なのだから、私のようにデブではなくても、もうあちこちしんどい

クロとコンのために頑張らなくちゃって

猫のことを書いた本を買ったり、家に猫のことが溢れている
みんな猫飼えば良いのに、あんなに愛らしい動物は居ないっていつも言ってる
ほなっ日記ねこっちねこ六八nobuoサムライウーマンcosi cosiコキリコりょうM 10人がいいねと言っています
コメント
とんとんさん
とんとん さんのコメント
2018.5.8 21:09
★Mさん^^
コメントありがとうございます^^
そうですね、単純に計算しても、猫は5,6キロ
8倍したら40キロから48キロ(私はもっとずっと多いですが^^;)
そしたら普通のご飯食べたらアウトですよね
今はキャットフードだけ食べさせることが定着してきたから、20歳までいけるんですね^^
町に獣医さんもすごく多いです^^
0人がいいねと言っています
Mさん
M さんのコメント
2018.5.8 8:47
我が家も昔は、6匹の猫を飼っていました。

その時獣医に言われたこと。

「猫や犬の食事は、人間の8分の1程度の塩分にしないと、腎臓や肝臓を傷めて、長生きできない」というものでした。

最近の犬猫が、15~20年も生きられるようになったのは、獣医学の進歩と、進化した、ペットフードのお陰なんだそうです。
1人がいいねと言っています
とんとんさん
とんとん さんのコメント
2018.5.7 20:36
★サムライウーマンさん^^
はい、猫は可愛いですよね~^^
丸い背中も、丸い手の先も、人を癒やすように出来ているのかもしれませんね^^
どこの猫も可愛いけど、でも家の猫が一番可愛いのですが^^
0人がいいねと言っています
とんとんさん
とんとん さんのコメント
2018.5.7 20:34
★星うさぎさん^^
ただ並べて書いただけのことに、嬉しいコメントありがとうございます^^
猫に生きてる長姉は、良い人なのですが、廻りに良い人と思って貰いにくいようで^^;
自分は食べなくても、猫のためにと頑張っています^^
1人がいいねと言っています
とんとんさん
とんとん さんのコメント
2018.5.7 20:32
★nobuoさん^^
そうなんです、猫の性格ってほんとに違うんですよね^^
うちの子もみんな性格が違います^^それがまたおもしろいですが
nobuoさんの猫ちゃんも長命だったんですね、みんな偉いなあ^^

猫や動物のことは大好きだけど、自分が人間であることもイヤだと言うほど、人間が嫌いです
地球は人間のものじゃないといつも言っています
変わり者って言われて、ずっと一人で居ます^^;
両親が亡くなって一人で居るので、時々はご機嫌伺いに、電話はこの頃減って1週間に2,3回になりました^^
1人がいいねと言っています
とんとんさん
とんとん さんのコメント
2018.5.7 20:27
★ねこっちさん^^
似ている話が有りましたか^^
きっと思いはみんな似ていますよね^^
私も姉の真似は出来ませんが、昔から何でも一人で決める人だったし、扱いにくいという姉で、ゆえに生涯独身でした^^
人間は好きじゃない、猫が好きと言う人です^^
1人がいいねと言っています
とんとんさん
とんとん さんのコメント
2018.5.7 20:25
★ねこさん^^
私も私だけの猫がいました、子どもの時、一緒に寝てくれて
でも私が寝ると、スーと出て行ったとか、寝かしつけてくれてたらしいです
今の猫たちは一緒に寝てくれません、冬も寒いのに
猫用こたつに寝てましたが^^
ねこ、いいですよね、ねこさん^^
1人がいいねと言っています
とんとんさん
とんとん さんのコメント
2018.5.7 20:23
★きぃたんさん^^
そうですか、良いですね~^^
私も子どもの頃から、祖母の家にウサギが居て、あとは猫と犬でしたが、アヒルを飼いたかったのに夢で終わりました
アヒル、可愛いですね~いいなあ^^
猫は今は20年生きる時代ですから、飼えるかどうか自分の年齢も考えないと、猫を残しては逝けませんから
0人がいいねと言っています
サムライウーマンさん
2018.5.7 18:06
私も、そう思います。^_^
可愛いですよね〜
1人がいいねと言っています
星うさぎさん
星うさぎ さんのコメント
2018.5.7 17:17
とんとん さんこんにちは〜♫

猫のお話たくさん聞かせて貰い心が和みました❣️

優しくて愛の溢れたお話・・お姉さまのお人柄が伝わってきます(*゚∀゚*)

なんか・・私自身凄く満たされました♪

とんとんさんの ありのままの文章にも正直さが一杯❗️

ステキなお話をありがとうございます♪( ´▽`)
3人がいいねと言っています
nobuoさん
nobuo さんのコメント
2018.5.7 16:24
昔の家は ぼろ屋でネズミと共存してた ただ人間のものを 横取り

猫は 重宝した(物でないって・・・)何時しか ネズミ居なくなった

子猫が生まれて その中の二匹貰って来た 一匹は人間に対して決して爪を立てない
噛みつきもしない もう一匹は其の正反対・・・同じく生まれたのに こんなにも性格ちがう

其々に 15年21年の生涯であったが 可愛かった 癒された

それだけ 動物愛に 長けているととんとんさんの姉は・・・nobuoは 思うけど・・・な。
2人がいいねと言っています
ねこっちさん
ねこっち さんのコメント
2018.5.7 16:22
 昔、若かった頃に椎名誠さんが大好きで単行本が出るたびに買ってたねこっち。
其の著書の中に「犬の系譜」と云うのが有りました。犬好きな椎名さんの犬飼いの歴史が。

ねこっちも先日写真の整理をしながらやっぱり歴代の飼い猫の写真は捨てられず・・・名前も忘れてる猫でも顔付きや毛色は覚えて居ますね~。

ねこっち、多過ぎて文章には出来ないかも(;^_^A。
少し似て居るところも有る様な気が・・・失礼な事言っちゃって御免なさい。<(_ _)>

とんとんさんのお姉さんは優しくて強さも有る・・・ねこっちは優しいだけで意気地なし(;^_^A。
2人がいいねと言っています
ねこさん
ねこ さんのコメント
2018.5.7 15:25
こんにちは~♪

ねこのお話~

ありがとうでヤンス~♪

昔、夜ねこの処に入ってきて

一緒に眠ったのを想う~~=^_^=
2人がいいねと言っています
きぃたんさん
きぃたん さんのコメント
2018.5.7 15:14
うちの妹が飼ってた猫は2匹で両方とも
30年近く生きてた
妹の都合で何ヶ月が私が飼ったが
餌の時は毎回私の足の周りを8の字に周ってた。

犬、猫、鴨、アヒル、ウサギ
犬だけで何十匹も飼ったから
何を飼ったか思い出せない
1人がいいねと言っています