メニュー
ゲストさん
Mさんの投稿

若き美女との一夜

Mさん
M さんのブログ
2018.5.19 21:39
以前のことですが、ある女性からメールがきました。

「ご無沙汰しています。 お蔭様で、無事出産しました。 2980グラムの男の子でした・・・」

まっ、こんな内容でしたが・・・



オレは以前、他のSNSで、釣りのコミュの管理人をしておりました。

一時は200名以上のメンバーがいて、時折、船をチャーターしてのオフ会などをしたり、飲み会なども頻繁にしていたのです。

そんな時、ある女性からオレにメールが届きました。


「私は、まったく釣りというものをしたことがありません。
が、ものすごく興味があり、一度、釣りというものをしてみたいのです」

こんな内容でしたが、ちょうど、その数週間後に、初心者を集めての釣りのオフ会企画があったので、その女性も誘うことにしました。

平均年齢の高いコミュでしたので、その日のオフ会の参加者の中では、彼女は最年少で、当時、27歳くらいだったと記憶しています。

とにかく可愛くて、みんなのアイドルのような存在となり、その後の飲み会などでも、彼女はモテモテ状態でした。


数ヵ月後、オレがブログ上で、

「明後日は、アカムツ(ノドグロ)釣りに行ってきます!」と書き込むと、彼女から再びメールが来ました。

「私、アカムツって釣ったことがなくて、憧れの魚なんです。 ご迷惑でなければ、一緒に連れて行ってもらえないでしょうか」という内容。


しかし、アカムツという魚の釣りは、出船する港が遠い上、出船時間も早いので、車のない彼女が始発の電車に乗って来ても、釣り船の出船時間には間に合いません。

釣りに行くためには、前夜からオレと合流し、車の中で一夜を明かすしか方法がないのです・・・

結果、「ご迷惑でなければ、前の夜に合流しますので、連れて行ってください」と言ってきた。


ご迷惑ではない・・・
~~;


しかし、釣りに行くのはオレ一人なのだから、

「車で一夜を明かすってことは、オレとキミと、車の中で二人だけになるんだよ」、と彼女にメールすると、

「はい、覚悟しています・・・」との返事が来た。



覚悟・・・・・


大変なことになった・・・

まずは、車の掃除から始まった・・・

オレの釣り用のワンボックス車は、仕事と釣りの兼用車だから、汚いし臭い!


しかし、若い女性と一緒に寝るんだから、ラブホの一室と同じ!
とにかく、朝から懸命に大掃除をした・・・



釣りの当日になった。

「釣り乞食」なんて揶揄される言葉があるくらい、釣りというものは汚れるので、いつもは最初から綺麗な服などは着ないのだが、若い女性と釣りに行くとなると、そうはいかん・・・


普段とは違う、カラフルな服を用意し、お風呂で入念に、アッチコッチこまめに洗ってから、下着にまで気を遣って、合流場所に向かった・・・



仕事が終わってから、終電に乗って待ち合せの駅に現われた彼女を見て、オレは驚いた・・・


胸のふくらみを誇張するかのようなスポーツシャツに、ミニスカート・・・
長靴代わりの、ベネトンのブーツ・・・


アッ、アイドルか!?


「ミッ、ミニスカートって、それで釣りをするの!?」とオレが訊くと、

「着替えは持ってきています」、と彼女・・・
(どっ、どこで着替える・・・)
!◎◎!;


この時点で、明日の釣りのことは、ほとんどオレにとってはどうでもよいことになってしまった・・・



釣りをする港へ向かう車中は、オレのお気に入りのCDを流していたが、彼女は終始無言だった・・・
(これから始まる、乱れ咲きの己を想って、声が出ないのであろうか・・・)


港へ到着した。


これから出船までの5時間、この港で、この車内で、二人っきりで過ごすのである。


二人に与えられたスペースは、ワンボックス車の後部座席を倒した、ベッド状のシートだけ・・・


「あっ、着替えるんだったよね。 ちょっと出ているから、着替えな!」とオレが言うと、

「はい、ありがとうございます」といって、着替え始めたのはいいのだけれど、港の水銀灯が、煌々とオレの車を照らすので、車中が怪しく見え隠れしている・・・


限界・・・


車に戻ったら、オレ,「良い子」でいられる自信がない・・・


釣り竿よりも、もっと立派になっちまった、オレの「釣り竿」・・・
(恥)


車に入るなり、いきなり豹変してサメのように襲い掛かるのは、オレのポリシーに反する・・・


でも、「すいません、ちょっとヤラせてください」というのは、いかにもカッチョ悪い・・・
ーー;


んで、結局・・・


「あのサイトでの、オレのキャラとかって、十分知ってるよね!?」

「そんでさぁ、オレと車の中で、二人っきりになるのが判っていてさぁ、よく今夜、来たね!?」

「信用とかって、一番できない感じじゃないの、オレって・・・」

いろいろ遠まわしにサグリを入れていたら・・・


「エッチなことばかりブログ書いているけれど、根はすっごく真面目な人だって、〇〇さんが言っていましたし、それに・・・」


「それに!?」


「私、先月、婚約したんです・・・」


「ハッ!?  コッ、コンニャク!?」
!◎◎!


「私、Mさんに初めて釣りに連れて行ってもらってから、本当に釣りにハマちゃって、あちらこちらの釣り教室とかに行ったりしていたんですけど、その時に親切にしていただいた、〇〇港の釣り船の船長さんと仲良くなって、結婚することになったんです」


「ほぅ・・・、そう~、ほぅ・・・」
==;
(だったら、その婚約してる船長と釣りすりゃ~いいじゃね~か、バカッ!と思いつつ・・・)


「おめでとう!」としか言えね~じゃんか!
==;




彼女は、いわゆるキャリアウーマンってヤツで、大学卒業後、超大手外資系企業に勤め、入社と同時にニューヨーク勤務となり、その後もデトロイト・ワシントン・シアトルと、7年近くもアメリカで仕事をし、やっと日本に戻って落ち着いた頃、以前からしてみたかった釣りというものを通じてオレと知り合ったのである。

大国・アメリカを駆け巡りながら、華やかな商社レディとして働いてきた若き美女が、数回通った釣り船の船長と恋に落ち、結ばれる・・・

ちょっとしたドラマじゃないですか・・・
^^;

人の運命というものはわからない・・・

運命の人との出逢いというものは、どこで、どんな形で現れるのか、本当にわからないのですね・・・



ってのはいいんだけどさ・・・


その商社レディとの車エッチを楽しみに、胸と股間を膨らませて、バカみたいに車を大掃除していたオレは、なんなんだっつ~の!!
==;
TVドラマのフラれ役みたいじゃんか!
==+


えっ!?
本当になんにもなかったのかって!?


ないよ・・・
本当に・・・

車の中で、アッチ向いて寝ている彼女の後頭部を見ながら、朝まで寝られなかったけどね・・・



その後彼女とは、時候の挨拶程度のメールのやり取りしかしていなかったのですが、風の噂で、不妊治療の末、妊娠したなんてことを聞いてはおりました。




もしあのときオレが、「サメ」になって彼女を襲っていたら・・・
オレと彼女には、どんな運命が待っていたのだろう・・・
^^;


まっ、ご出産、おめでとう・・・


しあわせに・・・


愛ロメオとんとんおー慈恩 5人がいいねと言っています
コメント
Mさん
M さんのコメント
2018.5.21 13:07
慈恩さん、

コメントありがとうございます。


ウチの近所に、【慈恩寺】という寺があって、その正門横にある黒板に、毎日違う、(本日の一言)みたいな、法話もどきが書いてあるのです。
  
今度、散歩の途中にでも、

「抱いた女より抱けなかった女の方が記憶に残る。」。。。慈恩

と書いてあげましょうかね。。。
(^_^;)

2人がいいねと言っています
Mさん
M さんのコメント
2018.5.21 12:46
ふーみんさん、

コメントありがとうございます。

もちろん実話です。

こういう残念な想いは、日常茶飯事。。。(^_^;)

アタクシの人生、いい思いはしないようにできてるみたい。。。
(^_^;)

ではまた~
0人がいいねと言っています
慈恩さん
慈恩 さんのコメント
2018.5.20 8:48
おはようございます。

抱いた女より抱けなかった女の方が記憶に残る。

これが真理ですね。

「抱きそこねた女」

何人か思い出しました( ・∀・) \(`-´メ)バシッ
2人がいいねと言っています
ふーみんさん
ふーみん さんのコメント
2018.5.19 23:59
あらあら…題名に惹かれてブログを読ませて頂きましたよ~

なんとまぁ~文才がおありですね!
久しぶりに面白いブログにお目にかかりました。
これは実話かしら?
残念でしたね!

他のブログも読ませて頂きますね。
失礼しました。(*´•ω•`*)…
1人がいいねと言っています
Mさん
M さんのコメント
2018.5.19 22:49
愛さん、

コメントありがとうございます。

ちょっとダブっちゃいました!
(^_^;)
1人がいいねと言っています
愛さん
愛 さんのコメント
2018.5.19 21:52
長文( >Д<;)
充分に伝わってきましたよ(*⌒∇⌒*)
0人がいいねと言っています
人気記事