メニュー
ゲストさん
katsu625さんの投稿

「ちょっと変わった葉」

katsu625さん
katsu625 さんのブログ[カテゴリ:植物
2018.5.29 5:48
         5/23 名古屋大学博物館 野外観察園見学会
            13時~14時:観察園見学
            14時~15時:電子顕微鏡観察

         事前申し込み不要の上 当日雨で参加者は私と博物館友の会々員1名の2人
         参加者2人にスタッフ3人と言うぜいたくな観察会であった


         今回のテーマは 「ちょっと変わった葉」
           観察園入口にある古びた案内板で懐かしい名前を見つける
           若いころヒマラヤ登山に参加したことがある 
           その時の総隊長が植物学者の名大名誉教授であることは
           知っていたが 当時の私は植物に興味は全くなし・・・
           不思議な縁を感じながら受講した 


         観察園で気になったのは
           サイカチの若い実 
           植物園では高くて花はもちろん若い実も確認出来ない

           雨の日に似合うスイレン

           オオバナイトタヌキモ

           ハッチョウトンボの抜け殻

           名前の由来 

           ヒメユズリハ♀ 

           ホソバイヌビワの花嚢内部

           ウツボカズラの壷の内側 
             左側が上部でロウ質 右側が下部で点々が消化腺



         博物館で電子顕微鏡による観察

           電子顕微鏡で覗いた状態をモニターに表示

          (画面下に緑色で表示されるラインの長さが一番右の数字μm)
          1㎜の1/1000が1μm

          ウツボカズラの消化腺 
            一番変わった葉はこれ
            食虫植物のウツボカズラの壷は葉の変形


          ナワシログミの楯状麟片
            星状毛(ガマズミなど)や腺毛(モチツツジなど)
            楯状麟片(毛の一種でグミなど)
            葉や茎の表面に毛が生えていることが多く
            植物の同定要素の一つでもある


          ノブドウのダニ室
            葉に出来る小さな器官で主に葉裏の脈と脈の間に出来る
            ダニ室のある植物はクスノキ・サンゴジュ・ウリカエデ・タカノツメ・
            コシアブラ・ノブドウなどがある
    http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/staff/nishida/laboratory/research/research2.html


          ノブドウの気孔 
            二酸化炭素を吸収し酸素を排出する穴が気孔


          葉の上に花・実がつく:ハナイカダ・ナギイカダなど
          葉が白くなる:ハンゲショウ・マタタビなど 変わった葉が各種ある

          花粉も観察
            ホタルブクロの花粉

          コエビソウの花粉

          ビヨウヤナギの花粉 

          アリストメリアの花粉 



          「名古屋大学構内におけるエンシュウムヨウランの発見」の
            論文を何年か前に見ていたが今回のスタッフ2名+1名の執筆
            名古屋大学東山キャンパスには一部に自然状態の林が残っている
            そこへの立ち入りを了承頂いて翌24日観察した

            離れた2ヶ所で約20株を見つけたが見頃は過ぎていた


            間もなく開花を迎えるオオバノトンボソウ5株があった
ほなっ日記信々亭天天コキリコhacchan@スズジイ@KKセキサン2サクランボふぐのひれ酒 12人がいいねと言っています
コメント
katsu625さん
katsu625 さんのコメント
2018.5.29 15:29
コキリコ さん  こんにちは~
 いつもは40名くらいが参加するそうです。
 電子顕微鏡の世界 面白いんでしょうが
 私は・・・・
 
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2018.5.29 7:17
おはようございます。


こりゃ本格的で専門過ぎて、参加者が敬遠するかも。

 しかし、気孔の写真なんて、教科書に書いてある形がそのまま観察できて
楽しいですね。

 名古屋大学東山キャンパスと東山植物園とは隣同士。
植生が似ていても不思議はありませんね。
1人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!