メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
ユミリーさんの投稿

2018.5.28-6.4(1-2)の文章

ユミリーさん
ユミリー さんのブログ[カテゴリ:YUMILYⅡ号釣果
2018.6.6 18:06
「悠久なるシルクロード8日間」という阪急交通社のツアーに最後のつもりで参加してきた。
中国は2007年5072mの高さまで上りチベット拉薩へ行く天空鉄路の旅以来でした。
今回はテロ警戒が非常に厳しく、過剰なまでの検問があり、列車乗車の際には飛行機より厳しく
ナイフ系統をスーツケースに入れても取り上げられるので事前に入れないで下さいと言われていた。
莫高窟見学で歩くのは初めから覚悟していたが、その他ゴビ砂漠端々での関所やお墓群など、
また旧シルクロードの現存地見学など、歩くことが多く、皆様のスピードについていくのが
やっとでした。また、英語がほとんど通ぜず中国人特有の責任逃れなどで非常に不愉快な思いをした。
シルクロードを通しての日本への伝来も歴史で習っていたがそれらを知っている人もいなかった。
兎に角、疲れだけが非常に残った最後の旅でした。
とも コロ@スズジイ@ 3人がいいねと言っています
コメント
 コロさん
 コロ さんのコメント
2018.6.7 17:23
そうだったのですね。
私も 難聴のために みんなとの旅は困難な場合が多く有ります。

時間を間違えてしまってブーイングされたり・・。
帰ってからの落ち込みも激しくて・・・。

だから 極力 そういう旅は避けるようになりました。
ですから逆に 添乗員に そういうことも有るという勉強にしてもらいたいと思います。
1人がいいねと言っています
ユミリーさん
ユミリー さんのコメント
2018.6.7 16:21
コロさん、こんにちは。
莫高窟は(1)の15番目(終わりから2番目)の写真のようにゴビ砂漠の端の断崖に
写真のような横穴を掘ったものが北と南に分かれて数拾個あり、壁画や仏像が飾られています。
その中で45番目と57番目が有名で可愛い菩薩様が特に有名で、それがシルクロードを通って
法隆寺の菩薩様になっていると習いました。(2)の2番目の大きな中には大きな大仏が1体
入っていました。実は最初の頃、ついていくのが遅れてグループの旗を見失い、迷子になったので
先に途中のバスまでひとりで帰り、添乗員にうまく伝わらず大ブーイングでした。
1人がいいねと言っています
 コロさん
 コロ さんのコメント
2018.6.7 11:12
そうだったのですね。
1年半前の脳溢血後の体調 歩く速度に付いて行けないのは悔しい思いでしたね。
言葉も 英語が通じないという悪条件。

「莫高窟」大きな石の寺院なんですね。
10年以上前に 西安・敦煌は 行ったように思いますが 莫高窟の思い出が無いのです。
スケールが違うんでしょうね。

残念な旅でしたが、無事に帰って来られて良かったです。
1人がいいねと言っています
ユミリーさん
ユミリー さんのコメント
2018.6.7 10:14
コロさん、おはようございます。
私は’86~’88西ドイツ・リューネブルクにEU内に会社を作るため単身赴任しました。
帰国後、エジプトやイエローナイフのオーロラなど行きたい所は毎年ほとんど行きました。
前回は2015年ロシア・サンクトペテルブルクへNHKの特集に惹かれて行ってきました。
唯一、この莫高窟だけは行きたいと思いながら実現していませんでした。
今まで残念な思いはインドのタージマハルぐらいでそれでも今回ほどではありませんでした。
見たいと思っていたものが見られたのですから、ヨシとしたいと思いますが、
1年半前の脳溢血後、体調が激変で、本当に残念な旅行でした。
1人がいいねと言っています
 コロさん
 コロ さんのコメント
2018.6.6 20:06
残念な旅だったようです。

シルクロード 行ってみたい気がしますが、とにかく お疲れ様でした。
1人がいいねと言っています
人気記事