メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
しょうくさんの投稿

娑婆は暑い・・。

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2018.7.4 7:29
7月4日(水)
 今朝窓際温度計は、26℃、湿度69%、くもり。1℃の差なのだが、昨日より1度低いとなんとなくすっとする。曇りの為に急に暑く成ってこないのでしょうね。
 サッカーも、ジャパンブルーがいなくなって8強がそろう、今度はあまりはらはらしないでの観戦ができますね。
 娑婆が少しく静かになりますかな、その娑婆という言葉、サンスクリット語のサハーの音訳で、人間の生きている現実世界という事だといいますね。お寺さんから、この時季になると、いろいろな知識を授けてくれる、おたより、その中には当然お盆のお布施の振替用紙が同封されている。旧暦でにするか、新暦にするかは、檀家さん次第と勝手に決めて、我が家は新暦採用。

 塀の中の人が、娑婆の空気を吸いたいななどというが、これは、ムショの中の束縛ある社会から、娑婆のというか一般社会の束縛のない世界へ行ってみたいな、という事だと思うが、本来の意味は苦しみを耐え忍んでゆく世界、これが娑婆の世界なのだそうで、仏教の世界は、様々な煩悩から離脱できない人が、苦しみに耐えながら、生きているところ、そここそが、娑婆の世界なのだそうです。
 一重の方が花時が遅いのでしょうか、クチナシですが、八重はもう終わり、これから一重が咲きだすようです。

 夏の我が家の彩りは、この赤、スベリヒユの栽培種、この頃は、黄色・赤のほかにいろいろな色が混ざったものが、花屋さんい並んでいますが、この単色が私は好きです、花屋さんでは、ポーチュラカと、横文字の名前で出てますね。
 手間がかからず、丈夫で、夜になると葉っぱを寝かせてというか閉じて、休んでいます。こんな丈夫な花が、やはり良いです。

 ジャズ好きの方はご存知かもしれませんが、横浜の野毛のジャズ喫茶、「千草」です、朝早く前を通ってもまだまだ眠りに就いたばかりそんな風景ですが、ジャズ喫茶の、古手です。
 金曜日は午後にちょっと立ち寄る予定をしてますので、その時カメラなどは持ってゆかないから、今のうちにちょっとだけご紹介。

 睡蓮の花で少し暑さを吹き飛ばしてください、今日は午後から、歴史講演会へちょっと顔を出すことにしてますから、昼近くまでは、我が家で少し涼んで、ごろごろしてましょう、アメリカなら、今日はし祝日ですね、独立記念日。(Independence Day)。1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、定められたアメリカ合衆国の祝日、トランプさん、何かつぶやくかな。何か花火を揚げるかな。

 この時季になると、きちんと、花をつけてくれます、ミソハギ、ですね。禊萩、漢字だとわかりやすいですね。お盆、新暦から旧暦のというか月後れのお盆のころまで花をつけてくれます。
 一番日当たりの良い、垣根の付近へ植えて楽しんでいます、昼近くまで家でごろっごろ過ごしますから、ミソハギなど眺めて一句何とかものにできますかどうか。
信々亭涼音katsu625セキサン2 たぬきほなっ日記ふぐのひれ酒 7人がいいねと言っています
コメント
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.7.5 5:17
たぬきさん
 いつもありがとうございます
 ポーチュラカ、野生のスベリヒユと、松葉牡丹の混血ともいわれています。
 似てるわけですねー。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.7.5 5:15
ぎ~やんさま
 お寺のご挨拶、わざわざお越しいただけない方のためと銘打って、振替の用紙が同封されて、さて何年目かな、住職は三代目です。
0人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2018.7.4 11:56
こんにちは

スベリヒユ 花だけを見ると 松葉牡丹と間違えますね 
もうミソハギが咲きだしましたか 早いですね  
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2018.7.4 10:02
> 当然お盆のお布施の振替用紙が同封・・・とは、大変ななまぐさ坊主ですなあ。吾が方でそれを
やってごらんなさい、檀家の旦那が寄ってたかって「からかさ(傘)一本だけ」で、間違いなく寺を
追い出されますよ。
1人がいいねと言っています
人気記事