メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
麦秋さんの投稿
麦秋さん
麦秋 さんのつぶやき
2018.7.10 7:46
「フリーダ・カーロ引き裂かれた自画像 堀尾真紀子」を読む。
私は「フリーダ・カーロ」の絵を見る度に心が痛む。
○ 「フリーダ・カーロ」というメキシコの女流画家の、暗闇と光彩に彩られた人生を、絵と共に紹介した一冊である。私はフリーダの絵を見て感銘を受け、この本を手に取った。フリーダの絵を見ると強い衝撃を受ける。
○ フリーダの絵は愛情・嫉妬・自己顕示欲・苦しみ・哀しみ、その他名付けようのない濃密な感情で満たされている。額の中の閉じられた世界。そのフリーダの人生は、絵以上の衝撃である。
○ フリーダの悲劇はバス事故で始まった。苛酷な身体的障害との戦いから彼女の芸術が生まれた。
○ フリーダの言葉「あなたたちは自分の目があり、自分の感性と言うものを持っているのです。それを信じる事とです。大切なのは、どう描くか、よりも何を描くかなのです。」
○ フリーダ・カーロ(Magdalena Carmen Frida Kahlo y Calderón、1907年7月6日 - 1954年7月13日)はメキシコの現代絵画を代表する画家であり、民族芸術の第一人者としても数えらる。フリーダは画家ディエゴ・リベラと二回結婚する。フリーダには画家ディエゴ・リベラと夫婦間の深い心の葛藤があった。
0人がいいねと言っています
コメント