メニュー
ゲストさん
大倉様_ザグランリゾートプリンセス有馬_02
Slownetサポートセンターさんの投稿

踊る阿呆に見る阿呆・祭りは心を熱くする!日本の祭りに関する書籍3冊をご紹介

Slownetサポートセンターさん
2018.8.6 10:32
こんにちは。Slownetサポートセンターです。
本日のテーマは「祭り」。
この時期、日本各地で数多くの祭りが開催されますよね。

日本の祭りは地域の文化によって形態が大きく異なり、知らない街の祭りは珍しく感じるものです。
出店で売られている食べ物も、地域によって違いがあるのは面白いですよね。
そこで今回は日本と世界の祭りに関する書籍をご紹介します。

併せて、みなさまの「おすすめの図書」の情報もお待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------

●一度は観たい日本の祭り /昭文社 旅行ガイドブック 編集部

本の詳細&感想文はこちら↓
https://slownet.ne.jp/circle/topic/11886

北海道から沖縄まで全国各地で開催される祭りの中でも、一度は観ておきたいものをまっぷるなどを出版する編集部が自信をもってセレクト。
格式高い祭事・神事から、地域密着の祭り・イベントまで、四季折々の「日本の祭り」を訪ねるのに必携のコンパクトサイズのガイドです。

●日本の民俗 祭りと芸能 /芳賀 日出男

本の詳細&感想文はこちら↓
https://slownet.ne.jp/circle/topic/11887

写真家として、日本のみならず世界の祭りや民俗芸能の取材を続ける第一人者、芳賀日出男。
昭和から平成へと変貌する日本の姿を民俗学的視点で捉えた、貴重な写真と伝承の数々。記念碑的大作を初文庫化! 
民俗芸能についてより深く知ることができる一冊。

●世界の祭りをめぐる冒険 /とくだこうじ

本の詳細&感想文はこちら↓
https://slownet.ne.jp/circle/topic/11888

会社員が休日を利用して海外旅行をする、と言えば、何も特別なことではないが、この本で語られる旅はひと味ちがう。
無類のお祭り好きが世界のさまざまな祭りに乗り込んでは、その祭りの神髄を味わいつくすのです。

タイでは近寄る者すべてに水鉄砲を向け、スペインでは誰かれかまわずトマトを投げつける…。
一見すると、無鉄砲で無分別、無防備、無邪気、おバカな道中記に見えるが、それでこそ彼の旅は単なる「海外旅行」の域を軽々と飛び越えるものばかり。わずか数日の休暇が終われば、日本に戻り、いつも通りの日常に帰っていきますが、彼はすぐに、ワクワクさせてくれる次なる行き先を求めてソワソワし始めるそう。おおげさに言えば、これまで無事に生還できたのはちょっとした偶然とたくさんの幸運に恵まれた結果でもあるのですが。
祭りという切り口で世界を巡る珍しい本。世界の祭りの日本との違いを探す楽しみがある一冊です。
0人がいいねと言っています
コメント
海食崖さん
海食崖 さんのコメント
2018.8.6 13:14
踊る阿呆にーーースローネットの事務局さんは、最近のニュースに少し疎いのでは

言ってる事判るかなあ
本の紹介はともかくとして

ネット上で起こっているらしき事についても同様

目と耳を大きく見開いて、会員に寄り添わないと
1人がいいねと言っています
人気記事

脳トレドリル。まずはお試し980円