メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
Slownetサポートセンターさんの投稿

なんだかやる気がない日は!やる気が出るオススメの書籍をご紹介

Slownetサポートセンターさん
2018.9.3 11:01
おはようございます。Slownetサポートセンターです。

9月の新しい週が始まりました。今月もやる気を出して元気に頑張りましょう!

というわけで、本日はやる気が出るオススメの書籍をメルマガにてご紹介いたしました。
ぜひ、ご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ぼくたちは習慣で、できている。 /佐々木 典士

本の詳細&感想文はこちら↓
http://bit.ly/2wBPipT

ミニマリストを世に知らしめたベストセラー「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」の著者が次に選んだテーマは「習慣」。
「早起きしたり、規則正しい生活をする」「部屋をきれいな状態に保つ」
「食べ過ぎず、適正な体重を維持する」「運動を定期的に行う」「仕事や勉強を、先延ばしせず手をつける」。

新年に立てるような目標は、誰でもほとんど同じ。問題は「なぜそれを続けることが難しいのか?」ということ。
続けなければ、何ごとも意味はない。そして続けるためには、習慣にするしかない。
人を変えるのは、唯一「習慣」である。
ダメダメだった著者が習慣を身につけるまで悪戦苦闘し、見つけた方法を心理学、行動経済学、脳科学の成果を踏まえつつ、徹底解説。
数多ある「習慣本」の決定版!!さらに習慣から「努力」「才能」を読み解き、その常識を書き換えます。

●のうだま 1 やる気の秘密 / 上大岡 トメ, 池谷 裕二

本の詳細&感想文はこちら↓
http://bit.ly/2MIlbHY

何をやっても三日坊主。あきっぽいのは私だけ?
いいえ、それは脳があきっぽくできているから。

脳の中の「淡蒼球」を動かせばやる気は引き出されるのです。
自分の意志では動かせない「淡蒼球」を起動させる4つのスイッチは、カラダを動かす、いつもと違うことをする、ごほうびを与える、なりきる。
続ける技術とやる気の秘密を解くベストセラー。

●ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方 /朝山あつこ

本の詳細&感想文はこちら↓
http://bit.ly/2MBZ7Pn

どうすれば、子どもの「やる気」を引き出せるのか。
これは、世の親たちの共通した悩みです。
子ども一人ひとりのわくわくエンジンを発見することから始まる主体的に未来をつくる人材育成のカギが見つかる一冊。
0人がいいねと言っています
コメント