メニュー
ゲストさん
しょうくさんの投稿

鎌倉党

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2015.11.21 7:35
11月21日(土)
 今朝窓際温度計は14℃、湿度77%、晴れ,冷たく感ずる朝。
 起きて早々にした空を見ると、どうやら晴れ、早速に身支度をする、今日は隠居したはずの私まで引っ張り出されての史跡案内。我が家の近くは、平安から鎌倉期へかけて、相模の国、鎌倉郡、昭和14年に横浜市になるまでは、鎌倉郡○○村、立ったりした地域。
 その一角の史跡を訪ねる会、の案内役。今日歩く大部分にある寺社は、鎌倉党といわれた、坂東平氏ゆかりの寺社が多い。なかでも鎌倉権五郎を祀った、御霊神社、あるいは五霊神社と名乗るところが多い、そんなところからスタートして、昭和史の一角、聖母の園という老人施設まで約7kmのコース。

 どうやら天気は良いらしい、モチノキ、クロガネモチ、赤い実をふんだんにつけている。これとともに、庭では、
ピラカンサの赤がとても目立つ、しかしこいつは、あまり美味でないばかりか、ある種の毒が含まれているとかで、野鳥たちもあまり寄ってこない。

 ひどく警戒しながらの、ムクドリも、この実には当分手を付けない、何やら庭隅でえさを盛んに漁ってはいるが、赤い実を食べる気配はない。

 相当な数の群れを作っているのだが、わが家を訪れるのは4~5羽に過ぎない。近くのパン製造工場の樹にはいつも相当な数の群れが来ていて、やかましいようで、パン工場では、群れてくる木を切り倒したりしていた。
 今回の史跡探訪は、15人くらいの小グループに分けて、ゆっくり歩くことになっていて、たぶん最後の出発グループだと、昼をだいぶ過ぎないとゴールしない様子で、私はわがままを言って、一番早い出発グループなので、少し早めに出かけなければならなくなった。

 ヤブコウジュ(藪柑子)別名を十両、確かにセンリョウやマンリョウに比べると背も低く、赤い実も一つか二つしかついていない。
 正月の縁起物として、小盆栽のわき役などを務めている、どうやら、これの実は、ムクドリも食べるようで、叢へ首を突っ込んいた。
 さて、今日はどうやら天気は良いようで、半日老躯に鞭打って道案内、そして史跡説明などしゃべりに行ってきます。
 終わった後のビールを楽しみに・・・・・。
cosi cosiレレさんかべ鴉空山みすず太十katsu625エーデルワイス涼音ルパン 10人がいいねと言っています
コメント
涼音さん
涼音 さんのコメント
2015.11.21 22:33
しょうくさん、こんばんは。
私のブログにコメントをありがとうございました。

旅行が好きと書いてありましたが、京都には来られましたか?印象に残った場所とかは
ありましたか?

とても楽しいブログを書かれていますね。思わず読みたくなるようなブログの内容です。
私も横浜には何度か行ったことがあります。
海があっていいところですね・・・・鎌倉もきれいなところでした。
またブログを読ませていただきますね。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2015.11.21 16:16
知子さん
 いつもありがとうございます
 先ほど史跡歩きと説明を終えて戻りました。好天に恵まれ暑いくらいでした。
 ビールを飲む前に思わず水を飲んでしまったので赤ワインを軽く飲みました。
 生来ほとんど顔へ出ないので、紅葉からは遠いようでした。
0人がいいねと言っています
人気記事