メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 西武グループおとなの上級な遊び方
隼っちさんの投稿

役員クラスは年収約2400万円らしい!

隼っちさん
隼っち さんのブログ[カテゴリ:ほっと天国
2018.9.13 20:40
「ボランティア」には"有償ボランティア"と"無償ボランティア"に分けた方がいいと考えています。
本来の意味は無償ボランティアでしょうねぇ~。

この度の北海道地震や先の西日本豪雨などなどで、家屋や身内を失って資金的にも体力的にもにっちもさっちもいかない人を外部から率先して援助に出て行く事には心から拍手を送りたいです。

そして、2020年の東京オリンピックでボランティアを募る事には違和感を覚えますねぇ~。
ご覧の通り、無償で奉仕をするという事です。

JOCオリンピック委員会などなど、また関連機関などの職員や従業員など、特に役員クラスになると月収200万円はザラで、年収は2400万円は当然であるという。
更に五輪の放映権料やスポンサーなどの広告収入などなどで莫大な収入は見込めるのである。

そしてこの度、東京五輪の募集ボランティアは約11万人を集めるというのである。
その殆どが宿泊費・交通費は自腹、多少の飲食などは出るそうだが~、北海道から来ようと沖縄から来ようと自腹だそうである。

上記の役員クラスの報酬を思うと、無償ボランティアは本来の姿ですが~震災現場とは訳が違う。
金が唸るオリンピック競技の現場である。

だが~やりたい人はやるのでしょうねぇ~。
つねさんmimibaobab 3人がいいねと言っています
コメント
隼っちさん
隼っち さんのコメント
2018.9.14 13:47
mimiさん、こんにちは
宿泊先もボランティアたち自身で何処かに確保する、それが本来のボランティアでしょう。
オリンピック委員会は善意に便乗している悪質ビジネスと変わらない!!

そもそも論として、JOCオリンピック委員会が五輪活動する資金がないのか~?
だったら~オリンピックなんて出来ないでしょう。

無償のボランティアたちにやらせること自体が可笑しいのですよ。
悪質極まりないと言ってもいいでしょう。
期間中は有償ボランティアとして雇うべきです。
0人がいいねと言っています
mimiさん
mimi さんのコメント
2018.9.13 21:50
こんばんは

ボランティア11万人の宿舎はどうするのでしょうね?
海外からのお客さんも沢山あるはずだし、その人たちのホテルだって足りないかもしれないのに、
ボランティアは5日間は東京に留まらなければならないのでしょう?
関東の人は日帰りできるかもしれませんが、もし北海道や沖縄から参加するとしたら、宿泊は必至ですよね。
JOCにそんなにお金があるのなら、一定の距離のところから来るボランティアにはせめていくらかの交通費くらいは上げてほしいですね。
0人がいいねと言っています
人気記事