メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
ピエノさんの投稿

古代史でも読むか

ピエノさん
ピエノ さんのブログ
2018.9.15 10:19
最近、暇を持て余しています。
9月は庭の手入れをやろうと思っていたのに、ろっ骨を折ってしまったので、それもできない。
ゴルフは今のところご法度。
自治会も毎日朝から晩までというわけではない。
というわけで、することがなくブラブラしてます。

街の古本屋で、岩波新書シリーズ日本古代史を買います。
第2巻ヤマト王権、108円。
内容はよく知られた邪馬台国から6世紀あたりまで。
3世紀に卑弥呼が中国との交流をしたあと、倭の五王と言われる時代まではほとんど大陸との交流がなく謎の4世紀と呼ばれていることを知りました。
それと、大和王朝の創始者は神武天皇でなく、第10代の崇神天皇だということも初めての知識。
この時代中国大陸でも政権が安定せず、ちゃんとした正史がないことにもよるらしいのですが、不思議。

それ以外の時代は、私たちが思っている以上に朝鮮半島や中国との交流が盛んです。
日本がこんな古代から朝鮮半島を侵略し軍事的に支配していたことを改めて確認して、びっくりしたり。
明治維新以降、日本は征韓論を振りかざして朝鮮半島を支配しようと試み、実際国を併合していますが、そのルーツは、ヤマト政権の時代、いやおそらくはもっと前からではないかと思わせます。
中世には倭寇という形で李氏朝鮮を悩ませ、戦国時代には秀吉の侵略で一時はソウル近辺まで迫りました。
こうしてみると、朝鮮半島を侵略していないのは、徳川鎖国時代だけということになりますね。

もともと、日本列島には縄文人がいたと言われ、そこへ欧州の民族移動よろしく、大陸の人が移住してきたわけで、移住人にとっては朝鮮半島は自分のテリトリーという意識があったのかもしれません。そのDNAが今なお保たれていて、明治以降の侵略併合になった可能性も否定できませんね。

それにしても、古代、倭国の朝鮮半島支配については、具体的にいつどこの軍隊が何人くらいどうやって半島に渡ったのかの記述はなさそうで、軍船の遺品や甲冑など武器の遺品などがこれだけ見つかったという話をきかないのはどうしてかなと思います。

あるいは、実際に支配していたのは半島の人々で構成された軍隊で、その指揮命令だけ倭国が携わってきたということなのか。
広開土王の石碑にも倭国が攻めてきたと書かれていますが、大規模出征の記述は日本側には残っているのかどうか。

何分昔の話なので想像力に訴えてなんとでも言えそうですが、なんか腑に落ちない部分が多いですね。
しょうくJUNEcosi cosi白髪鬼サムライウーマン 5人がいいねと言っています
コメント
ピエノさん
ピエノ さんのコメント
2018.9.15 20:23
よく知らなくてスイマセン。
九州の勢力も、一般的には半島から移住してきた人が中心なのですか。
もしそうなら、半島と九州はむしろ一体化していて、半島+九州vsヤマト勢力という図式になるのでしょうか?
あと、九州各地には、軍船など半島と九州の往復の遺跡(例えば港)や遺品がよく出ているのでしょうか?
0人がいいねと言っています
白髪鬼さん
白髪鬼 さんのコメント
2018.9.15 17:33
塀理屈晩期高齢者なので 自分流に仕立てしまいます。
記紀などでも 何回九州征伐をやっていますか?。
応神は九州からの、、、皇統譜関連付けの為神功皇后が作られた、、。
神功皇后が九州へ、、石川県から九州へ、、、継体の正当化の為??。
その継体に成ってからも九州へ、、、(岩井)。
と云うことは 九州は中央の手に負えない勢力だった、、、??。
半島進出は九州勢、、、、と云うことで処理しています。
0人がいいねと言っています