メニュー
ゲストさん
大倉様_ザグランリゾートプリンセス有馬_01
Slownetサポートセンターさんの投稿

ガンは治療か放置か?注目の対決を書いたオススメの書籍をご紹介

Slownetサポートセンターさん
2018.9.20 9:38
こんにちは。Slownetサポートセンターです。
先日も樹木希林さんの訃報が届くなど、ガンで亡くなる有名人が多い平成最後の秋。
今回のメールマガジンでは、がん治療のあり方など、「対決」にまつわるオススメの書籍や、話題のサークルをご紹介していきます。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽『話題の本』ご紹介
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●がんは治療か、放置か 究極対決 /近藤 誠, 林 和彦

本の詳細&感想文はこちら↓
http://bit.ly/2QDUxi5

がん治療における立場の違うふたりが真っ向からぶつかり議論した話題の対談を書籍化。
「無症状なら、がんは放置すべき」と主張する近藤誠医師。その発言は大反響を呼びました。

一方で、「がん治療放置は暴論」と近藤医師の説を切って捨てる医師も大勢いて著作も多いのです。
しかしながら、立場の違う医師同士が直接議論することはこれまでありませんでした。
そこに手を上げたのが、長年大学病院でがんの治療に当たる林和彦医師です。
本書はそんなふたりの対談やガン治療についてまとめられた一冊です。

●ザ・議論! 「リベラル VS 保守」究極対決 /井上 達夫, 小林 よしのり

本の詳細&感想文はこちら↓
http://bit.ly/2NnnFvS

トランプ米大統領誕生で、「自主防衛」「九条改正」の議論、待ったなし!
両派の最強論客が、「天皇制」「歴史問題」「憲法九条」「日米関係」等をテーマに、日本の正義と真理を追求した白熱の9時間!
井上達夫(東京大学教授)は日本法哲学界の最高権威で、「岩波哲学・思想事典」の「自由主義」の項を執筆したリベラリズム論の第一人者。

「日本的リベラル」の偽善を指弾し、公正と正義を礎とする真のリベラリズムを提唱。
対する小林よしのりは、「東大一直線」「おぼっちゃまくん」などギャグ漫画のヒットメーカーであると同時に、
明快な論理と絶妙な表現力を駆使した「ゴーマニズム宣言」で大きな影響力を誇る保守の論客。
思想と立場は違えど、民主主義の根本は「議論」だ、という点で一致するふたり。
胸襟を開き、日本の現下の重要問題について意見をぶつけ合いました。

●知識ゼロからの西洋絵画 困った巨匠対決 /山田 五郎

本の詳細&感想文はこちら↓
http://bit.ly/2xlow6k

「知識ゼロ」シリーズ三冊目となる西洋絵画入門書。
同時代の2人の「巨匠」を比較し、画家たちの意外な一面を垣間見ていきながら、西洋絵画の知識を得ていきましょう!
ゆらり 1人がいいねと言っています
コメント
ロメオさん
ロメオ さんのコメント
2018.9.20 12:27
近藤医師の意見は放置した場合のデーターが皆無なので、論争にならならないとそうです。
未だこんな話が話題なんですか?
0人がいいねと言っています
人気記事

脳トレドリル。まずはお試し980円