メニュー
ゲストさん
slownetSP_H02
しょうくさんの投稿

やはり年齢だな

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2015.11.22 8:53
11月22日(日)
 今朝窓際温度計は16℃、湿度68%、曇り。初冬を実感させられる曇り空、それにやけに早い目覚め。
昨日、引っ張り出されて、史跡探訪の案内説明、15人ほどを引き連れて、8kmくらいを歩いた、説明個所は12か所、慣れ切っているはずのルートなのだが、疲れた。
 しかし天は我に味方して、絶好の歩き日和、暖かい日差しに恵まれ、それだけで多分参加した方々は満足であったと思う。
 
 庭で丹精していた鬼灯、3個ばかりはうまく網目状になったものをすでに切り取ってしまったが、残る4個、きれいに網目になって楽しませてくれてます。
 話し戻しましょう、鎌倉党の足跡みたいなことで案内した昨日の史跡案内、集合時間40分前くらいに集合場所へ着く、すでに受付などの仕事をしている諸君、準備整いました、一番早く出ていただく15人ほどすでに集まっていますとのこと、早く集まった人から出発ということにしてあり、50人以上の申し込みのうち15人ほどあつかっま方々、第1グループということで、早速集まり簡単に挨拶して留意事項などの話のあと、バス停まで案内。60歳以上と思われる集団、最後尾を固める担当、交通整理用の旗を持った担当など3人ほどの世話役と一緒に出発。

最初の史跡が、鎌倉党の先祖などを祀った、五霊神社、その境内の入り口付近の横浜市への編入記念碑から説明開始、昭和14年、このあたりをはじめ戸塚区が旧鎌倉郡から編入されて横浜市になった話から、すでに後期高齢者波、76年目ですよそんな話から・・・。
 五霊神社、桓武平氏の一党、村岡良文の話などをして、その末裔と称する鎌倉権五郎までのご祭神の簡単な説明、今日は、1000年位前から60年位前までの史跡歩きですよ、そんな話と、トイレのある場所ではあらかじめ案内するので、担当に断ってからどうぞなどなど。
 皆さん熱心に聞いてくださる、神社ではほかに神様とは関係ないが、大きな木などについて、なんという木かとか、咲いている草花などの質問が多い。
 やがて寺社から離れ、市民の森の一角、鉞が淵というあたりで、ここにまつわる昔話など、それに小さな滝・・すっかるこの頃は人工の滝になってしまったあたり、期待していた紅葉は全く見られず、どうやら今年の紅葉は遅いような感じがした。
 写真を写す余裕がなくなっているのは、やはり年齢のせいで、私に余裕がなくなっている証拠だろう心配していた、信号のない道路の横断も、旗を持った誘導担当がうまくやってくれて、鎌倉権五郎の念仏の薬師如来を祀る寺、通称目薬師さんなども、みなさん結構興味を持って話を聞いてくれる。
 少し小高いところで、遠く富士山が雪の白い帽子をかぶったような姿を見せてくれる、このあたりには、富士講の先達を務めた人の顕彰碑や、富士講の記念碑などがあるのもうなずかれた、素晴らしい雲の姿も見られ、鱗雲か美しい,ここでも雲の名前、鱗雲、確か巻積雲の中の一つなどと云った話の方に皆さんの興味がある様子。
 巻積雲、鱗雲の写真など写しておきたかったのだが、やはり疲れていたせいか、これも写さず、近くにあった庚申塔と庚申信仰の話などで、費やしてしまった。

 庚申信仰、上流階級が室町のころに中国から伝った、道教の信仰、やがて民間庶民の間に広がり、江戸期には完全に民間の習俗になったものといわれる。
 我々の体の中には、三尸(さんし)いう、道教に由来する虫。こいつが丙申の夜、体から抜けだし、天帝にその人の行状を報告する、天帝はその人の行状の悪かったとき、その人の命の長さを減額?してゆき寿命を左右するという、そこで、天帝へサンシノムシ(三尸)が報告に出てゆかぬよう、庚申の夜は皆で寝ないように、集まって飲食し、朝を迎えるというもの。 
 その象徴の石塔が庚申塔などなど、話しているうちに、やはり写真も写せなくなってしまう。かくして、最後の昭和史の1ページ、聖母の園での、昭和30年の悲劇(火災で大勢の老人ホーム収容老人の犠牲者が出た話)日本の老人福祉法制、さらには福祉施設の防災義務化への法律整備の話などで、案内の最後を締めくくり、全員無事、史跡探訪のイベントを終えた。結局案内とその状況を写真に記録するのはできなかった。
 終わったあと、今日の担当4人でゆっくり食事、私はワイン一杯でゆっくり食事をしながら、案内で一番皆さんが興味を持って聞いてくれたのは何だったか、総括してみたら、昭和史の部分だったような気がして、皆の意見もそんなところ、やはり今後の史跡案内には、昭和史の中の一コマを積極的に入れようということに落ち着いた。
 そこで何にするか、今は、薬科大学と市営墓地になってしまった、横浜ドリームランドと、そのための交通手段だった、しかし1年の営業もやっとだった、ヨコハマドリーム交通というモノレールの話など取り上げようというようなことに落ち着いた。
 すぁば、失敗の歴史なのだが、歴史も成功者の功成り、名遂げた、話より、失敗の話をもって、将来の糧にすることが必要、そんなことを考えたものだった。
空山katsu625まるえかべ鴉禰 5人がいいねと言っています
コメント
涼音さん
涼音 さんのコメント
2015.11.22 21:34
しょうくさん、こんばんは。
今朝は早くからブログを見てくださってありがとうございました。

スポーツ中継は何のスポーツを見られるんですか?
京都の御所あたりには私もたまに行きます。御所を一周しようと思ったら大変ですよね。
最近は近くに地下鉄の駅もありますし・・・・かなり便利になりました。

史跡案内・・・・本当に楽しそうですね。史跡をたどるとその場所の歴史がわかります。
これからもどんどん色々な史跡を案内してください。私もブログで読むのを楽しみに
していますね。
0人がいいねと言っています
まるえさん
まるえ さんのコメント
2015.11.22 17:56
しょうくさん こんばんは

史跡案内 そちらの近辺は 色々あって 参加する人にとっては いいですね

我が市もたまにありますが 狭い地域なので 何回かで同じ所になって仕舞います
でも昔の事 知ることは 興味あります
0人がいいねと言っています
空山さん
空山 さんのコメント
2015.11.22 10:14
 ご立派なお仕事ですね、中々出来る事では有りません。
 ご精励なされる事を祈念致します。付け加えて、良い
 お写真も・・・。
0人がいいねと言っています
人気記事