メニュー
ゲストさん
toshitsu 京都リカレントステイ
しょうくさんの投稿

さて、今月も最後の週

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2018.9.25 7:48
9月25日(火)
 今朝は暖かい?、窓際温度計が、25℃、湿度76%、こさめ。昨日はこれということも無くしっかり本を読むでなく、あれれといううちに、一日が過ぎた。
 夕方に洗濯物を取り込んだりしていたら、雲がどんどん増えてきて、月はどうやら見損ねそうで、そのまま本を読んだりしているうちに、寝てしまった。

 とはいうものの、木に付けたままだった、スダチをしっかり収穫して、ご近所へ少しばかりおすそ分けしたり、スダチを喜んでくださるお宅に限りましたがね。
 しっかり摘果などしなかったから、小粒でしたが、香りと適度な酸っぱさを楽しむことにしましょう。さんまが安く手に入ることを期待して・・・・。
 閑居の真間に、四という数字が入った俳句、どうも思い出せなくて、自分の句。「ビルの街四角の空の月見酒  しょうく」この句しか思い出せません。
 六は、「冬曙六人の病床うかびそむ 石田波郷 」病気がちだった波郷らしい句ですね。あれこれ思い出したりして楽しみました、一挙に九と十がはいつたのを見つけました。
「隅田川千鳥九つ十ばかり  森栄子」おまけに、千まで入ってました。まあ暇人の遊びですね・・。

 零余子(むかご)が大分くっついていました、零余子飯など、一寸俳句のネタになりますな。
 「ほろ苦く、野の味微か 零余子飯  しょうく」こんなのをひねって、時間つぶしでした。月で一句と思ったのですが、結局昨日の月は見損ねました。
 ふと変なことを思い出したのですが、バリカンという言葉、どうやら、この機械というか道具のメーカーが、「バリカン・エマール」という名だったところから来たのだそうで、同じようなものには、ホッチキス、これもメーカーというか発明者の名前からだそうで、たしか、ライフル銃か何かの考案者の名であったとかいう記憶がありますが、さて、思い違いかな。

赤まんまなどといいますが、これは藍蓼の花です、藍染はこの葉っぱ菜を発酵させたりしてから、つくられるとかいう事で、大分栽培していたころもあったのですが、今は、放りっぱなしにしてるのですが頑張ってかわいらしい花をつけてくれます。

 秋の走りか、病葉か、アツアツイとか言っている間の季節は動いていますね、もうすぐ寒いとか冷たいとか言い始めるわけで、勝手なものですね。

 夕方、こいつが真っ白な姿で開いて、朝になるとすっかりしぼんでしまいます、さて今日も一日何とか暇人おじいは、あまり役に立つこともせずに過ごしてしまうのかなー。
 
コキリコ涼音セキサン2りょうhanatori☆ 福 老(ふくろう) たぬきふぐのひれ酒シーホース信々亭 11人がいいねと言っています
コメント
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.9.25 13:44
たぬきさん
 いつもありがとうございます
 あまり野生のイヌタデと違いを見つけるんが大変ですが、とても丈夫で、あまり手入れしなくても毎年楽しませてくれています。ユウガオの花はとても大きいです、ただ、その名の通り、夕方咲いて朝には萎んでしまっています。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.9.25 13:42
セキサン2さん
 スダチの苗を取り寄せて楽しんでます。
 1本の木ですが、まあそこそこの収穫があります。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.9.25 13:39
ぎ~やんさま
 検査ですか、雨の中大変ですね、結果の良いことをお祈りします。
0人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2018.9.25 11:33
こんにちは

野に咲いている イヌタデと 同じような花ですね
栽培されているのですよね 使用目的が決まっているのですから。

ユウガオの花 大きいでしょう 
直径10センチくらいありますよね 
1人がいいねと言っています
セキサン2さん
セキサン2 さんのコメント
2018.9.25 9:52
わが家も昨日は酢橘の収穫日でした。
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2018.9.25 8:07
終日雨予想で、出にくい一日ですが、予備検査日じゃあ出ないわけにはいきませぬ。
1人がいいねと言っています
人気記事