メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190527
映画の未来さんの投稿

「燃えよドラゴン」(1976年12月22日公開)

映画の未来さん
2018.9.26 22:59
「燃えよドラゴン」(1976年12月22日公開)
未だにブルース・リーの最高傑作と言えば、この作品を挙げる人が多い。それほど当作品が世間に与えた影響は半端なかったですよ。個人的には「ドラゴンへの道」を押したいのですが、ストーリーとスケール感を考えるとやはり代表作になりますね。特にクライマックス鏡の部屋での格闘は印象的でした。
ねこっちおー涼音てる 4人がいいねと言っています
コメント
映画の未来さん
映画の未来 さんのコメント
2018.9.27 14:36
涼音 さん
ジャッキーチェンはブルース・リーが去った後、カンフー映画界をけん引する大スターになりましたよね。また『最初の空港でのシーンは笑ってしまいました。』・・ドラゴンへの道では、この感じのキャラが続きましたね(笑)
2人がいいねと言っています
映画の未来さん
映画の未来 さんのコメント
2018.9.27 14:33
おー さん
ブルース・リーの完全アイテムヌンチャクは、あの映画を観た人なら憧れグッズみたいなものでしたね~
2人がいいねと言っています
映画の未来さん
映画の未来 さんのコメント
2018.9.27 14:28
ねこっち さん
『ローマのコロシアムで戦ったのは道の方でしたよね(;'∀')』・・はい、への道の方です。猫も常に出てましたね~。格闘シーンのクオリティではやはりその場面が一番かと。
1人がいいねと言っています
映画の未来さん
映画の未来 さんのコメント
2018.9.27 14:25
サムライウーマン さん
ヌンチャクのおもちゃ、懐かしいですね~。昭和の頃を思い出します。
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2018.9.27 9:07
映画の未来さん、おはようございます

本当に映画がお好きなんですね。
私は中学の頃からジャッキーチェンの大ファン
その彼の影響でカンフー映画を知り、ブルースリーの映画も
みましたよ。

燃えよドラゴン‼
確かにラストの鏡の部屋での激闘は印象的でした。
ドラゴンへの道⁉
私も好きです。コミカルなブルースリーも新鮮に思いました。
ローマが舞台でしたよね。
最初の空港でのシーンは笑ってしまいました。
1人がいいねと言っています
おーさん
おー さんのコメント
2018.9.27 7:19
確かに、ブルース・リーの作品では一番好きです。ヌンチャクは、自分を殴るには最適の玩具でしたね。w
1人がいいねと言っています
ねこっちさん
ねこっち さんのコメント
2018.9.27 5:51
 二十歳少し過ぎた頃・・・新宿の映画館に通いました♪
「ドラゴンへの道」に出て居た奇麗な女優さんは元気かな~。ノラ・ミャオさん・・・ローマのコロシアムで戦ったのは道の方でしたよね(;'∀')
猫が沢山居たのが印象に。
鏡の方は燃えよの方でしたよね・・・記憶が(;^_^A
懐かしいです!(^^)!
相手を倒した後の表情が何とも言えません。
1人がいいねと言っています
人気記事