メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190527
映画の未来さんの投稿

「ローマの休日」(1954年4月27日公開)

映画の未来さん
2018.10.30 7:08
「ローマの休日」(1954年4月27日公開)
「あなたの一番好きな映画は?」というある調査で、40代以上ランキング第一位になっていたのがこの作品。昔のラブロマンス系映画の良い所は、あの「真実の口」でのワンシーンの様に、とにかく心にグッとくる純粋さですね。多分現代の人からすれば「え、そんな事で嬉しい訳~?」となるかもですが、振り返ってみれば学生の頃、帰り道で好きだった人に「ごめん!ちょっと急いでるから、自転車の後ろに乗せてよ」「べ、別にいいけど・・」と、一緒に帰れただけで特別な思い出になったりしたものです・・。ちなみに日本公開は1954年4月27日と記録されてますが、実はそれより先に長崎で先行上映されたそうです。
nobuo彦左ほなっ日記愛うららtopkatラベンダー涼音ヨシよしいのうえ 10人がいいねと言っています
コメント
映画の未来さん
映画の未来 さんのコメント
2018.10.30 10:50
ピエノ さん
『この映画、何回見たかわかりません。』・・コメントを拝見して、ピエノさんの作品に対する思いが伝わってきます。また仰る様にこの作品は観れば見る程、色んな見所に気付いていく感じなんです。六十年代に生まれた自分にとって、その少し前の街並みや時代背景・・興味深いポイントが沢山ありました。ちなみに自分はローマに行った事はないんですが、もし行く事があったら・・やはり「真実の口」を見てみたいかもです。
0人がいいねと言っています
映画の未来さん
映画の未来 さんのコメント
2018.10.30 10:41
ほなっ日記 さん
『俺は「モノクロ」が大好きです』・・分かります!確かに現代映画でもあえてモノクロ加工に仕上げる作品もありますが、この頃はホントのモノクロ・・別れなど切ない場面が、モノクロだと余計印象に残る気がします。
1人がいいねと言っています
映画の未来さん
映画の未来 さんのコメント
2018.10.30 10:38
さとの秋 さん
『録画したテープはまだ残っていますね。』・・昔はよく自分も好きな番組をビデオテープに残してました。またこの作品もきっとさとの秋さん同様、残しておられる方も多いと思います!
0人がいいねと言っています
ほなっ日記さん
ほなっ日記 さんのコメント
2018.10.30 9:00
何度も観ています
この写真の場面が この映画の好きなところ
いいですねぇ
カラーのリメークもありますが
俺は「モノクロ」が大好きです
最後の別れが なんとも切ないでんなぁ

  うんうんっ
1人がいいねと言っています
人気記事