メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
しょうくさんの投稿

冬は甘くなる?。

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2018.11.6 7:27
11月06日(火)
 今朝窓際温度計は、18℃、湿度68%、くもり、やはり放射冷却がなく、気のよりも1℃暖かい、楽な朝です。
 昨日は曇りの予報でしたが、しばらく歩いたら、小雨、仕方なく一旦引き返しました、心掛け悪く折りたたみ傘も持たずに出かけたので、それでもそれほどの降りではなく、急ぎ足で家に戻ったら、今度は雲が切れて青空がのぞいた。出直して一寸だけの散歩。

 気温のためでしょうかそれとも、間違えて開いたのか、夕顔が10時近いのに開いていました、やはり彼らも気温やら雨やらを感知して、効率的に花開くのでしょうか。
 さて、これから気温が下がってくると、野菜の類が奄美を増してきますよね、一寸本で調べてみたら、やはり寒さが増して、葉っぱや茎の中の水分が凍ってしまったら、枯れてしまうわけで、凍結するのを避けようと、植物は糖分などを増やして、凍結温度を下げる、そんな自衛をしてるようですね、そいつを私たちは冬野菜は甘みも増して美味しいと頂いてしまってるわけですね。

これから、こいつがアチコチで見られるようになりましたね。ヒメツルソバ。ロックガーデン用として明治時代に導入された多年草だそうです。 花は金平糖のような形をしている。開花直後はピンク色をしているが、徐々に色が抜けて白へと変化する。 花期は5月頃から秋にかけて、横浜では11月くらいからきれいになります。真夏には花が途絶え、冬に霜が下りると、地上部が枯れるが、地面が凍結しない限り翌年には新芽が成長する。花は小花が球形にまとまっており、内部には種子が成熟する。葉にはV字形の斑紋があり、秋には紅葉する。結構丈夫で、繁殖力も結構あると思います。

少し羽がボロボロになっているような蝶が、何とか花開いたタンポポに止まったりしてよろよろしてるのを見つけました、彼らもこれから気温が下がってくると姿を消すでしょうね。
 さて、今日は歩き仲間と、鎌倉の西の方、ちょっとした里山保存地区へぶらり歩きに行ってこようかと思っています、里山と言えども何分にもよる年波、転ばぬ先の杖など持って、まだ少し早い紅葉などを探しがてら行ってきます。

 シコンノボタン、(紫紺野牡丹)、最後の花を咲かせていました。さて、鎌倉の西の方の里山保存地区、どんなものに出会えるか楽しみです、タダ先日来の台風に痛めつけられていると思います、それに残念ながら曇り空ですから、富士山もお目にかかれないでしょう、気を付けてぶらり歩きを楽しんできます。
enjoyほなっ日記ねこ丸さとの秋nobuo信々亭サムライウーマンコキリコふぐのひれ酒ぽーちゃん 17人がいいねと言っています
コメント
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2018.11.6 11:51
こんにちは

そのような理由で ハウスの中で 育てていたほうれん草を わざと ハウスを開け放しにして寒気を取り入れ ホウレンソウを甘くする 栽培法があります 
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2018.11.6 19:24
たぬきさん
 こんばんは、生産者もちゃんとやってるんですね。
 さすがです・・・・。
0人がいいねと言っています
ぽーちゃんさん
ぽーちゃん さんのコメント
2018.11.6 9:50
そうか、そのような理由で、冬野菜は糖度を増やすのですね…ぽーちゃんも寒さに向かい立つため糖度をカラダに増やし…あれぇ?
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2018.11.6 7:36
夜半からの雨が、先ほどまで強く地面お叩いてました。コレから二時間ほどは、そちらさまでも強く降りそうな気がします。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2018.11.6 19:22
昼過ぎて降られました。
何とか山の中からは抜け出した後で、助かりました。
0人がいいねと言っています
人気記事