メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
涼音さんの投稿

人形供養の帰りに…妙顕寺へ

涼音さん
涼音 さんのブログ[カテゴリ:素人の写真コーナー
2018.11.9 18:51
こんにちはっ!

先月の14日、けーこと一緒に人形供養に初めて行ったことは
以前のブログにもアップしました。
その人形供養を見に行った帰り、宝鏡寺の近くにある「妙顕寺」へ
行ってきました。
ブログにアップするのが遅くなってしまいました。
ふたりでブラブラ♪と歩いていて見つけた寺院んです。
境内は広かったし、私は写真を撮るのにいつものように夢中に
なりましたが、寺院に興味がないけーこはヒマそうでしたよ。

ごめんね‼退屈なことに付き合わせて…。



ブラブラと歩いていると見つけました。
難しい名前が書いてありました…何々⁉
「小川と百々橋の礎石」

百々橋(どどばし)って読むんですねぇ。
この百々橋から一条戻り橋まで一帯が応仁、文明の乱(1467~1477)では
主戦場になったそうです。



礎石でしょうか⁉

よくわからず、そのまま通りすぎて妙顕寺へ向かいました。



妙顕寺(みょうけんじ)は京都初の日蓮宗道場になり、創建以来、数々の
弾圧を受けて寺地も各所を転々とした。



大門です。

山号は貝足山(ぐそくざん)という。
正式には四海唱導(しかいしょうどう)妙顕寺というそうです。



日蓮宗四大本山のひとつ。
日蓮の孫弟子、日像により開山された「京都の三具足山」のひとつ。



境内は広いですよ。
2万坪(66115.7㎡)建坪6000坪(19834.7㎡)あるそうです。



「四海唱導之霊蹟」の碑です。
後光厳天皇により2世、大覚のときに贈られた称号。



1294年、日蓮宗の僧、日像は入洛した。師、日蓮の遺命により日蓮宗最初の
布教を行った。
1321年、第96代、後醍醐天皇により布教の許しを得る。これが妙顕寺の起源
とも言う。



梵鐘です。

江戸時代、1713年の鋳造されたそうです。
京都府指定有形文化財です。



妙見大菩薩。

安土桃山時代、羽柴秀吉は妙顕寺の境内に「妙顕寺城」と築城し、
寺は小川寺ノ内に移転させたそうです。
跡地には二条新邸を築造した。



この観音さま、優しいお顔をされています。
私はしばらく見とれていました。



妙顕寺型燈籠というそうです。

おもしろい形をしていますよねぇ~。
江戸時代、1661年作です。



本堂です。

本尊は釈迦多宝仏です。



本堂は江戸時代、1630年に上棟、1639年頃に完成したそうです。



全然、読めませんでしたよ。
かなりズームしたのですが…。私のカンではお経じゃないかと⁉





やっぱり…少し曲がってしまいましたぁ。



三菩薩堂です。

三菩薩堂には日蓮、日朗、日像が祀られています。
堂内には等身大像が安置されているそうですよ。

1411年に室町幕府3代将軍、足利義満の祈願寺になる。
比叡山延暦寺衆徒との抗争により破却された。
宗派が違うと争いも起こったんですねぇ。



「勅賜三菩薩」の扁額です。





きれいな花を横目に見ながら…



この先に何があるのだろう?
不思議に思って歩いて行った私です。
橋には「頭上注意‼」とかかれていましたが、こういうときって
背が低いのはおトクですよね。そのまま通れますから。





慶中大菩薩。

かつては京都御所に祀られていた。御所鎮護の守護神で願い事は
必ず叶うと言われていたそうですよ。
宮中の女官たちに崇拝されていた。







御真骨堂…

写真に撮るのにかなり苦労しました。
あっちからこっちから…と。ナナメから撮るのが一番いいアングルだと
思い、こういう撮り方になりました。





尊神堂。

安産や子どもの守護神の鬼子母神が祀られています。



鬼子母神は最悪を除き、福をもたらすといわれているそうです。
鬼子母は悪いことをしていたが、お釈迦さまの教えで善に返ったんでしたね。



日像が由井ヶ浜で感得したという独特の「浜ゆり題目」の宝塔。

妙顕寺には庭園があったそうですが、お腹も減ってきたこともあり、
けーこも待っていたので庭園までは覗くことはできませんでした。
サムライウーマン六八63manSf-star ☆☆☆ゆゆこ海食崖うらら信々亭つねさんコキリコ 19人がいいねと言っています
コメント
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2018.11.10 6:33
忘れっぽい人が悪癖退散でお参りする落語に出て来るのが、能勢の「妙見」さん。洛陽十二支妙見めぐりなんぞもあるから、そこかいなと思いました。
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんの返信コメント
2018.11.12 7:26
ぎ~やん、おはようございます
いつもコメントをありがとうございます

妙見さんは忘れっぽい人がお参りするなら私も
参るべきかも。最近、やたら忘れっぽくなってきているんですよね。

洛陽十二支妙見めぐり…私もやってみようかな。
どこがあるかと調べるのがインターネットですからね。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2018.11.10 5:31
鈴音さん
 京都では数少ない日蓮宗のお寺。
 鎌倉でたくさん日蓮宗のお寺に参るので、京都へ行ったときはつい省略してしまっています。
 いろいろ見せていただき、ありがとう。さすが日蓮宗のお寺、南無妙法蓮華経。何よりもお経が大事と教えですね。
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんの返信コメント
2018.11.12 7:21
しょうくさん、おはようございます
いつもコメントをありがとうございます

京都では確かに日蓮宗の寺院は少ないみたいです。
でも最近は日蓮宗の寺院にぶつかることが多いです。
お経が大事だと教えていらっしゃるんですねぇ。
お経をかいた碑とかがあるのはそういうことなんですね。
0人がいいねと言っています
天狗の親父さん
天狗の親父 さんのコメント
2018.11.9 22:09
お寺の前の町内の名前が「百々町」(どどちょう)と言うんですよね。
私はこの近くで青少年、新婚、そして50歳近くまで住んでおりました。
堀川から「百々町」を歩いて妙顕寺の手前に「寺の内幼稚園」があります。
そこに今は亡くなりましたが、次男が通園していたのが
懐かしいです。
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんの返信コメント
2018.11.12 7:18
天狗の親父さん、おはようございます
いつもコメントをありがとうございます

そうだったんですか。
この辺りにお住まいになっていたんですね。
でも本当に百々町(どどちょう)とかおもしろい町名が
ありますよね。

幼稚園、あったような気がします。
0人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2018.11.9 20:54
今晩は。

今夜のブログで一番驚いたのは百々橋の読み。
これを「どどばし」とは読めませんね。

四海唱導之霊蹟の碑も面白い形をしてます。
観音様のようにも見えますね。

妙顕寺型燈籠というのも面白い形をしてます。
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんの返信コメント
2018.11.12 7:14
コキリコさん、おはようございます
いつもコメントをありがとうございます

そうでしょう‼
私も同じように思いました。
ふつー読めませんよ、「どどばし」って。

妙顕寺燈籠も本当におもしろい。
この日はおもしろいものを見つけることが多かった
一日です。
1人がいいねと言っています
人気記事