メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
ごろちゃんさんの投稿

東アジアに流れる考え方の違い

ごろちゃんさん
ごろちゃん さんのブログ[カテゴリ:社会の話題
2018.11.30 5:21
中国・台湾・韓国って基本的には暗記教育です。日本は捨てました。遣唐使の廃止をしたときに、科挙制の弊害を感じて、国のために使えないと判断したんでしょうね。

韓国の受験戦争は相当なものです。膨大な知識を暗記したからと言って頭がいいといいことにはなりません。求められているのは頭の中でのシステム構築なんですがね。社会の動きが激しくなるほど知識は賞味期限が短くなって、腐っていくものです。社会が変革するたびに、システムを構築しなおしていくんです。日本人は幸いにしてこの能力はずば抜けて高い。明治維新から始まって戦後の復興から現在までトップを走ってこられたのです。暗記だけに執着するんで、創造性が欠如してしまい、パクリ文化が出来上がってしまうんです。

暗記中心だと、評価であるテストはやりやすいですよ。勉強の仕方も簡単です。つまり教育を施す方も受ける方も手抜きなんです。それを維持するためにあるのが上下関係なんで、それも固定化したものいが有効になるんです。そこに都合のいいのが儒教なんです。日本人は気が付いていない人が多いですが、基本的に太平洋戦争で負けたことで韓国・中国・台湾は日本を下に固定したんですよ。

中華思想なんてこれが根本ですよ。世界の中心で花が咲き乱れる所ですから。中国の古典(例えば魏志倭人伝)には如何に周辺国は貧しいとか野蛮とかの羅列ですからね。その論理で考えてみれば、中国が同じ国民なのに(こういう意識はない)迫害したり、韓国がしつこく日本に要求してくることがわかるでしょう。日本は彼らからみたら、ずっと下にいなければならない存在なんです。

しかし、現実を知ると違う方向に進んだ日本とのギャップを感じ、人との交流をしていくことで気が付くのですが、祖国の考えは変わっていません。儒教をずっともっている韓国、共産革命で捨てたが、覇権争いの結果安定性を求めて復活させた中国、日米に向かなくてはならなかった台湾、この図式で考えれば理解できると思います。

だから、東アジアのことを思うなら、日本は法律に則ってはっきり言うことなんです。これが世界ルールだとね。
おー彦左ぽーちゃんほなっ日記サムライウーマン 5人がいいねと言っています
コメント
ほなっ日記さん
ほなっ日記 さんのコメント
2018.11.30 11:25
そないでんなぁ
あいまいは美徳やないなぁ
言うべきは ごまかさず キッチリと

  うんうんっ
1人がいいねと言っています
ごろちゃんさん
ごろちゃん さんの返信コメント
2018.11.30 12:41
ハッキリ言っても何も反応しないみたいだから、資産差し押さえ始まったら、即制裁してもいいと思いますよ。日米貿易摩擦のとき日本は制裁されましたよね。あのとき文句出ましたか?制裁は外交での普通の手段です。非人道的なんじゃないです。
あいまいの美徳は世界から見れば、ローカルルールですよ。ローカルルールで世界に出てはなりません。
1人がいいねと言っています
おーさん
おー さんのコメント
2018.11.30 7:10
和を持って尊しとなす。って考えで中庸の選択を残したりするから、相手がつけあがる。
相手は中庸どころか、上下関係で優位に立つことしか考えてないからね。
2人がいいねと言っています
ごろちゃんさん
ごろちゃん さんの返信コメント
2018.11.30 9:40
あくまでも上下なんで下にしたら何しても許されるってなるんですね。これは西洋諸国にも言えることで、未だに敵国条項を外さない国連までもね。世界の大多数が上下関係なんです。
1人がいいねと言っています
人気記事