メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
ごろちゃんさんの投稿

これでいいのか?でも方策はない福祉

ごろちゃんさん
ごろちゃん さんのブログ[カテゴリ:裏福祉
2018.12.7 3:29
仕事って大変だけど、頑張れるにはそれなりの事があるからです。忙しくて忙しくて食事もとることができなくても頑張ってしまうには理由があります。

自分がいないと仕事が回らないと感じれば頑張ってしまいますよね。福祉の現場ではどうかと言うと一般的には昔ほどではないですね。若い人ほどマニュアル化してますからね。寄り添うっていうのが見られない人さえいます。これから契約社会から労働者が入ってきます。若い日本人以上に決められた仕事しかしない人が現場に立ちます。日本だけが特殊なので、外国では当然な考えなのです。彼らに+αを期待するのが間違っているのです。一緒に働くって思っているのは間違いなんですけど。

給与が安くいて結婚できないというのが叫ばれたのは数年前、今はどうなっているかと言うと、全然変わっていません。この選択は国民が選んだ結果です。そして福祉関係者が選んだ結果です。介護保険ができたときにサービスに対して同じ報酬というのにサインしたんですからね。それで収入は安定しました。サービスの質も確保できました。しかし、それが足かせになってしまいました。核施設が独自の料金体系を作れないんです。平たく言えば全国どこでも同じよってことです。法律を動かさなければ給与は上がらなし、手続きが煩瑣になってしまった。

医療が薄利多売のスパイラルに入ってしまい、そこから過剰診療って問題が生じましたね。前に人間ドッグにいって設備もないのに、対応もできてなく個人情報駄々洩れの病院と私は喧嘩しましたよ。福祉も同じように陥ってしまってます。医療と同じ報酬システムにしてしまったからです。

薄利多売のスパイラルに入ると、抜け出すのができなくなります。イオンが抱えている問題がそこなんです。牛丼屋さんが抱えている問題もそこです。イオンと福祉を一緒にするなと思うかも知れませんが、経営学的には同じシステムですからね。いい仕事をした従業員は給与が高いのは当然なんです。しかしイオンでは給与を上げることができるけど福祉ではできないです。いい仕事をしている福祉関係者を知ると可哀そうに思えてなりません。経営者だったら即首にしたくなる人もいるけどね。

利用者にとっては安心を得たけれど、いいことだけではないんですね。
しょうくおーサムライウーマンmococo楽 園映画の未来白髪鬼 7人がいいねと言っています
コメント
おーさん
おー さんのコメント
2018.12.7 5:36
福祉を運営する経営者たちも、横並びをよしとする人たちが多いですからね。
サービスで差をつけてやろうなんて考えは、サ高住でないとでてこないと思います。
0人がいいねと言っています
ごろちゃんさん
ごろちゃん さんの返信コメント
2018.12.7 5:47
サービスの質で勝負の職業じゃなくなってしまった。同じサービスでも多少金額が違うんですが、私から見れば横並びなんですよ。現場ではだから手抜きが起きるし、人手不足が働いてフリーライダー(只乗り)が生まれてきて、真面目な人におんぶにだっこ職員ができちゃうのね。不公平感が生まれると職場でのいさかいが生じる。
1人がいいねと言っています
人気記事