メニュー
ゲストさん
mikeさんの投稿

沖縄世界遺産城跡めぐりとスケッチの旅(4)佐喜眞美術館、中城城跡、座喜味城跡

mikeさん
mike さんのブログ[カテゴリ:ゴルフとスケッチの二刀流
2019.1.18 21:08
沖縄三日目は生憎の雨模様。
城跡めぐりは難しいかもしれない。

先ずは佐喜眞美術館で丸木夫妻の”沖縄戦の図”を佐喜眞館長の説明を受けながら
韓国の団体客に混ざって拝見した。悲惨な絵だが、内容は複雑で今一つ理解が及
ばない。だが、この画に描き込まれているような惨状は二度と起こしてはならない。

そんな思いを抱きながら、普天間基地に隣接した美術館と聞いていたので、
屋上に上がってみた。
金網で基地と接している。目の前に基地と市街地が広がる。
基地移転は当然の願いだろうが、移転先が今も問題となってはいる。
沖縄の戦後はまだ続いている。





小雨の中、中城城跡に向う。

入場料を払うとカートで頂上付近まで運んでくれた。
城壁の美しい城だ。小雨の中、木立で雨宿りしながら、3枚ほど一気に描き上げた。







石組みが美しかったので、後でネットで調べたところ、中城城跡には三種類の石積みで
作られている。
特に頂上付近の野面積みの石は、投石用の武器にするそうだ。




明日は昼頃の飛行機で沖縄を発つので、読谷村のホテル近くの座喜味城跡は
今日中に回らなければならない。
雨が降って寒いが、思い切って出かけることにした。

ここにも韓国からの団体客が大勢押しかけていた。
後でわかったことだが、2018年の国別外国人入国者は、韓国733万人で最多で、
中国が595万人、台湾が441万人とか。韓国の若者は日本が嫌いでないようだ。

手入れの行き届いた城壁と芝生のコントラストが美しい。






四日目、レンタカーを空港近くで返却して、那覇空港へマイクロバスで送ってもらう。

ジンベイザメを胴体に描いたJALが駐機していた。

運動不足アカシアトム草刈り真っ青 4人がいいねと言っています
コメント
mikeさん
mike さんのコメント
2019.2.12 20:33
トムさん

 沢山の”いいね”有難う御座います。
0人がいいねと言っています
人気記事

Slownetの公式SNSアカウントをチェック!

ボタンをタップしてフォローしてね!