メニュー
ゲストさん
京都リカレントステイ
神戸のじじいさんの投稿

パソコン歴

神戸のじじいさん
神戸のじじい さんのブログ[カテゴリ:デジタル機器
2019.1.29 18:06
 前回書いた日韓の問題で要らぬエネルギーを使ったと自ら招いたことながら反省しているところです。とは言っても自分なりの気持ちは伝えられただろうと納得もしております

 今回はガラッと変わって好きなデジタルの話です。少々マニアックなので、興味のない方はスルーしてくださいね

 好きが昂じてパソコンは5代目の iMacで楽しんでいます。
今から40年あまり前になりますが、最初は MS-DOS からスタートし、やがて Windows Meや 95 とかを楽しんでいました。 MS-DOS(初代パソコンはNEC-9801VXでハードディスクはなんと20MB) からWindowsスタイルに移った時の僕にとっての衝撃はすごいものでテキストオンリーからグラフィックス操作の斬新さにはびっくりしたものです。それまでのキーボード操作からマウスを使ってのクリックタッチにはその展開のスピードにあっけにとられました。

 MS-DOS時代は「一太郎」と言うワープロソフトを起動させるのは起動ファイルを自身で書き込んで作って、そのファイル名をコマンドで打ち込んで起動するのを待っていましたね
それでも英字は記号や文字、スペースなどを一字間違って入力したりしていましたので、なかなか起動しなくて半泣きしながら深夜先生宅へ電話していたことを思い出します

 当時、仕事の後輩でパソコンの先生が「インターネット時代がくる。世界が変わるよ」と言われたことを思い出しています。ちょうど初めて運転免許をとって車の運転を始めた時代と気持ちが重なります
ネットの接続も昔は電話回線で、「トウルトウルトウル〜」と独特の呼び出し音が長く続いてうまくいけば接続できたりできなかったりの繰り返しでしたよ
それでも毎日が楽しくていろんな世界に飛び出して行ったように感じていました
まさかSNSの隆盛やYouTubeの拡がりなど思いもしなかった時代です

 今の若者たちが「スマホがなかったら生活できない」と言うように、僕自身も今パソコンがなかったら、かなり不自由するだろうなあーと思います。便利さに慣れて、昔電話やテレビのなかった時代を生きてきた歴史を忘れています
 ラジオ全盛だった時期はとうに過ぎ去り今やテレビも見ない若者が多くなってきていて、さらにパソコンも必要としない人が増えています。スマホさえあればいいんでしょう。まあミニコンピューターには違いないですけどね

 僕が活用しているネット関係でお金が関係するものを含め12種類以上の処理項目も、もし パソコンなしでやれと言われたらぞっとしてパニックになることでしょう
スマホは5インチサイズでも加齢も手伝って見にくいです。やはり大画面のパソコンでなくては、いろいろと同時に複数の閲覧や操作がやりにくいですよ

 さてこれから年号も変わっていき、どんな進歩が到来するやら
やはりネットワークを駆使した AIですかね・・・・。
白髪鬼おーつねさんtopkatほなっ日記超スローカーブ 6人がいいねと言っています
コメント
きぃたんさん
きぃたん さんのコメント
2019.1.30 11:56
> 今から40年あまり前になりますが、最初は MS-DOS からスタートし、
MS-DOSは1981年ですね
38年前
時の経つのは早い

私はCP/MからUNIXでMS-DOSです。
その前にTOSBACでCOBOLの派生言語の
SCOPEという言語でプログラムを作っていました。
http://museum.ipsj.or.jp/computer/ofos/toshiba/0001.html
70年台初頭ですね
当時は高価なものだったのでOSも
作っていました
初期の頃はコンピュータ自体作って
いましたからね
半導体メーカーにいたので
製品の基板の検査装置を作っていただけですけど
1人がいいねと言っています
神戸のじじいさん
神戸のじじい さんの返信コメント
2019.1.30 13:30
きぃたん さん コメントありがとうございます

 そうですね、正確には38年前なんですね
98XX シリーズも最初はハードディスクがない紙製のフロッピードライブでした
8インチのペラペラなんで扱いに注意していましたね

 コンピューターに お詳しいようなので、懐かしさも半端ではないでしょう
確か働いていた当時、僕の職場ではデータ処理にイギリスの端末を使っていましたので、英語の表記に悪戦苦闘していた記憶が蘇ります。
0人がいいねと言っています
きぃたんさん
きぃたん さんの返信コメント
2019.1.30 14:38
神戸のじじいさん、こんにちは

> 懐かしさも半端ではないでしょう
懐かしいですよね
日立のM-280Hとかも使っていました。
2ヶ月間だけ世界最速だったコンピュータです。
その2ヶ月間の間に使っていました。
http://museum.ipsj.or.jp/computer/main/0054.html

> 英語の表記に悪戦苦闘していた記憶が蘇ります。
当時、アメリカのCompuMartと言うソフトウェア販売の
会社からの輸入ソフトを使っていました。
もちろん全て英語
その会社も今は存在しないようです。

そもそも当時の家庭用コンピュータは日本語を入力できませんでしたからね

40年前の事業用コンピュータはブックという大掛かりなキーボードで
漢字入力していました。

今でも半導体を使う時は海外のものを使う事が多いので
データシートは英語です。

こういうチップを好んで使うので
https://www.nxp.com/docs/en/data-sheet/MPC5554.pdf

英語と言えばUNIXに付いていたくだらないソフトで遊んでましたね
ベビーアダルトというソフトで子供の名と大人の名を答えるものでした。
犬なら子供がパピー、親がドッグ
猫はキトゥン、キャット、キティーは幼児用語だそうです。
馬がコルト、ホース

でも、アメリカ人はかわいい犬は大型犬でもパピー
かわいくないのはドッグと呼んでましたね
1人がいいねと言っています
神戸のじじいさん
神戸のじじい さんの返信コメント
2019.1.30 16:14
きぃたん さん 重ねてのコメントありがとうございます

 なんかメチャクチャ詳しいですね すごいすごい
業務でコンピューターを作られる作業をされている方とは、なかなか面識もありませんので びっくりしています。それらを理解するのに100年かかっても無理かも(笑)
  <茶化したようですみません>

 アップルも元々UNIXが由来と聞いていますが、難しいのでよくわかりません
いずれにしろパソコン操作の使い勝手が良くなるということは使うものにとっては「なぜそうなるのか?」との疑問をすっ飛ばしてしまうことですよね
僕らが今当たり前にやっている検索もカンニングのようなものではないでしょうか

 最近僕は単行本を読んだり、辞書で調べ物をしなくなりました
ありがとうございました。
0人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんのコメント
2019.1.30 8:25
神戸のじじいさん、こんにちは。

私たちの年代ってアナログからデジタルに変わる時代をまざまざと体験したような気がします。

私は英文タイプライターでブラインドタッチと言うのを覚えて、テレックスで一つのキーで上中下の三つを打つやり方を習い、おまけにあの一つ一つ文字を拾ってポチんと打つ和文タイプライターもやりました。
十年後にヨーロッパへ移り住んだ時はワープロを重たい参考書と一緒に運んでまいりましたよ。
マッキントッシュも買おうかなと思ってた頃にWindows95が出たので買って、あの頃はビルトインだとかハイエンドだなんて言ってたのに、ものすごく性能がスピードアップして、今ではウィンドウズ10ですもんね、変われば変わったものです。
このスピードはますます速くなるのでしょうね。

思えば、昔は暢気なものでした。
今ではハッカーとかウィルスだとかナンダカンダといろいろ世知辛くセキュリティが大変!
悪用する人がいなかった頃は、著作権なんて七面倒な事なかった、何でも好きなものをコピーできたし、良いこともあったと・・懐かしい。

こんなに便利なものは無いと思う反面、サイバーテロの恐怖なんかと背中合わせだなんてやりきれない、私自身が錆びついてきたのでちょっと悲観的になったりもします。
1人がいいねと言っています
神戸のじじいさん
神戸のじじい さんの返信コメント
2019.1.30 11:04
topkat さん コメントありがとうございます

 そうですか、当時はタイプライターを使える方は希少価値ではなかったでしょうか
ほどなくしてAppleが先行したMacのコンピューター時代に入ったのですね

 マイクロソフトによる Windowsは 95 によって世界中で爆発的に拡がったようですが、なかにはAppleの後追いでは?と囁かれたものでした
今はパソコン自体が生産台数の縮小で各陣営とも新しいプラットフォームを試行している段階でしょうか

 なんでもそうですが、メジャーになるといろいろな問題が出てくるのは仕方ないことかもしれません。とりあえずウイルスに注意してパソコンに向かっています。
0人がいいねと言っています
一の糸さん
一の糸 さんのコメント
2019.1.29 22:01
今晩は
かなりのパソコン歴ですね。私はゲーム機で平成元年生まれの孫と遊んでいたのが始まりです。

弟が「日本IBM」に就職していましたから。
何となく「IBM」のパソコン買った、電源入れても
何にも出来ない、え!
まさに「コンピューターソフトなければ只の箱」状態でした、当時IBM用のゲームソフトなんてなかった。その程度の知識。
町内の促進事業で「WORD98入門講座」「EXCEL97入門講座」受けたのが平成10年。
それで仕事をしたことはありません。
趣味でやっているだけですから。
最近の進歩にはとんと対応ができません。

まあ、難しいことわからんでも、ここでは楽しめます。
1人がいいねと言っています
神戸のじじいさん
神戸のじじい さんの返信コメント
2019.1.30 9:35
一の糸 さん コメントありがとうございます
返事が日付けをまたいでしまって申し訳ないです

 「日本IBM」と言えば、当時は海外特にAppleと闘っている数少ないメーカーでしたね
僕も郊外に住んでいましたが、近くのスーパーの広場を使って大規模な販売キャンペーンを展開していましたので、興味津々で見に行った記憶があります

 当時は国を挙げてと言っていいくらいコンピューターの普及を目指していましたので、僕は会社で開いた教室に強制的に動員されたことを覚えています

 まあ、あまり理屈めいた操作で意気がるよりも、面白いな〜と思い込んで付き合っていくことがより楽しくなると思いますね。
0人がいいねと言っています
慈恩さん
慈恩 さんのコメント
2019.1.29 20:29
こんばんは。
懐かしいお話、ありがとうございます。

僕の事務系のスタートはOASISのワープロでした。
5インチのFDのでかいやつ。
と同時に趣味でDTPをやっていましたのでPC自体はMacintosh Classic2を使っていましたね。
後にSEになりPowerMacに。

ちょうどその頃Win95がリリースされ、なんじゃこりゃ?MacのUIのまんまコピーじゃんと思ったのを覚えています。

そこからWin10までずっとWinを使っていたのですが、最近Macに里帰りしました!

というか、ダイアルアップの接続懐かしいですね。
その前にカプラの時代もやってましたけど(笑)
1人がいいねと言っています
神戸のじじいさん
神戸のじじい さんの返信コメント
2019.1.29 21:04
慈恩 さん コメントありがとうございます

 そう、パソコンが出現する前はワープロ専用機でしたよね
僕もキャノン製を使った覚えがありますが、フロッピー(懐かしいひびきです)の互換性がなくて困ったことを思い出しました

 また Mac では慈恩さんが先輩のように思います
今だにPowerMacの根強いファンがいると聞いていますが、僕はしばらく使っていたWindowsからお椀型の iMac に変えた一時期がありました

こちらこそ懐かしい楽しいお話ありがとうございました。
0人がいいねと言っています
白髪鬼さん
白髪鬼 さんのコメント
2019.1.29 19:59
お懐かしゅうございます。
小生 文系だったが興味を持ち 
Microsoft BASIC をテープで入れて 、、自分でプログラム キャラプリでカタカナ印刷  
         それでも 会社の会計正月あいだに出来た、、年末会計だった。
         京都三条でハードを買う680メガ(ギガとは違います)、68000円だった。
         8インチフロッピーも懐かしい。
VisiCalc  一ヶ月給料分位高かった。
Lotus   これはマクロが使いやすく 改良して使用していました。
MS-DOS これで コンピュータだ!!と思った
Windows Me
Windows Xp 最高 これがコンピュータ最後のOSだと思った。

Windows 10 自分でのインストーラが動かない 結構激動の時代だったと感ず。
1人がいいねと言っています
神戸のじじいさん
神戸のじじい さんの返信コメント
2019.1.29 21:59
白髪鬼 さん コメントありがとうございます

 いや〜 恐れ入りました 当時からテープを使ってプログラミングですか
僕なんか足元にも到底及びません

 なんかロータス123とか使ったような そうでないような
そう肝心な Windows Xp を忘れていましたよ
あとWindows 2000 も NT系で近いところにありましたね

最近でも Macの parallel desktop をつかって XP を入れてみようかと考えましたが
なにせプロダクトキーが見つからないので断念したところです
とりあえず Windows10 と 8.1、Linuxを入れて遊んでいます

嬉しい話 ありがとうございました。
1人がいいねと言っています
おーさん
おー さんのコメント
2019.1.29 19:44
確かに複数の作業をウィンドウで開いて切り替えて作業するには、パソコンのほうが向いてますね。

AIは使い方次第でしょうけど、意識的に利用する方には便利でも、そうでない人にはありがたい場合と大きなお世話になる場合とありますね。
現在もネットの広告などは類似品を表示しますけど。
たとえ同じユーザーでも探している時には、勝手に情報が入ってありがたい(利益率の高いものを薦めてないかと疑いもありますが)けど、買ってしまった後には不要な情報を送られていることになりますから。
1人がいいねと言っています
神戸のじじいさん
神戸のじじい さんの返信コメント
2019.1.29 21:27
おー さん コメントありがとうございます

 正直なところ僕自身はAIの定義を詳しく知りません
ただ人間に代わって何かをしてくれるだろう、というぐらいかな
なので、おー さんが書かれている AIのコメントが理解できない僕です(冷汗)

たとえば、
<現在もネットの広告などは類似品を表示しますけど。
たとえ同じユーザーでも探している時には、勝手に情報が入ってありがたい>
とかの意味ですね

申し訳ないですが、また機会をみて書ける範囲で教えて頂くと嬉しいです
いつもありがとうございます。
1人がいいねと言っています
人気記事