メニュー
ゲストさん
OHUFJ オートバックスペダルの見張り番Ⅱ差し替え
YAMAPIさんの投稿

時間2

YAMAPIさん
YAMAPI さんのブログ[カテゴリ:日常
2019.2.12 8:55
大人と子供も時間の感じ方が違うと言われていますが?

大人に比べて子供は、1年の間に多くの出来事が起こります。運動会、遠足、多くの学校の行事などがありますが、大人は特別なイベントは数少ないです。
ボーっと過ごしていると時間があっという間に過ぎてしまうと感じるのと同じです。

子供の頃は、生れてからそれまでの人生自体が短いので、その人生における一日の時間の割合が、大人になってからよりも大きいはずです。
 なので、10歳の時の一日の長さは、1/3650日(365日×10年=3600日)ですが、20歳の時の一日の長さは、1/7300日(365日×20年=7300日)で、20歳の時点では、同じ24時間でも、その時点に至るまでの時間を1としてみると、10歳の時点での2分の1になってしまいます。
 ですから、大人になると、時間が早く過ぎてしまうように感じるのではないのでしょうか?

動物でも時間の感じ方は、体のサイズによって変わるそうです。ネズミから象まで、さまざまなサイズの哺乳類で比べた結果「時間は体重の1/4乗に比例する」そうです。心周期(心臓が打つ時間間隔)や呼吸周期のような生理現象の周期もそうだし、懐胎期間や成獣になるまでの時間、寿命などの一生に関わる時間も、ほぼ1/4乗に比例するそうです。どのくらいエネルギーを使うかも体重と関係があるのですが、正比例ではなく、「エネルギー消費量は体重の1/4乗に反比例する」らしいです。つまり、大きい体ほどエネルギーを使わないのです。この関係は人にもあてはまり、子供は大人より体重当たりにすればエネルギーを多く使う。だから子供は同じ時間内にたくさんのことをするのだから、大人よりも長く感じられる、ということです。

子供のころは一日は長くて持て余していましたが、今は時間が足らなくて困ってます。
時間の過ぎ方が早くなったのでしょうか?これは哲学的問題なのかも知れないですね。

恋でもして 休みの日や夜中にボーッとすれば 

一日は長く感じられてリラックス出来るんではないかな?
0人がいいねと言っています
コメント
人気記事