メニュー
ゲストさん
OHUFJ オートバックスペダルの見張り番Ⅱ差し替え
YAMAPIさんの投稿

涙くんのお味は?

YAMAPIさん
YAMAPI さんのブログ[カテゴリ:一般教養
2019.2.12 9:01
(感情によって涙の味が変わる!)

私達人間は「悲しい時」「つらい時」

「悔しい時」「嬉しい時」「感動した時」に

自然にあふれ出る涙

感情の揺れ動きによって涙腺が緩み、涙が流れると、

不思議とすーっと気持ちが落ち着いてくるように

感じませんか?

実はこの涙、自律神経と大きな関係があって。

涙にはいろんな種類があり、

喜怒哀楽で流れる涙を「感情の涙」といいます。

そして、その感情によって、

涙の成分や味、量が異なるのです。

たとえば、悔しいときや怒ったとき。

こんなときは感情が昂ぶり、

落ち着かない気分になっているはずです。

こうした感情のときに流れる涙は、

心身を緊張させる神経「交感神経」が

刺激されることによって分泌されます。



そして、ふりしぼられるように出るため、

量が少なく、ナトリウムを多く含んで

いるために、しょっぱい味がします。

反対に、嬉し涙や悲しい涙。こんな気分を感じる

ときはとてもリラックスした状態だと思います。

こうした涙は、心身をリラックスさせる神経

「副交感神経」が刺激されることによって

分泌されます。

ふいてもふいてもとめどなく流れるため、

涙の量が多く味は水っぽくて薄口です。

また脂肪分が少なく、カリウムが多めです。


世の男性は女性の涙に弱いですが、涙はなめて見て 

嘘か誠か確認した方がいいですよ。笑
0人がいいねと言っています
コメント
人気記事